さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2008年04月10日

ケショウヤナギの不思議な分布

 ケショウヤナギは、朝鮮半島や中国東北部、日本、サハリン、カムチャッカなどに分布するヤナギで、高木になります。日本では北アルプスの上高地と北海道の十勝地方や日高地方に分布していることが知られていましたが、その後、オホーツク海に注いでいる諸滑川にも分布していることが確認されました。昨日の記事「河原を彩るケショウヤナギ」はその諸滑川のケショウヤナギです。

 ケショウヤナギが生育しているのは礫の多い河川敷です。十勝には十勝川や札内川のように礫の多い河川がいくつもありますから、あちこちでケショウヤナギが見られるのです。

 ところが、礫の多いのにケショウヤナギが分布していない河川もあります。諸滑川の東に湧別川という川があります。この川も礫が多い河川なのですが、ケショウヤナギは分布していません。オホーツク海に注ぐ川でケショウヤナギが見られるのは諸滑川とその周辺だけなのです。北海道では十勝と日高に分布し、それと離れて諸滑川に分布していることになります。

 ヤナギ類は雌雄異株ですが、ケショウヤナギはヤナギでは珍しく風媒花です。近くに雄株と雌株の両方がなければ種子はできません。また、ヤナギの種子は風によって運ばれますし、一般に乾燥に弱くて短命です。ただしケショウヤナギの場合は1ヵ月ほどの寿命があるようです。種子が風によって数十キロほど運ばれることはあるでしょうけれど、落ちたところの条件が悪ければ発芽することはできません。つまり、それほど遠くまで分布を広げられないということです。写真は、裸地に一斉に芽生えたケショウヤナギです。

 諸滑川と湧別川は30キロメートルほど離れています。湧別川にケショウヤナギが分布していないということは、風によって諸滑川から種子が運ばれるには遠すぎるということなのではないでしょうか。

 本州でケショウヤナギといえば、上高地です。数年前上高地に行きましたが、河童橋のたもとには立派な老木がありますし、梓川の河原には若いケショウヤナギ林が茂っていました。私は、本州では上高地にしか分布していないとばかり思っていました。ところが、上高地から松本までタクシーに乗ったときに、新島々の近くの梓川にケショウヤナギがあることに気づきました。

 上高地は盆地上になっていて梓川の河川敷には砂利河原が広がっていますから、ケショウヤナギが生育できます。しかし、大正池のあたりは礫がないので分布できません。また、上高地と新島々の間は峡谷になっていて砂利河原がないのでやはりケショウヤナギは生育する場所がないのです。梓川が平野に出て砂利の河原が出てきたところにケショウヤナギが分布しています。ここのケショウヤナギは、種子が上高地から川の流れによって運ばれてきた可能性があります。

 それでは、なぜ東北地方をとびこして北海道と上高地に隔離分布しているのでしょうか。それこそ植物の分布の不可思議なところですが、簡単に近隣の地域に分布を拡大させることができる植物ではなさそうだということから考えるなら、かつてはもっと広く分布していたが、その後なんらかの原因で分布が縮小してしまったと考えるほうが自然です。

 北海道には氷河期にはカラマツと近縁のグイマツが分布していたといわれていますが、その後絶滅してしまいました。ケショウヤナギも、かつては日本に広く分布していたものが、今は上高地周辺と北海道の一部の地域にしか生残っていないのかも知れません。
  


Posted by 松田まゆみ at 17:16Comments(0)樹木

2008年04月09日

河原を彩るケショウヤナギ

 殺風景だった冬の河原も、フキノトウが顔を出し、カラスが巣づくりをはじめ、ヤナギの花がほころびはじめて少しずつ春めいてきました。

 ヤナギの若い枝は若草色、赤、黄色…とカラフルに色づいています。その中でもひときわ目を引くワインレッドの枝先のヤナギは、ケショウヤナギです。ケショウヤナギの紅色は特に濃い色をしているのですね。写真は、先日訪れた諸滑川のケショウヤナギです。この日は曇っていたのであまり色が鮮明ではありませんが、実際にはもっと明るい色です。

