さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 原子力推進派に騙されてはならない(その2)

2014年09月12日

原子力推進派に騙されてはならない(その2)

 遠藤順子医師による講演会がYouTuboにアップされている。

遠藤順子20140803家族を放射能から守るために~国際原子力組織の動きと内部被曝



 私は遠藤医師については全く知らなかったのだが、実に重要な問題点を指摘しており、多くの人に広めてもらいたい動画だ。講演自体は1時間ほどなので視聴されることをお勧めするが、重要な点について簡単に紹介しておきたい。

 講演で語られているのは以下について。
1国際原子力組織の福島後の動き
2チェルノブイリで何が起こってきたか
3内部被曝による細胞損傷の機序
4「放射性セシウムは安全」論への反論
5食品の放射線基準の考え方について

 冒頭の「国際原子力組織の福島後の動き」だけでも視聴に値する。特筆すべきは、IAEAについての以下の指摘だろう。

1996年4月IAEAの会議(ウィーン)「チェルノブイリ事故から10年」
「再び事故が起こるのは避けられない」として、そのとき取るべき方策も話し合われた。

「次回の原発事故にあたっては、人々を避難させず、情報をきちんと統制すること」

 福島の事故を顧みれば、事故当初からまさにこの方針が貫かれている。だから、SPEEDIの情報は隠され、関東地方にプルームが襲ったときも屋内退避の指示すらしなかった。そして御用学者に「福島の事故程度では健康被害は起きず、体調不良はストレスによるもの」という発言をさせ、除染することで汚染地に住民を帰還させるというのが政府の方針だ。IAEAが主導し日本政府はそれに従っているということだ。

 また遠藤医師は、最近の国際機関側の人物の以下の発言を紹介している。

「(情報統制のことだが)チェルノブイリは失敗したが、フクシマはうまく行った・・・」

 この発言からも、福島の事故においてはIAEAの方針通りに進められていることが裏付けられる。原子力推進派に不都合な事実は、まず隠蔽されていると思ったほうがいい。

 遠藤医師は元ICRP科学事務局長Jack Valentin博士の以下の告白も紹介している。

「内部被曝による被曝は数百倍も過小評価されている可能性があるため、ICRPモデルを原発事故に使用することはもはやできない。体制側にある放射線防護機関は、チェルノブイリのリスクモデルを見ておらず、誤った評価をしている」(2009)

 内部告発だから信ぴょう性は高い。ICRPも自分たちの理論が正しくなく、著しい過小評価をしていることを分かっているはずだ。しかし、原発を推進するためにはその誤ったモデルを主張し日本国民を騙しつづける必要がある。

 原発事故直後から、福島の事故がチェルノブイリに匹敵する惨事であり被曝による健康被害に警鐘を鳴らす人たちがネット等で発言していた。クリス・バズビー氏然り、アー二―・ガンダーセン氏然り。日本でも矢ヶ崎克馬氏などが被曝の危険性について積極的に発言をしていた。ところが、インターネットが発達して誰もが簡単に情報を手に入れられる時代になったにも関わらず、私たち日本人の多くはこうした警告に耳を傾けることなく、マスコミを通じて政府や原子力関係者、御用学者の垂れ流す情報に洗脳されている。

 さらにネット上では「工作員」と呼ばれるような人たちが跋扈し、原子力推進派に不利な情報の統制に躍起となっている。私自身は、未だに海へ大気へと垂れ流されつづける放射性物質のことを考えると、福島の事故の規模はとっくにチェルノブイリを超えていると思っている。しかも制御不能状態。それを政府は必死に隠しているに違いない。

 故郷に愛着を持つのはごく自然なことであり、誰しもが仕事や故郷を簡単に捨て去る気にはなれない。御用学者達の「大きな健康被害は起きないだろう」という言葉を信じたい気持ちになるのは分からなくもない。しかし、原子力推進派はこうした住民の気持ちを利用し、彼らを欺いているのだ。

 遠藤医師は、内部被曝のしくみについても最新の研究を紹介して詳しく説明している。もちろん原発推進派はこうしたことも知っているだろうが、無視を貫いている。

 すぐに頭に浮かぶだけでも、遠藤医師のほかに菅谷昭医師、小野俊一医師、西尾正道医師、高岡滋医師、三田茂医師、きむらとも医師、松江寛人医師、安藤御史医師などが原発事故による被ばくの危険性に警鐘を鳴らしている(もちろん他にも同様の主張をしている医師は何人もいるだろう)。片や、原子力推進派を擁護するかのような発言を繰り返している医師もいる。ここに医師としての矜持、姿勢がはっきりと表れている。

