さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › サホロ岳ナキウサギ裁判 › サホロ岳ナキウサギ裁判が始まった

2013年12月17日

サホロ岳ナキウサギ裁判が始まった

***秘密保護法は廃止しよう!***

 10月18日の記事で、加森観光によるサホロ岳北斜面のスキー場造成工事で、十勝自然保護協会とナキウサギの専門家2人が裁判を起こしたことをお知らせした。

サホロスキー場造成工事で自然保護団体などが提訴

 この裁判の第一回口頭弁論が昨日(12月16日)札幌地裁であった。最初の日とあって、テレビ局の取材が入り、口頭弁論のあとには記者会見も行った。

 被告は、加森観光のほか国有林の使用許可を出した林野庁と、開発行為の許可を出した北海道の三者。つまり、答弁書は3通出されることになる。被告席には三者の弁護士や関係者がずらりと並ぶ。

 もちろん三者ともに訴えの却下や請求の棄却を求めており、争う姿勢だ。加森観光及び北海道の答弁書では、原告らは訴訟を起こす資格(原告適格)がないと主張している。どうやらまずは原告適格があるかないか、という入り口論での争いになりそうだ。

 「えりもの森裁判」でも、被告の北海道は「住民監査請求は不受理であり提訴できない、森林の公益的機能は財産とはいえない」と主張したため、森林の公益的機能は財産といえるかどうかという入り口論で約1年を費やした。その結果、原告の主張が全面的に認められて本論に入った。ただし、「えりもの森裁判」は住民訴訟であるのに対し、今回の裁判はそうではない。果たして、今回の裁判ではどうなるだろうか。

 次回の期日は2月である。

 そういえば「えりもの森裁判」は最高裁にいったまま何の連絡もない。いったいどうなっているのだろう。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(サホロ岳ナキウサギ裁判)の記事
 サホロ岳のナキウサギ生息地をめぐる疑惑 (2015-04-05 21:18)
 サホロスキー場造成工事で自然保護団体などが提訴 (2013-10-18 13:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サホロ岳ナキウサギ裁判が始まった
    コメント(0)