さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 雑記帳 › 競争の弊害

2016年08月20日

競争の弊害

 私はスポーツにはとんと興味がないし、オリンピックも関心がない。オリンピックがすでに商業主義になっていることもあるが、メダルや勝敗にばかりこだわることにどこかうんざりとした気持ちがある。テレビも見ていないからどうでもいいといえばそうなのだけれど、新聞は毎日、トップでオリンピックでの選手の活躍ばかり伝えているので、興味がなくても目にはいってくる。

 そんな中で飛び込んできたのが、レスリングで銀メダルをとった吉田沙保里選手が「金メダルが取れなくて、ごめんなさい」と泣いて謝る痛々しい姿。彼女の謝罪には、日本の代表として競技に臨む選手の重圧がそのまま現れている。彼女の謝罪に違和感を覚えた人は多いと思うが、こうした無言の圧力こそ無用なものだし、私がスポーツに関心を持てない理由のひとつだ。

 吉田選手は謝る必要などまったくない。彼女は日本のためにレスリングをやっているわけではないし、彼女を応援している人のためにやっているわけでもない。最善を尽くしたのだからそれでいいではないか。今回は金メダルをとれなかったが、次もダメだとは限らないのだし、自分の期待がかなわなかったからといって他人がとやかくいうことではない。王者といわれる実力の人でも、永遠に王者でいることはできないし、いつかは後進に道を譲らねばならない。第三者が勝手に期待をかけてしまうこと自体が間違いだと言わざるをえない。

 日本では、中学や高校の部活動においても勝敗にこだわる教育がなされている。とにかく勝つことが目的になっている感がある。これは何もスポーツに限らない。文化系の部活でも、コンクール、コンテストなどで競うことは少なくない。もちろん、試合において勝利を目指すことを否定はしないのだけれど、なぜそこまで競い、勝敗は順位に拘るのかと、私は不思議でならない。

 たとえば写真甲子園という高校生の写真選手権大会がある。新聞に掲載された入選写真を見ていつも思うのは、結局「選ばれること」を意識した写真になってしまうということだ。はじめから入選を意識するので、「撮りたい写真」ではなく審査員の目を意識した「入選するための写真」を撮ることに必死になる。写真のような芸術は、本来、評価されるために撮るものではないし競うものではないと思うのだけれど、なぜそこまで競いたいのか私には理解しがたい。

 勝敗にこだわり、子ども達を追いたてれば無言の圧力になってしまうし、ときに本来の目的や楽しさから外れ、他者の期待を満たすことが目的になりかねない。競争も圧力もマイナス効果しか生まないと思う。



同じカテゴリー(雑記帳)の記事画像
十二社と熊野神社の思い出
クリスマスディナー
11月の大雪と冬の木々の光景
コンフォートシューズとMBTシューズ
原始が原 五反沼探訪記
久々の登山で緑岳へ
同じカテゴリー(雑記帳)の記事
 誤解される「嫌われる勇気」 (2017-02-09 17:05)
 野田俊作さんの岸見一郎さん批判に思う (2017-01-31 22:41)
 石城謙吉さんの環境問題講演集「自然は誰のものか」 (2017-01-29 15:46)
 年の暮れに (2016-12-31 07:01)
 アドラーのトラウマ否定論について思うこと (2016-10-25 10:24)
 断捨離 (2016-09-23 16:12)

Posted by 松田まゆみ at 15:24│Comments(2)雑記帳
この記事へのコメント
‎@onigumoobasanさんのツイート、米山さん当確。ひさびさに、ほっとする選挙結果。

ほんまに!
ひさびさに、ほっと一息、同感です。
Posted by izukun と改名しました。 at 2016年10月17日 09:53
izukunさん、こんにちは。

新潟は何しろかつて事故を起こした東電の柏崎苅羽原発がありますからね。福島の事故原因もうやむやで、事故の収束のめどすらたっていないのに、柏崎苅羽原発が再稼働なんてことになったらえらいこった!と思う県民が多いのでしょう。まずはほっとしました。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年10月17日 15:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
競争の弊害
    コメント(2)