 原発の過酷事故は福島が最後ではない。IAEAはもちろん今後も原発事故があることを想定しているだろう。それでも原発を推進するのだ。自分たちの利益のために。しかし、原発事故のリスクが最も高い国といえば、間違いなく繰り返し大地震・大津波・火山噴火に見舞われてきた日本だ。こんな危険な国である以上、原発は廃止するしかない。

 原爆を落とされ、福島の原発事故を体験した日本国民が原発反対を貫くことをせずして、誰が原発災害という人災を阻止することができるのだろうか。推進派に騙されていてはならないのだ。

 日本では、チェルノブイリの原発事故で被災した子ども達の保養活動が行われていた。そうしたグループが発行した「私たちの涙で雪だるまがとけた」という本がある。ネットでも公開されているので読んでほしいのだが、これが原発事故による健康被害の実態だ。なんの責任もない子ども達がまっさきに犠牲者になる。

私たちの涙で雪だるまが溶けた 子どもたちのチェルノブイリ

原子力推進派に騙されてはならない(その1)


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
国立保健医療科学院がこんなホットパーティクルの解説をしております。ICRP丸出しです。
http://trustrad.sixcore.jp/ndsupport/?record_id=937&mode=index

いろいろいいたいことはあるのですが、つくばで、
「2011年3月14日~15日につくば市の気象研究所敷地内でつくば気象研究所によりサンプリングされ測定されたデータでは、1m3あたり約10個の放射性粒子が存在していたことが示唆されています。一日の呼吸量を20m3とすると、一日に吸入摂取する放射性セシウムを含む微粒子の数は、200個となります。 」
ということは、最初の数日間で一人あたり1000個近くになるかもしれません。
でもって、
「ベータ線核種でのホットパーティクルでは、そもそも、この仮説の肯定や否定に役立つデータがないようです。ホット・パーティクルの方がリスクが小さいことは証明されていませんが、ホットパーティクルの方がリスクが大きいことも証明されていません」

証明されてなければ安全だと言いたげです。しかもウランが含まれてることは伏せてます。

伏せていながら、

東京理科大学によるプレスリリース資料(SPring8の広報担当部署による)

ウランを含む原発事故由来のガラス状の大気粉塵がつくばにまで飛来 -放射光マイクロビームX線を用いた複合X線分析- (プレスリリース)(2014年08月08日)

と載せておりますから、頭隠して尻隠さずなのですが、セシウムとの割合から少量なので安全だとコメントするのではないでしょうか。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月05日 06:45
大分県南部人間さん

再度コメントありがとうございました。
国はこぞって福島の原発事故による被ばくを過小評価したいようですね。
遠藤医師の指摘こそ広めなければならないと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月05日 11:44
松田まゆみ様

遠藤先生の動画もじっくり見させていただきます。

おいしんぼの問題のころに書かれたブログで

放射性PM2.5としての原発フォールアウトを考える
http://d.hatena.ne.jp/sivad/20140528/p1

を読ませていただいたのですが、

「ICRPに代表される被曝影響のモデルは、不溶性粒子やマクロファージに関するこのような知見に追いついておらず、その動態を反映できていません。不溶性粒子は吸収されないか、いずれ排出されるので問題なし、としているわけです。「想定外」というやつですね。」

最新医学は無視して昔の実験結果をやたら持ち出すのがICRPですので、いろいろ攻めどころはあるはずなのですが、お医者さんたちに頑張っていただきたいです。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月06日 08:36
大分県南部人間さん

ご紹介のあったサイトで書かれている炎症の仕組みはとても重要な指摘だと思います。鼻血だけではなく下痢なども似たようなメカニズムなのではないでしょうか。それにも関わらず、ICRPを持ち出して「鼻血はありえない」と主張する人が後を絶ちません。

この記事で紹介しているさつきさんのブログ「科学と認識」は私も参考にしています。特に、「天然放射能と人工放射能は違う」という連載記事では、人工放射能が微粒子(ホットパーティクル)を形成することについて解説をしており、ホットパーティクルの問題を考える際の基本になる重要なものです。
http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/40056502.html
http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/40061480.html
http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/40073575.html

こうした指摘があるのに、御用学者は無視ですね。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月06日 10:23
松田まゆみ様
事故直後にプルトニウムは遠くに飛ばないと言っていた方
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/600/76453.html

放医研のえらい人のようですが

http://www.jrias.or.jp/books/201307_TRACER_OGHISO.pdf

けっこう迷っている感じです。かならずしもICRP寄りではないです。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月06日 10:33
松田まゆみ様

じつはさつきさんのブログは以前読んでおりました。
とくに
天然放射能と人工放射能は違う(その2:ホットパーティクルの放射能)
の中の
ラジウム"ホットスポット
にこだわってました。

このアスベストの振る舞いと、ホットパーティクルにはかなり共通点があるとにらんでおります。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月06日 10:56
大分県南部人間さん

