さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 河川・ダム › 思いつきのような河畔林伐採は中止すべき

2012年03月24日

思いつきのような河畔林伐採は中止すべき

 「十勝川の河畔林伐採は意味があるのか? 」で、河川管理者である帯広開発建設部が、市民から希望者を募って河畔林を伐採する問題について書いたが、22日に帯広に出かけた際、現場に寄ってみた。

 まだ雪があるせいか、伐採をした区画はほんの数カ所しかないようだった。伐採したところはこんな感じだ。





 伐採現場には薪に使えそうもない枝の部分が放置されている。これは帯広開建に後始末してもらうつもりなのか?





 下の写真の区画では、根際よりかなり高いところで伐っているのだが、近づいて見てみると鋸ではなく鉈で伐ったようでちょっとびっくり。伐採した方は恐らく薪ストーブの燃料にでもするのだろうが、ヤナギの薪は火持ちが悪くすぐに燃え尽きてしまうだろう。いくらタダとはいえ効率のよい燃料とは思えない。来年も同じような公募があったら、また応募するのだろうか・・・。

 伐根を放置したらすぐに萌芽(ひこばえが伸びること)してまたヤナギ林に戻ってしまうため、帯広開建が抜根をするという。伐根を引き抜くのはけっこう大変な作業だ。その後には帰化植物などが入ってくるだろう。

 この現場を見て感じたのは、抜根などせずにこのまま放置して元のヤナギ林に戻したほうがよいだろうということだ。

 まるで思いつきのような公募伐採であり、これが洪水時の水位低下に効果があるとはとても思えない。

 ここの堤防のすぐ脇は住宅地だ。こんな堤防の脇に住宅を建てる人の気が知れないのだが、こういう場所を宅地として許可してしまうのも問題だ。川が溢れたら浸水するようなところ(氾濫原)を宅地造成し、洪水被害があってはならないとばかりに土木工事を重ねるのが現在の河川管理だが、本末転倒ではなかろうか。できる限り川の近くに住むべきではないし、どうしても住むのなら洪水を覚悟すべきなのだ。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(河川・ダム)の記事画像
居辺川の現状(その2)
居辺川の現状(その1)
業界関係者も公述した十勝川水系河川整備計画公聴会
十勝川の河畔林伐採は意味があるのか?
これが音更川の堤防洗掘現場だ!
音更川の堤防洗掘の原因は何か?
同じカテゴリー(河川・ダム)の記事
 集中豪雨による人的被害は防げる (2018-07-11 23:03)
 札内川「礫河原」再生事業を受け売りで正当化する報道への疑問 (2015-12-21 15:14)
 異常気象で危険が増大している首都圏 (2014-09-17 22:15)
 居辺川の現状(その2) (2013-06-10 21:41)
 居辺川の現状(その1) (2013-06-09 22:27)
 川を荒らす農地の排水事業 (2013-05-29 16:17)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
思いつきのような河畔林伐採は中止すべき
    コメント(0)