 まだ葉が伸びていない今の季節はケショウヤナギの枝先の深い紅色がとてもよく目立つので、簡単にほかのヤナギと区別することができます。葉が茂ってきても、葉が小さく樹形も独特なので、慣れると遠くからでも区別できます。

 ケショウヤナギは砂利河原のあるところに生育しているのですが、洪水などで河川敷が洗われて砂利が露出したところに種子が散布されると一斉に芽を出して群生するのです。若木が密生しているところは遠くから見るとサンゴソウのような色合いでとても綺麗です。

 ケショウヤナギという名前は、若い枝に白粉がついていて化粧しているように見えるところからきているのですが、若い枝に白い粉をふくヤナギはほかにもありますので、それだけで区別してしまうのは危険です。新聞に紹介された新産地の記録が、誤った同定によるものだったことがあります。

 新緑の季節になると明るい緑の葉に覆われてしまうので、綺麗な紅色に彩られているのは冬から春の間です。でも、ヤナギのカラフルな枝の色というのは、何か意味でもあるのでしょうか?

 十勝地方では広く分布しているケショウヤナギですが、砂利のある河原があればどこにでも分布しているとというわけではありません。分布が限定されているので、国のレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

 ケショウヤナギの不思議な分布の話は、またの機会に。  


Posted by 松田まゆみ at 16:10Comments(0)樹木

2008年03月25日

紛らわしい針葉樹の和名

 北海道を代表する針葉樹といえばトドマツ、エゾマツ、アカエゾマツですね。本州でマツといえばアカマツやクロマツ、ゴヨウマツなどのマツ科マツ属の木を指します。ですから、私は北海道にきてトドマツやエゾマツを見たとき、マツ科マツ属の樹木ではないのにどうしてマツという名前がついているのか不思議でなりませんでした。

 トドマツ、エゾマツ、アカエゾマツはマツ科ですが、トドマツはモミ属(Abies)、エゾマツとアカエゾマツはトウヒ属(Picea)です。

 さて、本州では針葉樹の様子がだいぶ異なります。本州に分布しているトウヒ属は、アカエゾマツ、トウヒ(エゾマツの変種)、ヤツガタケトウヒ、ヒメバラモミ、イラモミ(マツハダ)、ハリモミ(バラモミ)の6種です。

 どれもトウヒ属(Picea)なのに、和名はマツだったりモミだったり・・・。なんだか頭がおかしくなりそうですね。どうしてこんな名前がついてしまったのでしょうか?

 本来なら属名に合わせた和名をつけるのがわかりやすくて適切なのですが、どうもこのマツ科の樹木たちは属にとらわれずにいろいろな名前がつけられているようです。

 ついでに本州のモミ属の樹種としてはシラビソ、オオシラビソ(アオモリトドマツ)、モミ、ウラジロモミなどがあります。こちらも和名はいろいろですね。そのほかにツガ属(Tsuga)としてコメツガやツガがあります。本州のほうが針葉樹の種類がずっと多いのです。

 学名には国際的な命名規約がありますので、たとえ不適切な学名がつけられてしまっても勝手に変えることはできないのですが、和名はそのような決まりはありません。モミ属は○○モミ、トウヒ属は○○トウヒというように統一してもらえると分かりやすいのですけれどね。

 ちなみに、樹木の専門家である斎藤新一郎氏はトドマツをトドモミ、エゾマツをエゾトウヒ、アカエゾマツをアカエゾトウヒと称しています。このように覚えると属がすぐに分かってとても都合がよいのです。  