情報ありがとうございます。
なるほど、そのような方もいるのですね。自分の過去の発言の過ちを決して認めない人も多いですが、認めるという姿勢は評価すべきだと思います。科学者としては当然のことだとは思いますが。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月06日 10:57
国立保健医療科学院は

プルトニウムだとビーグル犬を使った鼻部曝露吸入で、ホットパーティクルで投与した方が逆に肺がんのリスクが小さいとの結果が得られたものがあります(pdf file 2.5MB)

と言ってるのですが、私の英語力ではとても
http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp143-c3.pdf
この中から、見つけ出すのは無理でした。

で、ICRPの方々
https://www.jrias.or.jp/disaster/pdf/20110909-103902.pdf
8ページに1970代の実験と書いてます。化石みたいなことを言っております。

犬だけじゃだめで、ラット、マウスそれから長生きするカメとかも実験対象にしないと無理でしょう。カメには肺がないか。
いやちゃんと肺呼吸でしたね。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月06日 13:18
大分県南部人間さん

いろいろご教示、ありがとうございます。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月06日 13:26
たびたびすみません。
小木曽氏の過去の論文ですが
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/9/3/9_3_221/_pdf

4ページの左上あたり

低いといってもプルトニウムの10分の1から100分の1ですので安心できるわけがありません。難溶性FAP粒子というものがどういうものかわかりませんが、ホットパーティクルと似たようなものなのか?
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月06日 18:24
さつきさんのところにコメントしましたら、事前承認なしでできてしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/satsuki_327/40061480.html

見ていただけるかはわかりませんが、「アスベストの振る舞いと、ホットパーティクルにはかなり共通点がある。」にこだわっていきたいと思っています。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月08日 09:11
大分県南部人間さん

さつきさんのブログは承認制にしていなかったと思います。しばらく更新がないので、お忙しいのかもしれません。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月08日 09:58
そうでしたか。また新記事を期待したいですね。
さつきさんのところでも見たのですが、今回のホットパーティクルのセシウムの量は、ひとつあたり6.5ベクレルということですから、1000個吸引していれば、6500ベクレルも肺に留まることも考えられます。
http://www.hatatomoko.org/matome.new.pdf

福島のみなさんは、下手をすると万単位になる。ウランの比率は確かセシウムの10分の1以下とはいえ、数千ベクレルになるかもしれない。
https://twitter.com/irukatodouro/status/498105379713069056
プルトニウムは発表されませんが、圧力容器の中のものが大気中に放り出されて、固まってガラス状になったのですから当然あります。そんなものが安全なわけがない。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月08日 12:13
大分県南部人間さん

さつきさんは大学の教員かと思われますが、放射線などについてはかなりお詳しいようですので新たな記事を期待したいところです。

原発事故から3年半以上が経過し、懸念されていた子どもの甲状腺がんはやはり相当な数になっているようですし、心筋梗塞などの増加も間違いないでしょう。まさにチェルノブイリと同じようなことが起きているとしか思えません。

福島はもちろんのこと、関東地方にもプルームが到達したわけですから、東北や関東の人たちは呼吸によってかなりのホットパーティクルを取り込んでしまったと言えそうですね。

マスコミはあたかもセシウムだけが問題(しかも基準値以下なら安全)であるかのような論調ですが、ウランやプルトニウム、ストロンチウムなども当然大気や海に出ているわけで、何世代にもわたってさまざまな健康被害が広がっていくと思われます。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月08日 14:40
松田様 ありがとうございます。

さつきさんは、やはり大学の先生でしたか。
ホットパーティクルのことも3年たってやっと小出しにしてきたわけで、1日あたりの吸引量も公式には発表した気配はなく、国立保健医療科学院なんかでこそっと出す始末です。
それと、ほんとは環境基本法や、大気汚染防止法では、ちゃんと放射性物質を扱うようになったのに、環境省の怠慢で具体的にはほとんど事故前と変わっておりません。
こちらがわかりやすいと思います。
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/45dbe5670f7b7781a6308d85a5b24ba8
大気汚染防止法

・第27条(放射性物質適用除外条項)削除。
・第22条3項加入「環境大臣は、環境省令で定めることにより、放射性物質(環境省令で定めるものに限る。第24条第2項において同じ。)による大気の汚染の状況を、常時監視しなければならない」
・第24条2項加入「環境大臣は、環境省令で定めることにより、放射性物質による大気の汚染の状況を、公表しなければならない」

なんでホットパーティクルを対象にしないのだ。と怒ってしまいますが、香港なみのデモしないとこの国の役人はびびらないのだと思います。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月08日 16:31
原子力を手放したくない政府としては、ホットパーティクルによる被ばくのことは無視したいのでしょうね。何しろ、IAEA(もちろん日本政府も)としては放射性物質が飛んできても「人々を避難させない」ようにしなければならないし、「情報を統制」してホットパーティクルによる被ばくを否定あるいは過小評価しなければならないのですから。

