さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 自然・文化 › 消えゆく心の豊かさ

2013年01月07日

消えゆく心の豊かさ

 沖縄在住の「木枯」さんのブログの今年はじめの記事に、木枯さんがインドを旅したときの写真が掲載されている。実に生き生きと輝いた目をしているインドの子どもたちの写真に、私はしばし見入ってしまった。

いちごいちえ

 そして、すぐに故渡辺容子さんがフィリピンに行ったときの写真を思い出した。そこには木枯さんの写真と同じような子どもたちの笑顔があった。

1994年フィリピンの子どもたち

 彼女はその前の年にネパールにも行って子どもたちの写真を撮っている。

1993年ネパールの子どもたち

 インドの子どもたちも、フィリピンの子どもたちも、ネパールの子どもたちもとても生き生きとした顔をしている。ちょっとはにかみながらも、屈託のない笑顔、豊かな表情。今の日本の子どもたちに、こんな笑顔を見つけることができるだろうか?

 彼女がフィリピンの子どもたちについて書いた文章がある。

フィリピンにて

 できれば全文を読んでもらいたいのだが、最後の部分をここに引用したい。

 それにしても、カバジャガンの人たちの笑顔は豊かで美しかった。大人も子どもも、美しい海と空とゆったりと流れる時間の中で、「食べて住んで、そして楽しむ」という、人間の最も基本的で人間らしい生活を、日々自分自身の手で紡いでいた。美しい豊かな笑顔は、その喜びに裏打ちされているのだった。

 ふりかえって、今の日本に住む私たちはどうだろう。そんな自然な暮らしとはほど遠いところへ来てしまった。今となっては、戻ることなどできはしない。それはわかっているけれど・・・。カバジャガンにはまだあるような、真の意味での豊かさが失われ、物ばかりあふれ、時間に追われ、効率だけが求められ、友だちと1本のギターを共有するのではなく、友だちをけおとし、自分が出世しなければならない日本の生活、そういう日常生活それ自体が、今、子どもたちに襲いかかって、押しつぶそうとしているのではないだろうか。それはもちろん、子どもばかりでなく、大人も同じである。

 今の時代の<不安>の中で、大人もまた自分の心を偽っている。こんなふうに物があふれ、次から次へとコマーシャルなどの刺激によって欲望を生み出さされ、物(文化も含め)を消費することだけを押しつけられているような、すべてが管理、操作されている世の中。そこでは、自分のやっていることをちょっと立ち止まって考えてみることすら、相当意識的にやらないと、できないで流されていく一方だと思う。流されているうちに、自分が本当に大切にしたいものなど、ひとつ残らず忘れてしまった。

 最後に残された人間らしさが、<不安>だけを感じている。その<不安>が見えてしまったらこわいから、自己防衛本能でみんなそっちを見ないようにしている。だから、むしろ望んで管理、操作されているのではないか。こうなると悪循環だ。管理、操作され、自分を見失う。すると<不安>になるから、自分を見たくなくて、管理、操作されたがる。

 でも、そうやって逃げてばかりいると、いまにきっととりかえしのつかないことになる。それに、<不安>は確実にあるのだから、永遠に逃げ回っているわけにはいかない。勇気をもって立ち止まるしかない。そして、ふりかえって、<不安>をしっかりと見据え、対決するのだ。


 写真からも分かるように、彼らの生活は物質的にはひどく貧しい。それゆえに、子どもとて家の仕事を手伝うのが当たり前の生活。たぶん文句を言うこともなく、当たり前の日常として仕事をこなしているに違いない。もちろん、今は渡辺さんがこの文を書いたときとは状況が変わっているのだろうが、こんな生活をしている人たちは世界にはまだまだ沢山いる。溢れる物に囲まれている今の日本の子どもたちには想像もつかない世界だろう。

 私が子ども時代を過ごした頃はまだ物も少なくて、少なくとも精神的には今よりもはるかに健全だったのだと思う。ちょうど、「ALWAYS三丁目の夕日」のあの時代、あの風景だ。今はいたるところに物が溢れて生活も便利になった。鉛筆1本も大事に使った子どもの頃の生活が嘘のようだ。その反面、「人間の最も基本的で人間らしい生活」がどんどん無くなっている。子どもも大人も、周りの人の顔色を窺いながら本音を隠し、自分を殺して生きている。そこから屈託のない笑顔など生まれるはずもない。それで本当に私たちは幸せになったのだろうか?

 もちろん、昭和時代のような生活に戻るべきだというつもりはないし、そんなことにはならないだろう。しかし、社会のありようがあまりに非人間的になっていることに改めて驚かされる。私たち人類はいったいどこまで物質的豊かさや利便性を追求しつづけるのだろうか? それが本当に豊かな生活なのだろうか?