Posted by 松田まゆみ at 15:56Comments(0)樹木

2008年03月22日

不思議なツルマサキ



 写真の光景、ちょっと不思議だと思いませんか? 遠くから見ると落葉広葉樹林の下に、トドマツなどの針葉樹が生えているかのように見えますが、よくよく見ると針葉樹ではありません。

 これはツルマサキというニシキギ科の常緑広葉樹です。つる性の木本で、気根をもっていて他の樹木によじ登ることができるのです。

 本州では普通に見られるようですが、北海道ではそれほど多くありません。北海道のような寒冷な気候条件のところでは、寒さや乾燥から身を守るために落葉広葉樹や針葉樹が主体となります。このために北海道で生育できる常緑広葉樹はごく限られていていますし、雪の下で越冬するような潅木が多いのです。しかし、このツルマサキは葉を大気にさらしながら寒い冬を乗り切っているようです。

 この写真は、空知地方の国道沿いにあるヤチダモ林です。ここにはヤチダモ林とヤナギ林があるのですが、ツルマサキはヤチダモにばかりついています。どうやらツルマサキはヤチダモとは相性がいいようです。

 ヤチダモは開葉が遅く落葉が早い植物ですから、少しでも長く日光に当たりたいツルマサキにとっては好都合なのかもしれません。ツルマサキも絡みつく相手をちゃんと選んでいるのでしょうか?  


Posted by 松田まゆみ at 14:04Comments(0)樹木

2008年03月12日

樹液と野鳥

 春ですね! 陽射しが日増しに暖かくなり、雪がどんどん融けています。

 つい先日、庭のイタヤカエデの枝を剪定しました。すると切り口から樹液がしたたり落ちるのです。アカゲラやヤマゲラ、シジュウカラやコガラなどの小鳥たちが、その樹液を飲みにやってきます。

 メープルシロップというのはサトウカエデ(北アメリカ原産)の樹液を濃縮してつくるのですが、カエデの樹液は甘いのです。夏には苦そうな虫ばかりを食べている野鳥たちも、甘い樹液が好きなのですね。もちろん剪定をしなくても、小鳥たちは幹から滲みでてくる樹液を飲みにきているのですが、剪定をしたら切り口から樹液がしたたってきたのには驚きました。

 樹液といえば、シラカバの樹液はかなり人気があるようです。飲んでみたことはありますが、特別どうという味でもありませんでした。それに、私は木に傷をつけてまで樹液を採取することには抵抗があり賛成できません。でも、春先には幹に小さな穴をあけただけで、かなりの量の樹液が採取できるようです。本当に樹液が幹のなかを移動しているのだと感じますね。

 「幹に聴診器を当てると樹液が流れる音がする」という話を聞き、「まさか~!」と思いつつも知り合いの看護婦さんから古い聴診器を借りてきて試したことがあります。雑音は聞こえましたけど、流れるような音はさっぱり。

 そりゃそうですよね。樹液は幹の中を小川のように流れているわけではありませんから、流れる音など聞こえないはずです。もし、本当に聞いたことがある人がいたなら、教えていただけたらと思います。  


Posted by 松田まゆみ at 15:57Comments(0)樹木

2007年07月27日

ウコンウツギの赤い斑


 先日登った羅臼岳では、ちょうどウコンウツギが満開でした。ウコンウツギは亜高山から高山にかけて生育するスイカズラ科の落葉低木です。

 7月前後に黄色い漏斗状の花を咲かせますが、よく見ると、下側の花弁に橙色や赤の斑点があるものがあります。ウコンウツギの花は、咲き始めの頃は全体が黄色なのですが、次第に花弁の一部が赤く色づいてくるのです。

 これは、花を訪れる虫へのサインと考えられています。受粉し、蜜を出さなくなった花は赤く色づくことで、蜜を吸いにきた虫に、もう蜜を出していないことを知らせているというわけです。これで虫も効率よく蜜にありつくことができますし、花のほうも効率よく受粉してもらえます。

