さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 戦争・平和

2013年05月19日

若い人たちに知ってもらいたい慰安婦問題

 橋下徹大阪市長の従軍慰安婦に関する暴言、つまり「あれだけ銃弾が雨・嵐のように飛び交う中で、命をかけて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶっている集団をどこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度というものが必要なのは誰だって分かる」、あるいは普天間飛行場の視察の際に、司令官に「合法的に性的なエネルギーを解消できる場所が日本にはある。真正面から風俗業を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをコントロールできない」という発言だ。このニュースを聞いたとき「もうこの人は終わっている」という感じで、呆れ果ててブログに書く気もしなかった。

 「慰安婦」などというのはまやかしの表現であり、彼女らは性奴隷にほかならない。戦争を想定していながら「戦争」とは言わすに「有事」などという曖昧な表現で誤魔化してしまうのと似ている。被害者となった女性たちは騙されたり強制連行によって集められ、一日に何十人という兵士の性の相手をさせられたのだ。いたいけな少女も多く、考えるだけでもおぞましい犯罪行為だ。もちろんこうした事実は多くの証言によって裏付けられている。

 米軍の司令官に対する発言にしても、よくこんなことを恥ずかしげもなく言えるものだ。司令官だってこんな非常識かつ破廉恥なことを言われ、さぞかしびっくり仰天しただろう。これらの発言は女性に対する蔑視、人権侵害であることは言うまでもないが、男性をも侮辱する発言だ。

 橋下氏の発言は、戦争をも肯定し、性奴隷という犯罪を容認するあまりに無知蒙昧で人格を疑う暴言である。こんな人物が市長であり、政党の共同代表であり、弁護士であるというのだから、これほど恥ずかしいこともない。大多数の人から批判されるのは当然のことだ。

 ところが、ご本人は批判されると「慰安所を認めたわけではない」と矛盾した言い訳に終始し、さらに自分の発言を撤回するどころか開き直って「マスコミの誤報」とか「国民の読解力不足」と、マスコミや国民に責任を押し付けてしまった。これでは事態が悪化するだけだが、それも分からないらしい。

 橋下氏は18日に、国会議員に「誤解も含めて、意図しない形で伝わり、国会議員にも迷惑を掛けたことは申し訳ない」と陳謝したという。これだけ批判を浴びても、未だに「誤解も含めて、意図しない形で伝わり」と、自らの暴言を撤回しないようだ。もちろん、彼は辞任をするなどという考えは毛頭ないのだろう。

 今日の新聞では、元従軍慰安婦の二人が沖縄と広島での集会に出席し「自分の娘を(慰安婦として)送ることができるのか」と話したそうだ。橋下氏は元慰安婦に会うとのことだが、彼女らに会う前に発言の撤回と謝罪をしないのなら、面会を果たすことによってなんとか名誉回復を図るつもりだろうだと受け止められても仕方ない。

 安倍首相は憲法を改悪して戦争のできる国にしようと必死になっている。しかし、慰安婦問題は戦争と切っても切り離せない。ここにきて、戦後生まれの親に育てられた若い人たちは果たしてどれほど従軍慰安婦について知っているのだろうかとふと思った。

 今回の橋下発言をきっかけに、とりわけ若い人たちには以下のブログなどで慰安婦問題やその背景について認識してほしいと思わずにいられない。

維新の会橋下共同代表の性暴力発言弾劾! (明日に向けて)
軍隊「慰安婦」問題と福島原発事故は底流でつながっている! (明日に向けて)
【再掲】台湾のおばあさんたちのこと(性奴隷問題被害者の素顔を知ってください!) (明日に向けて)
「慰安婦と兵隊」に寄せて (明日に向けて)

橋下氏の暴言 (inti-solのブログ)
あまりの矛盾(続・橋下氏の暴言) (inti-solのブログ)
いったい何が誤報なのか (inti-solのブログ)

  


