さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果

2013年08月21日

信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果

 昨日(20日)の午後、福島県の子どもを対象に実施している甲状腺検査の結果が、県民健康管理検討委員会によって発表された。ツイッターでは公表直後から情報が流れていたのだが、今日の北海道新聞を見たらこのニュースは第2社会面に小さく出ているだけ。案の定だ。マスコミはよほど被ばく関係のニュースを流したくないらしい。

 マスコミ報道では、甲状腺癌が確定したのが18人、疑いは25人で、合わせると43人の子どもが癌または癌の疑いがあるとしている。事故後2年間で疑いも含め43人という数字は、これだけでも驚くほど多いといっていいだろう。北海道新聞では、検討委の「原発事故の影響があるとは思っていない」というコメントを掲載していたが、この期に及んでまだこんなことを言っているとは救い難い。

 しかし43人という数字は甲状腺検査を受けた176,648人のうち、あくまでも二次検査を終了した者の中での数字であることに注意しなければならない。以下のサイトに受信者や終了者の数を示した表が掲載されている。

甲状腺がん悪性、悪性疑い43人~福島県民健康管理調査で(とある原発の溶融貫通)

 これによると、2011年と2012年の2年間で甲状腺検査を受診したのは176,648人。このうち二次検査の対象者は1,167人で、受診者は768人。つまりまだ66%ほどしか受診していない。

 二次検査を受診した768人のうち細胞診を実施した子どもは206人。ただし、検査の終了者は625人である。受信者と終了者の数に143人の開きがるのだが、これはおそらく細胞診が必要でありながらまだ実施していない者の数ではなかろうか。とすると143人は細胞診が終わっていないことになる。

 206人のうちの43人が「癌または癌の疑い」ということであるから、細胞診を受けた者の約20%が「癌またはその疑い」ということになる。すでに細胞診を実施した206人と未実施の143人を足すと349人。この20%は約70人になる。そして、これは176,648人のうちの66%終了時点での数値だ。

 二次検査の対象者でまだ二次検査をしていない399人に同じ割合で「癌または癌の疑い」があるとしたなら、176,648人のうちの何と106人もが「癌または癌の疑い」になるのではなかろうか。さらに、これは福島の子ども全員の検査が終わっていない段階での数字だ。つまり、福島県だけでも腰を抜かすようなとんでもない数の甲状腺癌の発症が予見されるのだ。

 現時点の「癌および癌の疑いが43人」という数字に騙されてはならない。県民健康管理検討委員会の発表の仕方はまるで数字のトリックだ。事故からたった2年で、しかも全員の検査が終わっていない中でのこの数字は、信じがたいほど深刻な状況を表していると思う。

 ところで、今回の発表資料に関して驚くべき指摘がある。

4K委員会資料のデータに、・・・・・・・・ありえへんことが!! (放射線被ばくを学習する会(仮))

 なんと前回(平成25年5月27日現在)発表時の「細胞診で悪性および悪性疑いであった28例の年齢、性分布」のグラフと、今回の「細胞診で悪性ないし悪性疑いであった44例(平成25年7月31日現在)の年齢、性分布」のグラフで整合性が全くないというのだ。

 両グラフではともに年齢を「平成23年3月11日時点」としているので、5月27日のグラフに今回のデータが追加されなければならないのだが、そうはなっていない。たとえば11歳のところを見ると、前回のグラフでは男性が3人となっているが、今回のグラフでは女性が2人なのだ。性別も人数も整合性がない。

 これが集計の際の単純ミスなのかどうか分からないが、こんなグラフを平然と出してくるところからして滅茶苦茶で信頼性に欠ける。

 前回の記事で、福島の被ばくはチェルノブイリを超える可能性が指摘されていることを書いたが、甲状腺がんの発症率もチェルノブイリを超える可能性がある。それなのにマスコミはこのようなことについて何ら言及しない。これほど深刻な状況なのに「子どもの甲状腺がんが6月から6人増えた」と小さく伝えるだけである。

 昨日は夕方に東電がタンクからの汚染水の漏えいについての記者会見をした。そのために今日の朝刊では汚染水のことが大きく取り上げられ、甲状腺がんの報道はかき消されてしまったかのようだ。恣意的なものを感じるのは私だけだろうか。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

この記事へのコメント
放射線は、「健康-不健康のボーダーの人」から影響が出る。

[ 安全派の学者の意見 ]
放射線の影響で遺伝子変異が起こり、それが発癌に結び付くには、
間違いなく一定の時間が掛かります。
身体の側の修復機能が、非常に強固なものだからです。

[ 上記意見を覆す見解 ]
正常細胞が癌化したのではなく、所謂微小癌が急性増悪した現象と
考えた方が、筋が通るのではないかという意見です。
何らかの遺伝子変異のある個体に、起こった現象なのかも知れません。

上記意見と見解は、「六号通り診療所所長のブログ」より転載
「 http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2012-01-23 」コメント欄も重要
Posted by ひで at 2013年08月21日 19:32
(小児)甲状腺がんは、「分化がん」は怖くないが、「未分化がん」は怖い
「甲状腺がん‐市立池田病院」に詳しい情報がある。
「 http://www.hosp.ikeda.osaka.jp/02active/action/feature/thyroidcancer.html 」

一方、Chernobylの(小児)甲状腺がんは、「未分化がん」は少なかった。
(高分化型のがん(治りやすいタイプのがん)が多い:濾胞がん16.3%、乳頭癌81.3%
、髄溶癌1.2%、未分化癌1.2%)
「 Chernobyl事故の小児に対する長期経過の解析 」の5ページ目参照
「 http://www.jnpc.or.jp/files/2011/11/42327d7729936868de72836320c4a0be.pdf 」