今回の原発事故での環境省の対応も、ほんとうにどうしようもありません。いつものことですが(私は自然保護に関わっていますが、環境省は国交省や林野庁にはまったく頭が上がらず、自然破壊を阻止することなどほぼできないのです)、まったくの腰ぬけです。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月08日 20:22
ishtaristさんこと岡田さんにもメールしたりもしましたが、何を聞きたいのかもわからないような内容になってしいました。
私のような凡人ではどうにもならないのかもしれませんが、優秀な頭脳を結集してもらって、なんとか霞が関を変えていってもらいたいですねえ。

私は、ありのままに生きたい蟻でもいい。蟻が象を倒すこともある。と思って微力ながらがんばります。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月09日 13:27
大分県南部人間さん

そうですね。少なくとも諦めて黙っていたのでは何も変わりません。まずは一人ひとりが関心を持って問題を認識し、推進派やマスコミに騙されないようにすること。それから、口コミでもメールでもブログやツイッターでも何でもいいから意思表示して伝えること。そして、妨害や嫌がらせに屈しないこと。

世界を変えるのは「誰か」ではなく自分自身であるというアドラーの考え方に私も賛同します。「自分ひとりが動いたところで、何も変わりはしない」というのは、「動きたくない」ための言い訳なのです。
http://onigumo.sapolog.com/e413943.html
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月09日 14:36
先ほど泉南アスベストの勝訴判決が出ました。
すでに亡くなった原告の方もおり、なんともいいようがありませんが、よく頑張っていただきました。

しかし、こういうことは、読売だって、産経だってちゃんと伝えるのに、なんで原発被害は、報道に差がでるのでしょうか?
どこかの意図に動かされているうちは、民主主義があるとは言えませんね。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月09日 15:52
大分県南部人間さん

最高裁が国の責任を認める判決を出した意味は大きいですね。

これから国は原発被害を隠すことに必死になるでしょう。移住した人たちに相応の補償をしたなら大変な金額になりますし、健康被害も大半は放射能が原因だと特定できませんから、なおさらです。そんな人権無視の政府に加担しているのがマスコミですから、ほんとうに情けないことです。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月09日 20:41
松田まゆみ様 ありがとうございます。

アスベストとは違うとは思うのですが、地道にやっていくしかないのでしょうかね。
アドラー 嫌われる勇気は一回読んだのですが、また熟読してみます。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月10日 06:15
大分県南部人間さん

アスベストとの違いは私にはよく分かりませんが、どちらも人間がつくりだした物質によって健康被害を生じさせるということは同じです。地道に主張していくしかないと思います。し
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月10日 11:00
松田様 ブログを開設しました。
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/

ちょっとこちらのブログを紹介させていただいたところの4文字が青で強調されてしまいあれこれやるけど治らないので連絡が遅れてしまいました。

ブログ初心者ですのでいろいろご指導よろしくお願いします。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月15日 08:51
大分県南部人間さん

ブログのお知らせありがとうございました。また、このブログもご紹介いただきありがとうございます。

充実した内容ですね。多くの人の目に触れることを願いたいです。

ブログも運営会社によって仕様や使い方が様々かと思いますが、いじっているうちに使い方も分かり慣れるのではないかと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月15日 14:42
松田様

ありがとうございます。さっそくトラックバックを失敗したりで、なかなか大変ですねえ。

おいおい慣れていこうと思います。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月16日 09:17
松田様
ツイッターでも拡散いただいてありがとうございます。
私もやるといいのでしょうが、今はブログで手いっぱいの状態です。

なんとか更新ペースを落とさないように頑張ってみます。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年10月17日 08:47
松田様 ご無沙汰しております。
遠藤医師も共同執筆者になっておられるのでこちらの記事にコメントさせていただきました。

福島原発事故により放出された放射性微粒子の危険性
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-g6vjvc7r6wit4cx2kxaxjggqma-1001&uniqid=8c2cb368-f11e-42c0-8cdf-73e3fe368e76&viewtype=detail

ホットパーティクルに関する本格論文が完成しました。
大々的に拡散していかねばなりません。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年11月23日 07:14
大分県南部人間さん

お知らせありがとうございました。ざっと目を通しましたが、非常に重要な論文ですね。拡散させねばと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年11月23日 10:50
松田様

拡散ありがとうございました。大変多くの皆さんがアクセスいただいております。

本格的な論文ではありますが、文字も大きめで見やすく、とくに東京周辺の皆さんには重要な警告になっております。
Posted by 大分県南部人間 at 2014年11月24日 09:05
大分県南部人間さん

私もブログで取り上げようと思います。情報ありがとうございました。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年11月24日 09:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
原子力推進派に騙されてはならない(その2)
    コメント(30)