Posted by 松田まゆみ at 15:54戦争・平和

2013年05月03日

直面する平和憲法の危機

 今日は憲法記念日。思い返せば、これまで憲法記念日にどれだけ憲法のことを考えてきただろうか? 連休の一日として、あまり深く考えもせず過ごしてきたように思う。

 しかし、今年ほど憲法の危機を感じることはない。もちろん安倍政権が96条を変更し、改憲に向けて大きく舵を切ろうとしているからだ。安倍首相は就任以来、アベノミクスを唱えて支持を広めつつ、消費税増税、公共事業ばら撒き、TPP交渉参加と勢いづいている。そして、夏の参院選に向けていよいよ改憲へとまっしぐらだ。これほど危険なことはない。

 私はもちろん戦争を体験した世代ではなく、高度経済成長の中で育った。しかし子どもの頃にはまだ街角に傷痍軍人の姿があり、戦争の傷跡を垣間見ることができた。小学生のときには東京大空襲のことを書いた本も読み、戦争などという殺し合いは絶対にしてはならないし、あの戦争を経験した日本人は戦争を拒否しつづけるに違いないと思った。子どもにすらやってはいけないと分かることを、大人が分からないはずはないと・・・。はかり知れない大きな犠牲を経て獲得した平和憲法に安心感を覚えていたのかもしれない。

 しかし、現実はそう甘くない。この世の中にはお金や利益のためなら「殺し合い」という残虐な行為にためらいのない政治家が一定程度いるのだ。そして、そのような政治家を支える財界やマスコミ。ところが、それに簡単に迎合してしまう一部の市民がいる。とりわけ頭の中に戦争の残像もない若い世代は、戦争を社会の閉塞感のはけ口のように考えてしまうのかもしれない。しかし、彼ら政治家は決して戦場には行かない。戦場に行かされるのは従順な国民だ。

 ここで考えねばならないのは、なぜ昨年の衆院選で民主党が敗れたのか、政権を握った自民党は何を目指しているのかだ。以下の渡辺治さんの解説が参考になる。

渡辺治さん(一橋大学名誉教授)に聞く【安倍政権誕生の背景と運動の課題】保守主義と新自由主義の結合 政治の対立軸示さないマスコミ(Daily JCJ)

 国民は、民主党が政権をとった選挙で自民党の推し進めてきた新自由主義にノーを突きつけた。しかし、民主党の首相が次々と交代する中で、民主党は変節し国民の期待を裏切った。彼らは圧力に抗えなかったのだ。こうした状況の中、小選挙区制による選挙が自民党の圧勝を招いてしまった。上記の記事では「いわば左からの支持者も右からの支持者も離反したのが、民主党大敗の原因です」としている。

 そして渡辺氏は、マスコミが「新自由主義・改憲の政治」か「反新自由主義・憲法の政治」か、という対抗の構図を示さなかったことが、自民党を勝利に導いたと見ている。

 私は、さらにマスコミの世論調査が自民党政治を後押ししているように思える。マスコミの行っている世論調査は第三者のチェックも入らず、それ自体が公平・公正・中立なものであるのかも分からない。もちろん、マスコミは世論調査の際に「新自由主義・改憲の政治」と「反新自由主義・憲法の政治」のどちらを望むか、という質問もしない。内閣支持率、支持する政党、経済政策の評価、改憲、TPP交渉参加の是非ばかりが独り歩きしている。マスコミが頻繁に実施する世論調査は、「多数の側にいることを好む日本人」にとって、意思決定に大きな影響を与えている。

 憲法記念日の今日、ぜひ原点に立ち戻って憲法の意味を考えてほしいと思う。戦争という殺戮を許していいのか。自分や家族、子や孫が戦争に行くことを望むのか。戦争の名のもとに人を殺してもいいのか。自分は人を殺せるのか・・・。

 自衛隊だけが戦争に行くと思うのは甘い。一度戦争肯定への道を選んだなら、犠牲になるのは国民だ。憲法を守って戦争を拒否するのも、改憲によって戦争のできる国にしてしまうのも、私たち国民ひとりひとりの判断に関わっている。そして私たちの決断は次世代へ大きな責任を負っている。