 植物たちは、花の形を工夫するだけではなく、色も利用して虫との関係を築いているのですね。それにしても、受粉すると花弁が赤く色づくというしくみは、どうやって進化しきてきたのでしょうか・・・  

Posted by 松田まゆみ at 20:16Comments(2)樹木

2007年07月13日

ハシドイの花も当たり年


 今年は5月にコブシが見事に咲き、6月はアオダモ、そして7月に入ってからハシドイがたくさんの花をつけています。この花も、年によってたくさん咲く年とそうではない年があり、コンスタントに花を咲かせる木ではありません。

 ハシドイはアオダモと同じ、モクセイ科の落葉樹で、ライラックの親戚です。ライラックはヨーロッパ原産ですが、ハシドイは日本に自生している木です。ライラックは英語の名前で、フランス語ではリラ。北海道では公園や庭によく植えられていますよね。

 今年は、どういうわけか「花の当たり年」の木が多いようです。偶然なのでしょうか? こんなにいっぺんに咲いてしまうと、来年はちょっと寂しくなりそうです。木の花があまり咲かない年は、蜜を求めて訪れる昆虫たちにとっては受難の年になるのでしょうか・・・。
  

Posted by 松田まゆみ at 13:09Comments(2)樹木

2007年06月13日

アオダモが一斉開花


 今年はアオダモの花が一斉に咲いているということは聞いていたのですが、鬼蜘蛛おばさんの住んでいるところでも今アオダモが見事に開花しています。

 サクラなどは毎年コンスタントに開花しますが、アオダモはなぜか毎年開花せず、数年に一度開花するのです。その間隔はだいたい5年に1回。でも開花したときは遠目にも木全体が白っぽくなるほどたくさんの花をつけます。

 一度にたくさん花をつけることによって、何かいいことでもあるのでしょうか?

 アオダモが開花すると、花が目立つのでどのような分布をしているのかよくわかるのですが、山の斜面などに点々と分布しています。アオダモの種子には翼がついているのでヒラヒラと落下するのだと思うのですが、これだと種子は親木からそれほど遠い場所には行けません。綿毛のあるヤナギの種子のように、何キロも飛んでいくことができないのです。

 また、虫が花粉を運ぶ虫媒花です。アオダモは雄の株と雌の株がありますから、虫に見つけてもらうためにも目立つ花をつけるのですね。点々と分布していても、一斉に開花することで、虫たちに花粉を運んでもらえます。

 特にマルハナバチなどは、同じ種類の花に集中して訪れるので、受粉の効率がよいのです。アオダモの場合は5年に一度くらいしか花をつけませんが、一度にたくさんの花を咲かせ効率よく実をつけるために、次の開花まで少しずつエネルギーを蓄えているのでしょうか・・・。

 アオダモといえば野球のバットを作る木として知られており、植樹運動などを行っているところもありますが、やはりこの木は森の中に点々とあるのがいいのではないでしょうか。エゾヤマザクラやキタコブシ、シナノキなども、山肌にぽつりぽつりと咲いているからこそ風情があると思うのです。
  

Posted by 松田まゆみ at 13:50Comments(0)樹木

2007年05月24日

春を告げるキタコブシの謎


 北国で春を告げる樹といえば、キタコブシです。まだ冬枯れのモノトーンの山肌にコブシの白い花が浮き上がるように咲くと、「ああ、今年もコブシの季節がきた」と、なんだかしみじみとした気持ちになります。画家の坂本直行さんがキタコブシの花を好んで描いたのも、この清楚な花に同じような思いを感じていたからなのでしょうか。
 
 そして、キタコブシに混じってエゾヤマザクラのピンクが彩りを添えると、「ああ、春だな」と、安心感のようなものを覚えるのですから、花の存在というのは不思議です。花にしてみれば、単に受粉をしてくれる虫たちを呼び寄せるために美しく進化してきただけなのでしょうけれど・・・。

