さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 環境問題 › メディア › LEDによる健康被害を報じないマスコミの罪

2014年10月09日

LEDによる健康被害を報じないマスコミの罪

 日本人3人がLEDの開発でノーベル物理学賞を受賞したことをマスコミは華々しく報じた。それらの報道は、LEDは省エネにつながるとして大歓迎の一辺倒だ。6月にLEDによる健康被害について記事を書いたが、今回のノーベル賞受賞に際し、マスコミはLEDによる健康被害に関しては一切報じない。

利便性追及は人類を滅ぼす

 省エネはたしかに評価すべきことだし、LEDの発見や技術開発そのものを否定するつもりはない。しかし、デメリットをまったく報じずに賞賛しかしなければ、LEDはますます推奨されて普及し健康被害がじわじわと広がっていくことになりかねない。

 携帯電話の電磁波問題もマスコミはほとんど報じないが、まったく同じ構図がある。いまやいたるところに携帯電話の基地局があり、電磁波に過敏な人たちは平穏に暮らせる場所を奪われている。子どもも当たり前のように携帯電話やスマホを持つ時代だが、今後の健康被害のことを考えるとこのままではとても危険だとしか思えない。

 ほかにも太陽光発電による健康被害が気になる。太陽光発電の場合、ソーラーパネル自体が電磁波を出すということではないのだが、直流から交流に変換するパワーコンディショナーが電磁波を出す。体質にもよるのだろうが、太陽光発電で健康被害を訴えている人がいる。

太陽光発電で健康被害 (化学物質過敏症支援センター)

 太陽光発電は、電磁波以外にもさまざまな問題を抱えている。以下の記事に問題点が具体的に説明されているが、ちっともクリーンではない。

危ない太陽光発電 (野菜とお花の自然栽培日記)

 また、オール電化住宅もかなり問題がある。

エコキュート記事、その1(動画のある部分) (安心・安全・信頼を探して(電磁波問題))
エコキュート記事、その2(文字とリンクのみの部分) (安心・安全・信頼を探して(電磁波問題))
エコキュートの低周波音被害~それは耳に聞こえない音による被害~ (安心・安全・信頼を探して(電磁波問題))

 科学技術の発展とともに私たちの暮らしはたしかに便利になった。しかし、それと同時に電磁波や化学物質に次々と晒されるようになったのだ。今の人々は、一昔前とは比べ物にならないくらい大量の電磁波を浴びているのだろう。今は大丈夫と思っても、いつ自分や家族の身に健康被害がふりかかってくるか分からない。原発事故による放射能被害も深刻な問題だが、だからといって省エネ製品や自然エネルギーなら問題ないというわけでは決してない。

 マスコミがLED・携帯電話・太陽光発電などによる健康被害や環境問題をなおざりにしてメリットしか報じないことに、危うさを感じざるを得ない。

【追記】
 電磁波問題を追及されているジャーナリストの黒薮哲哉氏も同様の記事を書かれていることに気づいたので、紹介しておきたい。

LEDのリスクを提起する視点が欠落、ノーベル物理学賞をめぐるマスコミ報道の盲点(MEDIS KOKUSYO)

 黒薮さんの記事には具体的な研究例が紹介されているので、それらの記事をこちらにも示しておきたい。ブルーカットメガネの効果についても書かれている。

ブルーライトを発するLED発光ダイオード)が目に影響を及ぼすメカニズムを解明 (岐阜薬科大学)
ブルーライトが忍び寄る(前編)  (大森医師会)
ブルーライトが忍び寄る(後編)  (大森医師会)
眼の専門家に聞く、LEDディスプレイから出る「ブルーライト」は何が悪い? (誠Style)

      



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(環境問題)の記事画像
黒木さんの水質検査で確認された有害物質は何に起因するのか? その2
問題だらけの地熱発電
大雪山の冴えない紅葉
とかち・市民「環境交流会」の発表を聞いて
「とかち・市民『環境交流会』」の矛盾
銭函海岸の風力発電計画を考える(その9)
同じカテゴリー(環境問題)の記事
 化学物質過敏症は炭鉱のカナリア (2017-04-30 10:58)
 温暖化の脅威 (2016-01-23 22:16)
 フェロニッケルスラグ微粉末の有害性をめぐって(追記あり) (2015-12-06 11:47)
 黒木睦子さんの裁判の判決について思うこと (2015-10-15 10:44)
 黒木さんの水質検査で確認された有害物質は何に起因するのか? その2 (2015-09-02 17:10)
 言いがかりとしか思えないIWJへの削除要請 (2015-08-11 16:35)

この記事へのコメント
文明の利器を全て肯定しようとは思いません。

しかし、ブルーライトは太陽光の方が多い
http://www.olympusmicro.com/primer/lightandcolor/lightsourcesintro.html
ブルーライトが悪いものであれば
太陽の下にいるだけで目が悪くなる
直接見なくても反射光だけでPCの
モニタより光は強い
ちなみに光は電磁波の一種です。

ブルーライトカットのメガネが出たため
ブルーライトが全て悪いものだという
世間の思い込みがあります。

PCメガネは昼間はかけずにブルーライトを
健全に浴び、夜間作業する人はPCメガネを
かけてブルーライトをカットしてという
ために作られているものです。
夜間も光を浴びるとライフサイクルが崩れます。

それとLEDの電波障害のリンクが古い
今は原因もわかり対応されています。
https://www.jarl.org/Japanese/7_Technical/clean-env/lamp.htm
Posted by きぃたん at 2014年10月09日 18:15
きぃたんさん