消費税と同じように憲法を変えていいのか(そりゃおかしいゼ)

  


Posted by 松田まゆみ at 15:34Comments(11)戦争・平和

2009年12月21日

平和とは何か

 12月4日付けの北海道新聞に「出版20社『平和問う書棚を』」という記事が掲載されていました。その記事によると「平和の棚の会」という平和に関する本を連携して紹介している出版社のグループがあるそうです。この会は、差別や貧困などの問題がなく命や衣食住を脅かされない暮らしを「積極的平和」と捉えているとのこと。またこの会に参加している凱風社の新田準さんは「平和とは生き方の問題。ライフスタイルや文化、政治、すべてが含まれると気付いた」といいます。

 真の平和とは、単に戦争がないということだけではありません。貧困や差別のない社会です。さらに生物である人が自然の摂理に従って生き、生物を育む自然環境を大切にする、つまり持続可能な環境を保つことも含まれます。お金や物が過剰にあるということも、貧富の差を生み出し争いの種になるのです。

 先日読んでいた「自然の権利基金」の会報に、「人間の寸法」というタイトルのコラム記事がありました。パリのパン屋さんの地下の仕事場は二間×四間ほどの長方形で、パン作りの一連の作業が流れるように行われるといいます。その空間を、ある著名なパン屋の主が「人間の寸法の場所」と呼んだそうです。作業にちょうどいい間合いの寸法こそ良い物を生み出せるという意味です。その大きさを拡大してしまったら「おしまい」だといいます。拡大路線をとるようになれば、良いものがつくれなくなるということです。

 日本は太平洋戦争後、まさにその拡大路線をとり高度成長を遂げました。そして行き着いたのは、福祉や医療、教育の切り捨て、貧困層の激増、うつ病や自殺の増加、自然の破壊・・・などだったのです。アイヌの人々は自然からの恵みに感謝し、決して余分な採取などはせず、争いごとはチャランケ(とことん話し合うこと)によって解決したといいます。ここに平和に暮らすことの秘訣があるように思います。

 有限の地球で、人類が拡大路線をとったらどうなるでしょうか? 人間の寸法を忘れて欲の塊となり、拡大ばかり目指す社会に、真の平和が訪れることはないでしょう。
  
タグ :平和


Posted by 松田まゆみ at 06:35Comments(3)戦争・平和

2009年12月12日

オバマ演説の真意

 昨日はニュースでオバマ大統領のノーベル平和賞授賞式の演説が大きく取り上げられていましたが、その多くが単にオバマ氏の演説を紹介するかのような内容で、辟易とするようなものばかりでした。その中で、真意をついていると思ったのが、以下の「オスロ共同」の配信による解説記事です。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200912100329.html

 少し長くなりますが、重要な部分を引用します。

 「核廃絶への取り組みも、核の管理体制が整い、究極的に核がなくなれば、米国がテロリストや敵対国から核攻撃を受ける危険性が減るとの考えに基づく。米国の国益を守るため、誰も異議を唱えられない金看板を掲げ、協力を求めている形だ。オバマ氏は単純な「反核・平和主義者」では断じてない。平和賞の威光に惑わされず、その真意に注意する必要がある」

 引用元の記事には「裏を返せば、米国が思い描く世界戦略に他国を巻き込む形ができつつあることを示す」とも書かれていますが、これこそオバマ氏の真意でしょう。オバマ大統領がブッシュ前大統領の単独行動主義を批判して対話路線を掲げたといっても、米国の国益を重視し米国が世界を主導するのだという姿勢はブッシュ政権となにも変わりません。その傲慢な目的のために核廃絶宣言を持ち出したのなら、真の平和主義者とは到底いえません。

 戦争が平和を守る?! 凄惨でしかない人殺しを正当化して、どうして平和が語れるのでしょうか。オバマ氏にとっては、自分の主導する戦争で罪のない多くの市民が犠牲になっていることなどは、所詮他人事なのでしょう。広島・長崎の原爆のことにはいっさい触れず、原子力の平和利用の名の下に原発を支持し、ガンジーやキング牧師を取り上げながらも巧みに戦争を正当化するオバマ氏は、まるで詐欺師のようです。ノーベル平和賞の授賞式を利用して戦争を正当化するというふてぶてしさには嫌悪感すら覚えましたが、その彼の真意こそ、私たちは見抜かなければならないと思います。

