さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 被ばく問題を取り上げないマスコミの罪

2012年04月18日

被ばく問題を取り上げないマスコミの罪

 先日、以下のツイッターを見つけた。

http://twitter.com/#!/kaori_sakai/status/191641397147877377
これは上杉さんも言おうか迷いながら仰っていたのですが・・・。実はおしどりマコ@makomelo さんが赤旗から執筆を依頼されたのだそうですが、被爆に関して書くのはNGなのだそうです。あの、赤旗でさえ、です。これはとても不気味な流れです。

 福一が爆発してからインターネットで喉の痛み、鼻血、下痢、紫斑などの症状を訴える人たちが大勢いる。体がだるいとか、脱毛というのもある。それらの症状のすべてが被曝によるものではないだろうが、原発事故以来、このような症状を訴える人たちが増えているのは明らかだ。

 「ぬまゆ」さんの症状も被ばくと関係しているとしか思えない。それにジャーナリストの岩上安身さんも被ばくと思われる症状が出ているという。

 それだけではない。ツイッターでは心筋梗塞などによる突然死の情報も頻繁に流れているし、東北や関東で葬儀場が混んでいて待たされるという話も複数流れていた。これらはチェルノブイリの原発事故のときにも人々を襲った症状と共通しているという。

 ところが、マスコミはこうした被ばくが関係していると思われる症状、話題はまず報じない。報じられているのは、甲状腺の検査をしたところ一部の子供たちに「しこり」や「のう胞」が見られた、というようなニュースくらいだろう。ICRPも放射性ヨウ素と甲状腺癌の因果関係は認めているので、国や自治体なども甲状腺の検査をしないということにならないだろうし、マスコミもそれについて報道しないことにはならない。ただし、甲状腺のしこりにしても「問題ない」という説明しかしない。子どもの甲状腺にしこりがあること自体が異常ではないのか?

 それ以外の被ばくに関する情報はまったくと言っていいほど報道していない。どうやらテレビや商業新聞だけではなく、赤旗も同じらしい。

 なぜマスコミは報道規制を敷いているのだろう? ひとつ考えられるのは、なんとしても過小評価をすることで責任を回避したい東電や国の意向を汲んでいるということだ。しかし、電力会社から広告をもらっている商業新聞はともかく、赤旗ならそんなことを考慮する必要がないのではないか・・・。

 もうひとつの理由として、健康被害は不安を煽りストレスになるから避ける、ということがあるだろう。赤旗とて、被ばくに関する記事を載せたなら、一部の読者から抗議や問い合わせなどがきて混乱することが懸念される。読者離れに繋がるかもしれない。

 しかし、不安やストレスを理由に報道しないというのはどう考えてもおかしなことだ。被ばくの恐ろしさ、被ばくによる症状などを恣意的に知らせないのは、被害者を増やすことでしかない。簡単に避難できない人にとっては確かにそういう情報はストレスになる。しかし、ストレスを理由に黙っているのは犯罪に加担するも同然ではないか。ことは大勢の人の命にかかわるのだ。

 そもそも国が汚染されている地域の住民を「避難させない」「自主避難しても補償しない」ことがおかしい。国の責任を棚に上げ、被ばくの危険を訴える人やメディアを問いつめたり攻撃するのはお門違いだ。避難によって症状がなくなった人は大勢いる。避難したり食べ物に気をつけるだけでも、結果はまったく違ってくるのではないだろうか。

 そんななかで果敢に福島の事故のことや被ばくに関することを取り上げているのが、ラジオの「たね蒔きジャーナル」だ。先日は、矢ヶ崎克馬さんの被ばくの話があったのだが、これは是非とも聞いてほしい。

1/2たね蒔きジャーナル「内部被曝の知られざる内幕」
http://youtu.be/T0S98cMQTO4

2/2たね蒔きジャーナル「内部被曝の知られざる内幕」
http://youtu.be/ePYGw8YZs7Q

 矢ヶ崎さんによると、チェルノブイリの西120キロから150キロくらいに位置する郡山市や福島市より汚染が低いような地区で、4年後くらいから病気が急増し、10年後には10人に1人が甲状腺の病気にかかり、がんも増加したという。

 チェルノブイリの事故では年5ミリシーベルト以上は移住義務区域、1ミリシーベルト以上は移住権利区域とし、移住義務区域のみならず移住権利区域から移住した人たちにも補償がなされたのだ。ところが、日本では年間20ミリシーベルト以下の地域に避難した住民を戻そうとしている。チェルノブイリの教訓を活かすどころか、逆のことをやっているのがこの国だ。食品の100ベクレルという基準値もドイツの基準の10倍以上なのだ。

 日本政府がいかに異常であり、いかに国民の命を軽視し、いかに無責任であるか再認識させられる。国の言うことを信じてはいけない。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

この記事へのコメント
おはようございます 盛んに自己判断等といっている国が
必要な判断材料を 周知しないなんて
ひどい欺瞞が続いていると思ってます。

国は最低限こういう物は極力避けましょう...くらいのことは
国民に知らせるべきでしょう。
現状をみていると国民に責任転嫁させる意図しか見えてきませんね
Posted by こるとれーんtone at 2012年04月21日 07:09
こるとれーんtone様

おはようございます。

福島の事故により、日本という国は、まさに国民を平気で見殺しにする国なのだということを実感しています。旧ソ連以下です。

こんな国の国民であることが恥ずかしい。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2012年04月21日 10:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
被ばく問題を取り上げないマスコミの罪
    コメント(2)