よって、「未分化がん」の発生頻度が問題となり、現状は不明と言える
Posted by ひで at 2013年08月21日 20:12
ひでさん

参考サイトの紹介、ありがとうございました。

チェルノブイリでは事故後すぐに超音波検査が行われたわけではありませんので、もちろん福島の検査結果と直接比較することにはなりません。また、当面は放置しておいても問題ないような微小な潜在癌を見つけている可能性ももちろん否定できません。

転移のリスクを減らすために見つけたら手術をするという方法をとる以上、六号通り診療所所長さんの「正確な統計を取る、などということは現実には不可能です」というのはその通りでしょう。チェルノブイリの発症数と直接比較するのはナンセンスです。

ただし、チェルノブイリの事故において原発事故による被ばくで小児甲状腺癌が増えたのは明らかです。また、山下俊一氏が2000年に行った長崎県の子どもの検査と比較しても、福島の検査結果が異常な数値を示しているのは明らかです。
http://ameblo.jp/human1-cat1/entry-11260443604.html

チェルノブイリとは直接比較できないとしても、福島の数値は明らかに異常です。今回の県民健康管理委員会の報告の仕方は、その異常な数値をできるだけ小さく見せようとしているのではないでしょうか。なぜそのようなことをするのか・・・私はそこに大きな疑問を抱いています。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2013年08月21日 21:38
追記です。

176,648人という数字は2011年度と2012年度に検査を行った者の数です。マスコミによってはこれまでに約21万7千人が受診したとされているようですが、それは2013年度の受診者も加えた数値です。ところが2013年度はまだ二次検査を終了した人は0です。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-737.html

こうした受診者数の半ば「水増し」のような発表の仕方をすることで、21万7千人中で「癌または癌の疑いが43人」と単純に受け止められがちです。実際、マスコミ記事などはほとんどそのような書き方です。これはどう考えてもおかしいし、意図的だと思います。

つまり、県民健康管理検討委員会は極めて厳しい結果であることを知っていながら、それを見破られないよう必死になっているということでしょう。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2013年08月22日 07:34
 私は、福島の子供達の「甲状腺がん」について、「未分化がん」の発生頻度に興味があります。

 もちろん、集計の問題や、そもそも「がん」になるには(または、小さな「がん」が大きくなるには)、
其の他「免疫力一般」が失われている可能性もあります。

 そこで、日本(すなわち「ヨード摂取過剰地域」)における「甲状腺がん」の種類の文献を調べました。

「日本癌治療学会がん診療ガイドライン 甲状腺腫瘍」
「 http://jsco-cpg.jp/guideline/20.html 」のCQ1

「甲状腺癌の危険因子にはどのようなものが存在するか?」

ヨード摂取量の状況により発生しやすい甲状腺癌の種類が異なることで、
ヨード摂取不足地域では濾胞癌および未分化癌が多く、
ヨード摂取過剰地域では乳頭癌の発生が多い。

 日本では、「未分化がん」が、少なそうで、「ホット」しました。
Posted by ひで at 2013年08月22日 20:19
ひでさん

事故当初に、日本人は海藻などを多く食べるのでチェルノブイリのようにはならないと言っていた人もいましたね。

未分化がんが少ないのであれば不幸中の幸いですが、まだ油断はできないように思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2013年08月22日 22:09
 私の実の父は、「癌」「手術」「再発」「死亡」でした。

 父には、「告知」はありませんでした。しかし、母と子供達は知っていました。

 福島の子供達に「癌」を告知するのは、子供にとって「怖い」ことです。
 せめて、99%以上の確率で直るよ。後は、甲状腺ホルモンの注射で済むよ、
と、告知してあげたい。

 「未分化がん」だったら、一生「癌」の恐怖が付きまといます。
 
Posted by ひで at 2013年08月22日 23:04
ひでさん

おっしゃる通りで、大人であっても癌の告知は大きなショックだと思います。ですので、小さな子どもはなおさら怖いでしょう。子どもを怖がらせるような状況になってしまったことが何とも悔やまれます。

甲状腺がんは治る場合が多いのですから、治る癌が多いのであればせめてもの救いです。未分化がんが多いことを願わずにはいられません。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2013年08月23日 10:18
 ICRP関連の放射線研究に使われたのは「ショウジョウバエの精子。
 この細胞はDNAの修複機能がありません。 
  これは神様のいたずら、こんな細胞はめったに無い。
  どうしてマーラーがショウジョウバエの精子の細胞を使ったのか?」


私達が生活する環境の活性酸素の働きは、
200(mSv/日)の中で生活する事に等しい。

マラソンの選手のレース中に発生する活性酸素は、
600(mSv/日)に匹敵する。

それでも人間は癌にはならないのです。

以上は、
「 http://green.ap.teacup.com/pekepon/560.html 」
からの引用です。

 何が原因で、(小児)甲状腺癌が増えたかは、分からないが。
 「外部被爆 や X線レントゲン や CT」は、恐れなくても良いなら有難い。
Posted by ひで at 2013年09月18日 21:30
ひでさん

情報ありがとうございます。
がんの放射線治療を行っている近藤誠医師は、レントゲンやCTなどの医療被ばくは非常に問題だと指摘していたと思います。内部被曝の方が外部被曝よりはるかに大きな影響を与えると考えられますが、私は外部被曝もあなどれないと思っています。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2013年09月20日 11:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
信じがたいほど深刻な福島の子どもの甲状腺検査結果
    コメント(10)