 今日の北海道新聞によると、CNNテレビが9日に公表した世論調査では、大統領が現時点で平和賞受賞にふさわしいと考える国民は19パーセントしかないとのこと。アフガンに3万人も増派したオバマ氏に対し、米国民は決して平和主義者という見方をしていないのです。マスコミは演説の中身より、このことこそ大きく伝えなければなりません。

天木直人氏も、こんな記事を書いています。同感です。

オバマ大統領の言い訳など聞きたくない
  


Posted by 松田まゆみ at 15:11Comments(0)戦争・平和

2009年01月18日

命の重みと報道

 今日の北海道新聞朝刊の一面トップに「心肺同時移植が成功」という記事が大きく掲載されていました。脳死と判定された方から提供された心臓と肺の同時移植に成功したという記事です。

 その下にはイスラエルによるハマスへの攻撃に関わる記事が掲載されています。イスラエルは停戦を宣言する認識を示したとのことですが、今回の戦争によって亡くなったパレスチナ人は1201人にものぼるとのこと。

 移植手術によって命が救われることにもちろん異論はありません。しかし手術によって生かされる命があり、それがニュースとして大きく報じられる一方で、戦争という人殺しによって信じられないほど多数の命が簡単に失われているということが、日常のニュースとして当たり前のことであるかのように報じられているのです。

 移植によって人の命の尊さや大切さを伝えているニュースと、人による人の大量殺戮を当然のことであるかのように淡々と報じている記事が隣合わせに並んでいる矛盾…。何の問題意識もないかのように並べて掲載する新聞社の感覚、白々しさ…。この矛盾にどれくらいの人が違和感を覚えたのでしょうか?

 「命の重み」「命の大切さ」という言葉は、残虐な殺傷事件などが起こるたびに聞かせられてきました。しかし、ひとたび戦争となると命の重みは限りなく軽くなってしまうようです。人の命の重みを計る秤とは、人間の身勝手さが基準になっているのでしょうか。

 同種の動物がなわばりや異性などをめぐって闘う場合でも、相手を死に至らせることは滅多にありません。同種同士が大量殺戮をする動物は人間だけなのです。人間こそ、戦争がどんなに凄惨であるかを理解しているはずです。数限りない戦争を繰り返してきながら、いつになっても殺し合いを止めることができない人間こそ、地上でもっとも愚かな動物といえそうです。

 これだけ脳が発達し科学を発達させた人間は、その頭脳をなぜ平和のために生かすことができないのでしょうか。人はなぜこんなにまで憎しみ合うのでしょうか? そしてなぜ、すぐに暴力に及ぶのでしょうか? 頭脳が発達したがゆえに、エゴイズムが顕在化し牙をむき出しにしてきたのかもしれませんが、その暴走を止めるのもまた人の理性や頭脳でしかないはずです。

 人の命の大切さを報じるならば、せめて戦争という名の人殺しを報じるとき、戦争の非を、悲惨さを、道理のなさを、そして暴力を正当化する人々への怒りこめた記事を、攻撃されている市民の立場にたって力強く書けないものでしょうか。そういう記事がまったくないわけではありませんが、真実の多くが雲に覆われているかのようです。

 ジャーナリストの広河隆一氏のサイトによると、今回のガザ地区への攻撃についてのマスコミ報道は、おかしなところがいろいろあるようです。以下、広河さんのサイトです。

ガザ空爆報道のうそ
メディアとガザ報道
  


Posted by 松田まゆみ at 16:06Comments(2)戦争・平和

2008年12月16日

加藤周一氏の最後の言葉

 14日のNHK教育放送のETV特集は「加藤周一1968年を語る」でした。

 「九条の会」のメンバーであり、一貫して戦争に反対してきた国際的知識人である加藤周一氏が、今年の夏に病をおして(恐らく最後の言葉となることを自覚して・・・)語ったメッセージは、40年前の1968年のできごとを掘り起こしながら、戦争へと向かいつつある今の時代に「私たちはどうすべきか」という問いかけでした。

