さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 雑記帳 › 洗濯機のカビとりは酸素系漂白剤で

2016年03月03日

洗濯機のカビとりは酸素系漂白剤で

 全自動洗濯機のドラムの裏側にはどうしても黒カビがついてしまう。私は今まで市販の洗濯槽用のカビとり剤を使っていたのだけれど、どうもカビがちゃんと落ちていない気がしてならなかった。というのは、カビとり剤を使ったあとで洗濯をしてもカビの破片が洗濯物に付着するのだ。そこで前回は2袋、つまり2回分を投入してみたが、やはりその後も洗濯をするとカビの破片が出てくる。どう考えても、きちんと取れていない。

 切りぬいておかなかったのだが、以前、新聞に酸素系漂白剤で黒カビが取れると書いてあったことを思い出した。そこでインターネットで調べてみると、水10リットルあたりおよそ100グラムの酸素系漂白剤(粉末)を使うと良いらしいことが分かった。わが家の洗濯機だと500~600グラムもの酸素系漂白剤を入れることになる。これはかなりの量だ。市販のカビ取り剤の主成分も酸素系漂白剤なのに使用量がまったく違う。こんなに必要なら、市販のカビとり剤できれいに取れないのも納得がいく。

 そこで、さっそくカビとりを実施してみた。朝、風呂の残り湯を洗濯槽にある程度入れ、それにお湯を足して50度くらいのお湯を高水位まで張る。そこに酸素系漂白剤を600グラムほど投入して5分ほど洗濯槽を回して撹拌する。この段階で黒いカビがどっとでてきて、まず目を丸くした。

 出てきたカビを湯垢すくい(私は手製のものを使ったが、百均でも売っている)ですくいとり、再び撹拌。これを黒カビがほとんど出てこなくなるまで時間をおいて何回か繰り返す。その間にもお湯がどんどん黒っぽくなっていく。私の場合は夕方まで何回か繰り返した。その後、水を抜いてから再び水を溜めて撹拌する。

 このときにも大量のカビが出てきて、ほんとうに驚いてしまった。いったい今までの市販のカビ取り剤は何だったのかと唖然とした。再び湯垢すくいでカビをすくっては撹拌するという作業を何回か繰り返し、最後に洗濯コースを一回運転して終了。

 このカビとり作業で出てきたカビの量から考えるなら、洗濯槽の裏側にはたぶんびっしりとカビが貼りついていたのだろう。かなりぞっとした。

 そのあと洗濯をしたときには、黒カビの破片はほとんど出てこなかった。たぶんきれいに取れたのだと思う。

 ということで、洗濯槽のカビとりは「酸素系漂白剤を水10リットルあたり100グラム」の方が市販のカビ取り剤よりよほど効果的で安価であることが分かった。お試しあれ。


あなたにおススメの記事

タグ :洗濯機カビ

同じカテゴリー(雑記帳)の記事画像
今年の家庭菜園
十二社と熊野神社の思い出
クリスマスディナー
11月の大雪と冬の木々の光景
コンフォートシューズとMBTシューズ
原始が原 五反沼探訪記
同じカテゴリー(雑記帳)の記事
 「敏感で傷つきやすい人たち」を読んで実感した自分の過敏気質 (2017-10-02 22:26)
 正しいアドラー心理学って何だろう? (2017-09-20 18:51)
 野田俊作著「アドラー心理学を語る」についての感想 (2017-09-11 11:53)
 忘れさられる関東大震災 (2017-09-01 16:24)
 菅野完氏の民事訴訟について思うこと (2017-08-12 10:27)
 エピジェネティクスから見えてきた貢献感と健康 (2017-08-04 16:11)

Posted by 松田まゆみ at 15:29│Comments(4)雑記帳
この記事へのコメント
>大量のカビが出てきて、ほんとうに驚いてしまった。

 それは驚きですね。何年間くらいお使いになった洗濯機なのでしょう?
Posted by 中尾 at 2016年03月04日 10:32
中尾さん

いつ購入したかはっきり覚えていないのですが、少なくとも15年くらいは使っていると思います。

ときどき専用の洗濯槽クリーナーをつかっても完全にはとれず、さらにカビが付着していったのだと思います。

私は合成洗剤は一切使わず粉せっけんを使っていますが、粉せっけんのほうがカビが発生しやすいようです。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年03月04日 11:36
いつも興味深く拝読しています。

洗濯槽洗いは、下記の製品が良いですよ。
--->> エスケー 「すっきり洗濯槽クリーナー」
酸素系漂白剤と粉せっけんが原料、とのことです。
Amazonでは2回ぶん入ったものが851円なので、少々割高ですが。

うちでは、季節ごとにこれで洗っていますので、今では殆どカビ?や水垢?は出なくなりました。なお、普段の洗濯洗剤には、熊本の地の塩社の「アルカリウオッシュ(セスキ炭酸ソーダ)」を使用しています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%B1%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E7%9F%B3%E9%B9%B8-485970-%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E6%B4%97%E6%BF%AF%E6%A7%BD%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-500g%C3%972%E8%A2%8B%E5%85%A5/dp/B002N417EO/ref=sr_1_1?s=hpc&ie=UTF8&qid=1457219123&sr=1-1&keywords=%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%80%80%E6%B4%97%E6%BF%AF%E5%B1%A4%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC
Posted by トヨタ自動車の宮田 at 2016年03月06日 08:19
宮田さん

情報ありがとうございました。
洗濯槽クリーナーも商品によって効果はさまざまなようですね。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年03月06日 13:40
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
洗濯機のカビとりは酸素系漂白剤で
    コメント(4)