 渡辺さんも書いているように、不安を見ないようにしているうちに、私たちは管理され操られていた。そしてとんでもない格差社会になり、原発も爆発してしまった。彼女がいっていた通り「とりかえしのつかないこと」になってきている。

 生き生きとした子どもたちの写真は、人間にとって本当に大切なものを思い出させてくれる。



 さだまさし氏の「やはり僕たちの国は残念だけど何か大切な処で道を間違えたようですね」という言葉を、どれほどの日本人が実感しているのだろうか。





タグ :豊かさ

同じカテゴリー(自然・文化)の記事画像
原野の水仙
十二社と熊野神社の思い出
11月の大雪と冬の木々の光景
深刻な海岸浸食
逢坂峠を見下ろす比叡山
家庭菜園から利便性追及社会の矛盾を考える
同じカテゴリー(自然・文化)の記事
 原野の水仙 (2017-05-11 09:12)
 石城謙吉さんの環境問題講演集「自然は誰のものか」 (2017-01-29 15:46)
 小学校の卒業式での袴姿に思う (2016-03-19 20:31)
 十二社と熊野神社の思い出 (2016-02-29 21:17)
 11月の大雪と冬の木々の光景 (2015-11-28 14:25)
 深刻な海岸浸食 (2015-09-26 21:58)

この記事へのコメント
松田さん、こんばんは♪

辺見さんの記事へコメントさせて頂こうとお伺いしたら、いきなり僕の名前が!(笑)
こんな拙いブログを紹介して頂けるのはうれしいですが、それ以上に恥ずかしい限りです(苦笑)
でも、ありがとうございました♪

松田さんがくださったコメントへのリコメに書かせて頂いた通り、渡辺容子さんやご家族の方々とは全く面識がありませんので、僕のブログで「フィリピンにて」を転載させて頂くのは控えました。
なので、ここで「フィリピンにて」を取上げて頂けると、すごくうれしいです♪

辺見さんや森達也さんも素晴らしい文筆家だと思いますが、彼らは頭の構造が違いすぎると言いますか、よほどの読書家でない限り、彼らの著書は、普通の人たちにはとっつきにくいと思います。

それに比べ、渡辺さんの「フィリピンにて」は、難解な語彙など一つもない易しい文体でありながら、オリジナリティやアリティに富んだ読み応えのある素晴らしい文章だと思いますので、今回、松田さんのブログでご紹介頂けたのは、とても有意義なことだと思っています。

あと、個人的には、ドキュメンタリー映画監督の鎌仲ひとみさんの著書である「六ヶ所村ラプそティー」や「原発のその先へ ミツバチ革命が始まる」なども、読みやすい平易な文体で、かつ高度な内容のことを語られていると思いました。
現場を踏んだ人のみが描き得る、迫真のリアルティーと説得力を感じました。

余談ですが、辺見さんの「愛と痛み」と森達也さんの「死刑」も併せて読んだことがあるのですが、辺見さんは、ものすごく大切なことを書いておられるのですが、なんせ語彙が豊富な上に哲学的なアプローチで死刑制度を論じておられるので、森さんの「死刑」の方が、僕にはまだしも理解可能でした(苦笑)
でも、松田さんが記事にされておられる通り、アプローチの違いはあれど、根底に流れる弱者や少数者に愛する温かい眼差しは、お二人に一貫していると思います。  

長々とすみませんでした。。
辺見さんの記事への感想は、またの機会ということで。。

木枯らし
Posted by 木枯らし at 2013年01月07日 22:29
わたしもよくアジアに行くので、同じ思いを抱きます。
果たして大切なものを取り戻せるのか、取り戻せるのではないかと思ったり、こりゃアカンと天を仰いだり、行ったり来たりしています。

一節に、日本の昭和40年代頃の世帯あたりエネルギー消費量が、地球全体が同じレベルの暮らしをした場合に地球がまかなえる量だと聞いたことがあります。
エアコンはまだ、暖房は家族で1部屋、テレビは14型くらい、小さな冷蔵庫に製氷室が1つ、クルマは数世帯に1台……自然エネルギー生産量や人口、家電あたりの消費電力も変わっているのであまりきちんとした計算ではないと思いますが、なんとなくそのくらいだろうなという気はしました。だいぶ遠くに来てしまっていることは確かです。
Posted by yoko at 2013年01月08日 04:09
木枯しさん、こんにちは。

木枯しさんのブログにコメントを書いたあと、やっぱり木枯しさんの写真や、渡辺さんの写真や想いをもっと多くの人に紹介したくなりました。

ある調査によると、「2013年にどこの国に生まれれば幸せになれるのか」というランキングで一位にスイスが選ばれたそうです。トップ10は小規模な経済しか持たない国で、経済大国が軒並みランキングを下げているとのこと。

http://kobajun.chips.jp/?p=7459

ここから、それなりの文化水準を持ちながらも平和で幸せな国がイメージできると思います。そして、私たちの国は、完全に道を間違えていることも分かります。

戦争をしていなくても、生活が便利になりお金さえあれば何でも手にはいるようになっても、うつ病や自殺者が激増した国は決して健全ではありません。残念ですが、自民党政権ではもっと酷いことになっていくのでしょう。
Posted by 松田まゆみ at 2013年01月08日 11:37
yokoさん、こんにちは。

人類が地球の資源をどんどん食い潰しているというのは、本当に実感しますね。このままでは地球が破綻するしかないでしょう。

自然エネルギーの利用を考えれば昭和40年代の暮らしにまで遡らなくてもいいかも知れませんが、人口はどんどん増えていますから、どうなのでしょうね・・・。こうやって振り返ってみると、私たちは経済成長に浮かれ、あまりにエネルギーを浪費する生活に慣れてしまったことは確かです。不便になる覚悟が必要かもしれません。
Posted by 松田まゆみ at 2013年01月08日 11:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
消えゆく心の豊かさ
    コメント(4)