さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 樹木 › 日高の秋を彩る赤い木の実

2013年10月29日

日高の秋を彩る赤い木の実

 先日、日高の幌満に出かけた。幌満というのはアポイ岳の近くである。ちょうど紅葉のシーズンだったのだが、ナナカマドやカエデなど赤くなる葉がきれいに色づいておらず、なんとも冴えない光景だった。

 そんな中で、赤い実をつけている植物がいくつかあった。下の写真はヒロハヘビノボラズ。




 こちらは落ちていたキタコブシの実。




 下の木は赤い実をたわわにつけているのだが、何の木なのか分からなかった。




 あとで図鑑で調べたところワタゲカマツカ(別名ウシコロシ)だと知った。ウシコロシとは何ともぶっそうな名前だが、「牛が枝の間に角を入れると、抜くことができなくなるくらい強靭」であることに由来するようだ。

 日高地方というのは、ちょっと変わった植物が分布することで知られている。変わったというのは、北海道では分布が日高以南(以西)に限られるという意味だ。たとえばクリとかサンショウ、クサギ。ワタゲカマツカも同じような分布をする植物だ。

樹木の分布:日本要素・大陸要素の北上

 また日高にはキタゴヨウがあることで知られ、幌満一帯のキタゴヨウ自生地は国の天然記念物にも指定されている。もっとも北海道でのキタゴヨウの北限は十勝地方のピシカチナイ山だ。どうしてこんな分布をするのかとても不思議だ。










 植物の分布は地史的な視点から見る必要があるが、なかなか奥深いものがある。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(樹木)の記事画像
危機に瀕している更別のヤチカンバ
ミズナラの樹上に生えたエゾマツ
大量に飛散したエゾマツ花粉
カラマツの黄葉の微妙なグラデーション
渡島半島の森と植物
木の上に生えた木
同じカテゴリー(樹木)の記事
 興味深いカシワ林更新のしくみ (2013-04-21 20:15)
 危機に瀕している更別のヤチカンバ (2012-11-26 16:56)
 ミズナラの樹上に生えたエゾマツ (2012-10-25 10:35)
 大量に飛散したエゾマツ花粉 (2011-06-16 17:39)
 カラマツの黄葉の微妙なグラデーション (2010-11-09 17:28)
 渡島半島の森と植物 (2010-06-11 13:32)

Posted by 松田まゆみ at 14:49│Comments(0)樹木
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日高の秋を彩る赤い木の実
    コメント(0)