太陽の下にいるだけで目が悪くなるのなら、人類は太古から目が悪くなっていることになりますが、そんなことはありません。あなたの主張は天然のカリウムで被ばくしているから人工放射能による被ばくも問題ないと主張する御用学者と変わりません。

また、あなたのリンクされた記事はLEDの健康被害に言及しているものではなく、テレビやラジオ等の受信障害に関することです。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月09日 20:43
 LED電磁波問題については対策品も研究されているようですね。
御参考までに

LED照明器具からの電磁波健康障害の波紋
http://blog.livedoor.jp/masashirou3/archives/2044831.html

日経の紙面から
サンワイズ、交流のまま使えるLED、直流に変換不要、3割省エネ
https://messe.nikkei.co.jp/ld/news/124224.html
Posted by うぃろうぷれいす at 2014年10月11日 19:34
うぃろうぷれいすさん

情報ありがとうございました。やはり欧米では日本より一足先にLEDの電磁波問題が指摘されていたのですね。

電波障害や健康被害が顕在化してくれば購入者が減るでしょうから、メーカーはその対策を取らざるを得なくなるでしょう。

ただ、携帯電話でもイヤホンマイクなどの使用で電磁波の影響を軽減させることができるにも関わらす、日本では使用している人は少数です。マスコミは負の問題をほとんど報じないし、メーカーも健康被害を過小評価しがちです。LEDでもそういうことにならないように願いたいものです。

また、対策が取られるようになったとしても、負の部分がまったくなくなるとも思えません。科学技術ばかりに頼るというのではなく、私たちの生活の仕方を見直すことも大事だと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月11日 20:46
健康云々については嗜好なので人それぞれだとも思いますが、私は気にしすぎはどんなものかと考えてます。
しょせん70年、80年程度で寿命がきます。
あれは悪いこれも良くないと、気にしすぎて健康に良いなどと流布されているものに平均以上にお金を使うのは、、まぁ嗜好ですからね。
私は低所得ですから、平均以上にお金を使うのなら趣味や交友関係を広げたり、知恵知識を身につけてみたり、、悩んでも40年。笑っても40年悩んだり怒ったりしないで過ごしたいです。
Posted by だんぢーパパ at 2014年10月12日 19:39
だんぢーパパさん

私がここで言いたいのは、嗜好の問題ではありません。電気製品の電磁波にしても原発事故による放射能にしても、あるいは農薬などの化学物質にしても、もともと自然界になかったものを人間がつくりだし、それが実際に健康被害を引き起こしたり環境汚染をしているという事実をどう捉えるのかという問題です。加害者がいるわけですし、私たちの世代の責任問題です。

子や孫の世代、あるいは人類の生存にまで関わる問題であり、個人の嗜好というレベルのことではないと私は思いますが。「自分は気にしないから関係ない」という考えであるなら、自己中としか思えません。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2014年10月12日 20:30
こんにちは。LEDの健康被害を調べていて、ここに来ました。

私はLED照明の下に行くと、頭痛がしたり、どんどん寒くなって冷えてきて気分が悪くなったりします。
またLED照明のお店が増えてきていますが、LEDのスポットライトだったり照明自体がLEDだったりするお店に置いてある野菜の質も変わってしまっていてレタスなど味もしなくて、触感もゴムのようになって色も変わってしまっていたりという経験をしました。
感じる感じない以前にLEDの質が身体面でも野菜など食べ物などまたいろいろなものに影響を及ぼしているようです。

よかったらLEDについていろいろ書かれているので参考にされてみてください。

「LED感染(1)」
http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/led.htm
「LED感染(2)」
http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/led2.htm
「大豆の観察」
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/ck.me/newpage10.html

私も未来に負の遺産を残してはいけないと思っています。
Posted by けいこ at 2016年03月07日 22:02
けいこさん

情報ありがとうございました。とくに大豆の発芽実験には驚きました。

今では電気店の照明コーナーがLED照明で埋め尽くされていて、私はあれを見るたびにぞっとします。

農業などでもLED照明で野菜を育てているところもあるようで、とても気になっています。電磁波問題とともに広めていかなければならない問題ですね。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年03月08日 07:02
その通りです、私のfacebookでも松田さんの文章を紹介させて貰いました。
私は神奈川ですが、毎月帯広にも入っております♫
一度お会いするチャンスがあると良いのですが(^o^)/


https://www.facebook.com/matsumoto.hiroshi.14?ref=tn_tnmn
Posted by シュートンサック・広志 松本 at 2016年05月05日 00:35
松本さん

フェイスブックでの紹介、ありがとうございました。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年05月05日 07:36
LEDの普及が進む中、農産物や植物にもLEDの影響が広がっています。街路樹が大変なことになっていたり、野菜や果物がこれまでにない状態のものによく出会うようになっています。そしてLED照明にあたる水がその質を変えてしまい、そこかしこで、信じられない状況が起こっています。いくつもの家のブロック塀の変色や溶け、錆びた鉄の姿など見られたりと、コンクリートや鉄などを劣化させています。道路は亀裂が入り、陥没や沈下がみられ、傾く電柱の姿も多く見られるようになってしまいました。雨が降るたびに劣化スピードは加速し、補修された後に雨が降ればまたすぐに劣化が始まる様子も見られます。

参考までにコンクリートや鉄への悪影響が載せられたHPがありますので紹介させていただきます。
「LEDの影響(6)」
http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink6.htm
Posted by aozora at 2017年10月09日 09:37
Aozoraさん

情報ありがとうございます。
LEDがどんどん普及して、電器店では白熱灯や蛍光灯は隅に追いやられていますが、普及させる前にLEDによる健康や環境への影響を確認するのが先決だと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2017年10月09日 14:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
LEDによる健康被害を報じないマスコミの罪
    コメント(12)