さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › クモ › 命をつなぐマルコブオニグモ

2013年09月01日

命をつなぐマルコブオニグモ

 先日、ムレサラグモの写真を撮りに行こうと思い立った。フイルムカメラを使っていた頃に写真を撮ったことがあるが、考えたらデジカメでは写真を撮っていなかったのだ。ムレサラグモは夏の終わりから秋にかけて成体が出現するサラグモの仲間で、カンバ類やトドマツなどの幹に多い。

 今の季節ならまず間違いなく見られるだろうと思っていたのだが、何本ものシラカンバの幹を見て回っても全然姿が見られない。いったいどうなっているのだろう??

 で、ムレサラグモの代わりに見つけたのがマルコブオニグモ(Araneus rotundicornis)。その名のとおり、腹部に丸みを帯びた二つのこぶがある。卵のうを守っているのだが、すでに子グモがふ化しているようだ。北海道のクモの多くは幼体で越冬するが、マルコブオニグモも子グモで越冬するのだろう。こうして次世代へと命が引き継がれていく。





 マルコブオニグモは北海道では平地にも生息していてそれほど珍しい種ではないが、個体数は多くはない。本州では山地に生息し、珍しい種のようだ。

 もうずいぶん昔のことになるが、北アルプスの常念岳の山頂近くのハイマツの茂みにこのクモが何頭もいた。本州でも標高の高いところでひっそりと暮らしているのだろう。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(クモ)の記事画像
2か月生きながらえた麻酔されたクモ
狩り蜂に麻酔されたクモの行方
オニグモに産卵するオニグモヤドリキモグリバエ
鮮やかな柿色が美しいカタオカハエトリ
生息地破壊が懸念されるキシノウエトタテグモ
木の幹に棲むムレサラグモ
同じカテゴリー(クモ)の記事
 2か月生きながらえた麻酔されたクモ (2015-10-03 09:41)
 狩り蜂に麻酔されたクモの行方 (2015-09-08 17:29)
 植物と一緒に運ばれるクモ (2015-06-11 11:29)
 北海道でも確認されたセアカゴケグモ (2015-06-05 22:49)
 オニグモに産卵するオニグモヤドリキモグリバエ (2014-09-03 21:37)
 鮮やかな柿色が美しいカタオカハエトリ (2014-05-16 21:23)

Posted by 松田まゆみ at 13:39│Comments(0)クモ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
命をつなぐマルコブオニグモ
    コメント(0)