 私は記憶が定かではないのですが、1968年はチェコスロバキア(当時)の民主化運動である「プラハの春」、パリの五月革命、安田講堂の封鎖など、世界中で民主化や戦争への異議を唱える人々の行動が展開された年だったのです。

 ソ連軍がプラハに侵入し圧倒的な軍事力によって市民を抑えつけるなかで、地下放送によって最後まで言葉を発し続けたアナウンサーがいました。加藤氏は、権力とそれに対峙する言葉の問題を考えつづけ、「言葉と戦争」に著したのです。日本では学生運動が活発化し、戦争に加担する大学に学生たちが抗議行動を繰り広げました。世界の各地で民主化が叫ばれ、戦争という地上最大の暴力に対する反発が表面化した40年前。

 加藤氏は、1968年の閉塞感が20世紀から21世紀に積み残されているといいます。彼が番組の最後で語っていたのは、「今なにが起こっているのかという事実確認」の重要さと「だからどうしようか」という問いかけです。1968年のできごとを見据え、人間らしさを世界の中に再生させるために私たちはどうすべきか、という問いかけです。

 先日の北海道新聞に、奥平康弘氏の「評論家・加藤周一氏をしのぶ」という一文が掲載されていました。奥平氏は加藤氏の著作「日本文学史序説」に触れ、加藤氏の以下の指摘に大きな影響を受け、自己批判の鑑にしてきたといいます。

 「日本文化は絶えず外からの影響にさらされながらも一貫して『彼岸な体系の此岸的な再解釈、体系の排他性の緩和』をおこなってきたというのである。現世の利益を後生大事にし、まあまあ主義でその場その場を切り抜けることをよしとし、原理原則を立てるのに意を用いない―そういう『特徴』の指摘である」

 閉塞感が漂い戦争の陰が色濃くなる今、加藤氏はまさにこのような曖昧な態度から脱却し、権力と対峙することを私たちに訴えていたのでしょう。

 私たちは加藤周一という類い稀な知識人を失ってしまいましたが、彼が残した言葉は決して失われることはありません。彼の最後の言葉をかみしめて心に刻み、事実をしっかりと見据えて行動していくことこそ、私たちに求められているのだと思います。

 NHKはこの番組を何度でも再放送し、多くの人に見てもらうべきだと思います。

 加藤周一氏については、以下のサイトも参考にしてください。

加藤周一氏を悼む

加藤周一氏の講演会「今、なぜ戦争か」
  


Posted by 松田まゆみ at 13:47Comments(0)戦争・平和

2007年08月17日

紛争解決への道

 今日もまた「9条やめるんですか?」をとりあげて、今回の話題を締めくくりたいと思います。

 私には、アイヌ民族の「あとぅい」さんという方の一文がとても印象に残りました。彼はこんなことを書いています。

 「人間という生き物、特に男はそうだが、謝るということができない。生きていくうえで一番しんどいことらしい。友達同士でも、近所づきあいでも、国家同士でも、非を認めて素直に謝ることくらい難しいことはない。メンツにこだわり自分を正当化しないと身の保全ができない。そういう悲しい性を人間は持っている。俺たちはそれを克服しなければならない。相手に対して誠心誠意、謝る勇気を持つこと。これこそ最も志が高く平和が広がっていく道だ。まして武器なんて持つ必要はなくなる」

 アイヌの教えでは、非を認めて心から謝ることができる人間は、まさに完成された人間だというのです。私たちも、この教えを心に刻む必要がありそうです。

 さらに、「ウコチャランケ」について紹介しています。「ウコチャランケ」とは、相手の発言中は絶対に発言しないというルールのもとに、公の場で、お互いが納得するまで討論するというものです。何日でも、何年でも続け、一方が反論できなくなったときに、一応の決着がつくという、トラブルの問題解決法です。

 アイヌ民族のこのような教えや伝統は、自然の中で狩猟採取民族が平和的に生きていくために編み出された賢い知恵なのでしょう。アイヌ民族はまさに民主主義を率先して実践していたのです。

 動物の中で、同じ種同士が殺戮し合っているのは、人間くらいではないでしょうか。人間ほど賢く、そして愚かな動物はいないでしょう。人はその賢さを、なぜ平和に生かすことができないのでしょうか?

