さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 生物学 › 遺伝子決定論を論破する本「天才を考察する」

2013年03月07日

遺伝子決定論を論破する本「天才を考察する」

 先日、「天才を考察する 『生まれか育ちか』論の嘘と本当」(デイヴィッド・シェンク著、中島由華訳 早川書房)という本を読んだ。厚い本なのだが、後ろの半分は資料編なので、本文は前半分。

 少し前までは、天才は生まれつき備わっている才能であるという考えが普通だった。ところが、いわゆる天才といわれている人たちを調べてみると決してそんなことはなく、子どものころから厳しい訓練をしてきた結果だというのである。本書ではそうした事例をいくつも紹介しながら話しが展開していく。

 冒頭に登場するのが、野球界に名を残すテッド・ウィリアムズ。彼は、子どもの頃から信じがたいような訓練を積み重ねていた。彼の奇跡のような能力について、ウィリアムズ自身が努力を重ねてきた結果だと言っている。「練習、練習、練習。それがああいう能力を引き出した」「ものがよく見えたのは、それだけ真剣だったからだ。・・・・・・並はずれた視力ではなく、[並はずれた]鍛錬のおかげだった」と彼は言う。

 モーツァルトやベートーベンも然り。モーツァルトの場合、誕生直後から音楽漬けであり、家庭で最高の英才教育を受け幼い頃から猛練習してきた結果なのだという。モーツァルト自身も父親宛の手紙の中で「僕ほど作曲のために時間をかけ、熟考を重ねた者はいません」と書いているそうだ。ベートーベンも、チェロの演奏家のヨーヨー・マも同じように幼い頃から音楽に囲まれ、訓練を受けてきた。

 並はずれた才能を開花させるには、10年間で1万時間以上の訓練を続けることがひとつの条件だという。なんだか気の遠くなるような話しだが、天才というのは生まれたときから天才ではないということだ。

 アインシュタインも「私はとくに賢いわけではない」「時間をかけて問題に向きあっただけだ」と言った。粘り強い訓練と努力こそ、才能を目覚めさせる鍵となる。

 それでは、才能や能力に遺伝は関係がないのか? 著者は遺伝が才能に関係がないと言っているわけではない。かといって、「遺伝+環境」でもなく、「遺伝×環境」の相互作用だという。このあたりについては是非本書を読んでいただきたい。

 ところで、この本では最後の方で「エピジェネティクス」についても言及している。今までの生物学では遺伝をつかさどるのはDNAだとされていたが、遺伝子の働きを活性化させる仕組みがあることが分かってきた。つまり遺伝子にスイッチがあるというのだ。こういったメカニズムを解く遺伝学がエピジェネティクスである。

 本書では以下のように説明している。

 遺伝子は、われわれがどんな人間になるかを指図するものではなく、動的プロセスの主体である。遺伝子の発現のしかたは外部からもたらされる力によって調整される。「遺伝形質」はさまざまな形であらわれる。われわれは、ずっと変わらない遺伝子と、変えることができる後成遺伝物質を受け継ぐ。それから、言語、思考、態度をも受け継ぐが、それらはあとから変えることができる。さらに、生態系をも受け継ぐか、それもあとから変えることができるのだ。


 エピジェネティクスについては改めて記事として取り上げたいと思うが、環境によってもたらされた変化が遺伝するという発見は、「目からうろこ」である。

 この本を読んで、自分の子どもを特訓させようと思う親も出てくるかもしれない。しかし、神童ばかり現れたらもはや神童ではないし、むしろ気持ちが悪い。それ以前に、親の押しつけで特訓させて才能を開花させようというのは無理があるのではないか。本人の好奇心や意志、そして粘り強さがなければ天才は生まれないだろうし、子どもがみな親の望むようになるわけではない。それに神童とか天才といわれる人になることが幸せだということでもなかろう。

 昔から「好きこそものの上手なれ」などと言われているが、一つのことにのめり込むことができる人は「天才」とまではいかなくてもその道の達人になれる。一昔前には「虫博士」「鳥博士」などといわれる子ども、独楽やけん玉の名人がいくらでもいたものだ。女の子のお手玉なども、大道芸と変わらない。それだけ子どもたちが遊びの中で練習を積んだということなのだろう。

 しかし昨今の子どもたちを見ていると、夢中になってのめり込むような趣味を持っている子どもはどれほどいるのかと思う。そもそも、お稽古ごとや塾通いで遊びを存分に楽しむ時間もなさそうだ。これはこれで問題なのではなかろうか。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(生物学)の記事
 エピジェネティクスから見えてきた貢献感と健康 (2017-08-04 16:11)
 名誉毀損になりかねない小保方晴子さんへの不当な批判 (2014-08-16 22:22)
 環境が鍵を握るエピジェネティクス (2013-03-17 11:03)
 手放しで喜ぶ気になれないiPS細胞 (2012-10-10 11:57)
 種名を知るということ (2009-11-20 14:33)
 生命現象と動的平衡 (2009-06-30 16:43)

Posted by 松田まゆみ at 21:24│Comments(4)生物学
この記事へのコメント
乳牛は全部が人工授精です。種牛の改良は国家的事業として、泌乳能力の向上に取り組んでいます。
乳牛の体型は大きくなり、乳器の変化には目を見張るものがあります。
だからどの牛も、たくさん乳を出す。だからどの農家も同じとはいかない。
環境要因は大きいのは、牛舎単位で牛の性格や体型や能力などが異なるのを見ても解ります。
少なくとも、家畜に関しては後天的要因、育成の方法で大きく異なるのは誰もが知っています。
Posted by そりゃないよ獣医さん at 2013年03月08日 09:08
育種などをされている方にとっては、環境要因が形態や能力に影響を与えていることは体験から分かっていたことなのでしょう。
エピジェネティクスによってそのメカニズムが解明されつつあるということです。少し前までは遺伝子決定論が常識で、ラマルクの「獲得形質の遺伝」は間違いと教えられましたが、ラマルクもあながち間違いとは言えないということになります。
Posted by 松田まゆみ at 2013年03月08日 20:49
フォン・ノイマンなど何も(この記事の内容で言えば)練習など全くしてないのに学習能力が天才だったのは何故でしょうか?
Posted by ナッパ at 2013年03月12日 21:20
ウィキペディアによればフォン・ノイマンは幼いころから英才教育を受けたとされています。「練習など全くしていない」ということではないでしょう。環境的には十分ですし、遺伝的にも素養があり、環境によって遺伝子が発現されたと考えるべきではないでしょうか。

この本では、訓練さえすれば誰もが天才になれるといっているのではありません。著者が言いたいのは、「遺伝×環境」という相互作用が重要であり、知能はものではなく動的プロセスだということです。本書の一部を以下に引用しますが、理解できないようでしたらぜひ本書をお読みください。

G×Eという新しい考え方では、環境の影響を認めることは遺伝子の重要性を認めることに等しいのだ。本の読み聞かせは遺伝子を発現させる。話しかけは遺伝子を発現させる。助言を与えることは遺伝子を発現させる。
G×Eでは、知能はものではなくプロセスである。学校で初めから成績のいい子供がいるのはどうしてだろう? 子供のころ早く言葉を話しはじめ、早く成果を挙げていたうえ、成人してから創造的成功、経済的成功を収める人がいるのはどうして? それは、誕生したその日から、そうなるべく訓練を積んでいるからなのだ。
Posted by 松田まゆみ at 2013年03月13日 21:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
遺伝子決定論を論破する本「天才を考察する」
    コメント(4)