 今年は、例年よりキタコブシの花が見事に咲いたように思います。コブシは年によってとてもたくさん花をつける年と、あまり花をつけない年があるのです。これはコブシに限ったことではありません。アオダモやミズナラ、ヤマブドウもそうですね。何年か前にアオダモがたくさん花を咲かせたときには、山肌が点々とうす緑に色づいたのに驚いたものです。

 そしていつも不思議に思うのは、植物たちはどうして一斉にたくさん花を咲かせることができるのかということです。広い範囲に点々と生えているのですから、「今年はみんなで一斉にたくさん花を咲かせようね!」なんて相談ができるわけではありません。でも、相談しているのではないか、と思ってしまうほど、それは見事に一斉にたくさんの花が開くのです。

 もうずいぶん前からこんな疑問を感じているのですが、ううん・・・やっぱり謎です。  

Posted by 松田まゆみ at 17:08Comments(2)樹木

2007年05月21日

シラカンバとダケカンバの秘密


 シラカンバ(シラカバ、白樺)とダケカンバ(ダケカバ、岳樺)といえば、北海道ではとてもポピュラーな樹です。名前だけは誰でも知っていると思いますが、簡単な見分け方を知っていますか?

 シラカンバは葉脈(正確には側脈)が6~8対なのに対して、ダケカンバは7~12対。でも、葉っぱを見なくても遠くから簡単に見分けることができます。幹の枝の付け根の部分にヒゲのような黒い模様があり、枝が黒っぽいのがシラカンバ。幹にヒゲ模様がなくて、枝の先の方まで白いのがダケカンバ。写真の左の樹がシラカンバで、右がダケカンバです。鬼蜘蛛おばさんも、ここまでは知っていました。それではなぜシラカンバにはヒゲがあるのでしょうか? 昨日、この謎を教えていただき、思わず「なるほど!」と納得しました。

 樹は毎年少しずつ生長していきますが、幹が太っていくときに枝の基部を包み込むように生長していきます。このとき、枝の樹皮が押し出されるようにして幹の表面に残されるのです。あのヒゲは枝の樹皮だったんですね。これを専門用語で枝隆(しりゅう)といいます。

 とすると・・・枝隆はシラカンバだけにあるわけではないですよね。それで庭の樹をじっくり見てみました。ありました、ありました! ヤチダモにもイタヤカエデにもオオバボダイジュにも。なぜシラカンバの枝隆があんなに目立つのかといえば、幹が白くて枝が黒っぽいからなんです。他の樹は幹と枝が同じ色をしているので、目立たないだけなんですね。ダケカンバは幹も枝も白っぽいしから、ヒゲが見えないわけです。それにしても、なぜシラカンバの枝は黒いんでしょうね?

 シラカンバやダケカンバの樹皮はところどころ薄く剥がれていますね。よく燃えるので「ガンピ」といって炊きつけに利用したりします。あの薄い皮一枚が一年間でつくられた樹皮なんです。シラカンバは短命の樹で、生長も早いのですが、ダケカンバは長寿でじっくり生長します。そしてダケカンバは老樹になると、あの白くてつるりとして綺麗だった樹皮がひび割れて、まったく違う樹のような樹皮になるのです。そうそう、人間のお肌も歳をとると・・・

 ダケカンバはふつうシラカンバより標高の高いところに生育していて(例外もあります)、北海道では針葉樹林帯の上にダケカンバ帯と呼ばれるダケカンバの純林があるのですが、本州の山には明瞭なダケカンバ帯というのがないんですね。これも鬼蜘蛛おばさんが疑問に思っていることのひとつです。知っている方は、是非教えてください。

 ところで、シラカンバの樹皮が好きなクモやダケカンバの樹皮が好きなクモもいるんですよ。このクモさんたちのお話は、また別の機会にしたいと思います。
  

Posted by 松田まゆみ at 16:35Comments(2)樹木