 「非を認めて謝る」そして「力ではなく話し合いで問題解決する」このふたつを守ることができたなら、戦争など起こりえないでしょう。

 凄惨な殺し合いのあげく、人の心をズタズタにして憎しみを生み出し、私たちの生きる地球を破壊する、もっとも醜い戦争という行為を、私たちは回避する知恵を持っているはずです。
  

Posted by 松田まゆみ at 14:40Comments(0)戦争・平和

2007年08月16日

良心を信じて

 昨日の話題の続きです。

 「9条やめるんですか?」には、北海道にゆかりのある方たちが、それぞれの立場から戦争の酷さや平和憲法の意味を熱く語っています。今はこぞって戦争反対を表明しているそれらの方の文章を読んで非常にドッキリしたのは、多くの方がかつては「お国にために命を犠牲にすること」、そして「お国のために敵を殺すこと」に何の疑問を持たず、そうあるべきだと信じこんでいたという事実です。

 人というのは、ほんとうに権力者や周りの人々の言動に影響され、翻弄されてしまうのですね。沖縄の集団自決にしても、自殺すべきだと信じこまされてしまったのです。それにしても、大半の国民をこんなふうに信じ込ませたものは何だったのでしょうか? 人が人を殺戮するということがどういうことなのか、考えたことはなかったのでしょうか? なぜ、人々はそこまで「自分の頭で考える」という主体性を失い、「良心」を捨ててしまったのでしょうか? そう考えるとき、教育の力がいかに大きいかを思わずにはいられません。

 戦争に負けた途端、いままで信じてきたものが崩れさってしまったのですから、人々の戸惑いと虚脱感はどんなに大きかったことでしょう。遅ればせながらそこではじめて戦争が過ちだったことを実感したはずです。平和憲法はそこから出発しています。「押し付け」だという主張もありますが、戦争を体験した人々が心から望み受け入れたのが平和憲法だったのです。

 以前、「9条の会」の事務局長の小森陽一さんの講演会を聴きにいったことがあります。大きな会場は、立ち見が出るほどの人でした。なんとか座席に座り、講演に聴き入っていたのですが、途中から前の座席の2人の女性がおしゃべりを始めました。その話し声が耳障りで、講演を聴くことに集中できません。いい歳の大人が、なんと非常識なのでしょう。私はしばらく我慢していたものの、とうとう堪忍袋の緒が切れ、紙片に「私語を慎んでください」とメモして差し出しました。その時は「すみません」といって静かになったものの、しばらくしてからまた同じおしゃべりが始まったのです。あきれて物も言えませんでした。

 その講演会は、教職員の労組などが主催したものだったのです。会場に溢れた人たちの中には、いわゆる「動員」で来た人も多かったのでしょう。平和を考えるための講演会に動員され、講演を聴かずにおしゃべりをし、注意されても私語を慎めない人たち・・・。彼女たちには、自分の意志で平和問題を考え行動しようという主体性が感じられず、なかば強制されて義務を果たしているとしか思えないのです。ここに動員された人たちのどれだけが、良心を大切にし、主体性のある行動をとれるのでしょうか? もし日本が再び戦時体制のようになったら、まっさきに国家に従ってしまうのではないでしょうか。そこに、この国の人々の多くに共通する病理のようなものを感じ、背筋の寒くなる思いをしました。

 その病理こそ、「戦争を認めてしまう」という過ちを招くものだと思うのです。そう思う反面で、ひとびとの心のなかに必ずある「良心」こそ信じたいとも思います。  

Posted by 松田まゆみ at 14:06Comments(4)戦争・平和