さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年01月02日

作品ブログのお知らせ

 作品ブログといっても、私の作品ではありません。

 自費出版した父、松田白(きよし)の遺稿集「山の挽歌」をブログで公開することにしました。こちらのブログは、時間のあるときに随時更新していきたいと思います。新聞の連載小説のようになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

松田白遺稿集 「山の挽歌」

 私の父は、若い頃はいわゆる文学青年だったようで詩の同人誌などにも参加していたそうです。若い頃から山登りを趣味とし、山行の随想なども書いていたようですが、残念ながら手元に残っているものはその一部です。文章を書くのが好きでありながら、ほとんどの作品は発表されることがありませんでした。そこで、遺品の中から出てきた作品をまとめたのが「山の挽歌」です。

 ここに収められている随想は、青春時代から晩年まで数限りなく歩いた山行のほんの片鱗でしかありません。しかし、わずか数十年の間にすっかり姿を変えてしまったこの国の自然や人々の日常を、作品の隅々から感じとることができます。

 人は、山や自然に身をおくことで心の安らぎを得、また人との交流の中に生きることの喜びや希望を見出すのではないでしょうか。しかし、そんな心の拠りどころとなる自然はすさみ、人々のつながりはとぎれとぎれになってきています。

 慌しく、またすさんだ時代にありながら、こんな豊かな自然とのどかな時代があったことに思いを寄せ、本当に大切なものは何かを考えるきっかけとしていただければ幸いです。
  


Posted by 松田まゆみ at 11:03Comments(0)その他

2009年01月01日

新しい年に

 あけましておめでとうございます。

 十勝地方は晴天に恵まれ、おだやかなお正月を向かえました。お正月とは思えない暖かさで、ベランダの雪も融けてきました。そういえば、昨年の12月には3回くらい雨が降りましたっけ。雨と雪が交互に降って、雪の下はテカテカ状態。以前は真冬に雨が降るなどということは考えられなかったのですが、地球温暖化の影響なのでしょうね。暖かいお正月は過ごしやすいのですが、ちょっと複雑な心境です。

 今年もマイペースで、いろいろやっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。




 この写真は、娘のつくった「蜘蛛のチーズケーキ」です。
  

Posted by 松田まゆみ at 12:01Comments(5)その他

2008年11月16日

メールをされる方へお願い

 「オーナーへメッセージ」からメールを送られる方にお願いがあります。

 返事が必要な場合は、お名前(フルネーム)と質問事項を直接書くようにしてください。具体的な質問内容や、お名前などがわからないメールには対応いたしかねます。

 よろしくお願いいたします。
  

Posted by 松田まゆみ at 22:57Comments(2)その他

2008年01月21日

コメントについてのお知らせ

 このブログではコメントやトラックバックを受け付けるように設定しています。

 投稿される方が公開・非公開の選択をすることができませんので、コメントを書きこんで投稿するとそのままアップされてしまいます。また、管理人はコメントの削除はできますが、非公開設定はできません。

 コメントを非公開にしたい方は、サイドバーのプロフィールの下にある「オーナーへメッセージ」から直接メールをくださいますよう、お願いいたします。

 ブログオーナー 松田まゆみ  

Posted by 松田まゆみ at 16:22Comments(0)その他

2007年12月31日

詐欺大国からの脱出を

 5月17日からはじめたこのブログも7ヶ月以上たち、アクセス数も3万を越えました。ご訪問くださった方々、そしてコメントを下さった皆様、ありがとうございました。

 もっとも批判的な記事の多いブログですから、批判された側の方たちの訪問も多いのでしょうけれど・・・。

 思えば昨年の今頃は、ブログを書くなどということは考えてもいませんでした。人に勧められても「そんな気はない」と言っていたのです。それが半年もたたないうちに気が変わったのは、身近な人がブログを書いていることを知り「ええっ、ブログやっているの? それなら私にもできるかな・・・」なんて思ったのがきっかけです。

 日ごろ、「不思議だなあ?」とか「おかしいんじゃないの!」と思うことがあっても、聞いてくれる人は限られています。それなら、ネットで発信すればいいのですよね。で、はじめてみると、すっかりはまってしまって・・・自分でも驚いています。

 はじめは自然の不思議さを伝えることをメインにと思っていたのですが、書いていくうちに日ごろ疑問や不満に思っていることが多くなってきました。それも自然の流れなのでしょう。

 2007年を漢字で表すと「偽」だそうですが、「偽り」や「騙し」は今にはじまったことではありません。日本はだれもが実感する詐欺大国になってしまったということでしょう。でも、そんな騙しを許しているのはおとなしい日本人の国民性なのではないでしょうか。

 一人ひとりがおかしいと感じていることを発言し行動することでしか、この詐欺大国を変えることはできないのではないかと感じた一年でした。

 ということで、来年もさまざまな疑問について書いていきたいと思います。ブログのタイトルは「疑問箱」としましたが、ときどきは「疑問」から脱線しながら・・・。

 来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
  


Posted by 松田まゆみ at 09:38Comments(2)その他

2007年05月17日

何で鬼蜘蛛なのかって?

 もともとアナログ人間なので、ちょっと前まではHPとかブログなどとは無縁だと思っていたのですが、日々、いろいろなことに対して疑問がつのる一方となり、ブログを始めてみようという気になりました。そこで、おっかなびっくりブログの開設となりました。

 このブログのタイトルに目を止めた方は、なんで「鬼蜘蛛おばさん」なのか?って思われるでしょうね。よく言いますよね「鬼の○○さん」とか「仏の○○さん」とか・・・ 「鬼蜘蛛おばさん」ならすごく恐いおばさんだと思われるでしょうね・・・ ううん、確かに見方によっては恐いかも・・・ まあ、そのあたりは、ご想像におまかせします。

 鬼蜘蛛の由来は、私の好きな動物が蜘蛛だということなんです。たいていの人は「蜘蛛」と聞いただけで嫌な顔をするのではないかと思いますが、私は蜘蛛が大好きなのです。一般の人から見たら「変人」「おたく」のたぐいかもしれません。でも、蜘蛛という動物は本当に面白いんですよ。あのレースのような芸術的な網も魅力的ですが、生活史などもわからないことだらけなのです。

 ちなみに、北海道にはマユミオニグモという蜘蛛も実在しています。とても大きなオニグモなのに、比較的最近になってから新種として記載されたんです。こんなことも未知のことが多い北海道ならではのことでしょうね。南北に長い日本列島の北の方には、まだ未知の蜘蛛もたくさんいるのです。

 というわけで、ときどき蜘蛛の話題を交えながら、鬼蜘蛛おばさんが日頃感じている疑問や考えなどをメインに綴っていこうと思います。  

Posted by 松田まゆみ at 16:55Comments(0)その他