さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 政治・社会 › 山本太郎氏への疑問

2019年09月23日

山本太郎氏への疑問

 山本太郎氏が4月にれいわ新選組(以下、れ新と略す)を立ち上げてから、私はずっと彼に対して釈然としない気持ち悪さを抱いてきた。そして彼はメサイアコンプレックスではないかという疑問が日に日に強まってきた。

 メサイアコンプレックス(以下メサコンと略す)については以前も記事にしたが、ここで書いた事例はあくまでもごく一般の人のことでありいわゆる広義のメサコンのことだ。このような一般の人に関しては、日常生活において距離をおくことでトラブルを回避することができる。

 これに対し、狭義のメサコンというのは、個人が救世主(メサイア)になることを運命づけられているという信念を抱く心理状態のことを指す。そのために他者を助ける行動をするのだが、それは優しさや思いやりからの行動ではなく、自分を満たすためという隠れた目的がある。人を助けることによって自分の価値を見出し、自分を満たそうとするのだ。メサコンの人助けは偽善といっていい。以下参照。

偽善者の心理「メサイアコンプレックス」って知ってる?

 れ新の代表である山本太郎氏はこの狭義のメサコンではないかと私は疑っている。私は精神科医ではないので彼がメサコンだと断定することはできない。しかし、彼の言動には、メサコンを感じさせるものが多数ある。山本太郎氏は自分のことを疑ってくれと言っているが、その言葉どおり私は彼について大いに疑っている。ここでは、私が山本太郎氏をメサコンだと疑う理由とその問題点について指摘しておきたい。

 今は消えてしまったようだが、れ新がホームページを立ち上げた当時、「あなたを幸せにしたいんだ!」とか「本物の好景気を見せてやる」といったキャッチコピーが大きく掲載されていた。前者はれ新の政策が実現できればあなたを幸せにできる、と謳っているのだろう。後者もれ新の財政政策を実現できれば本物の好景気が訪れみんなを幸福にできるという主張のように読み取れる。つまり、自分が政権をとれば困っている人を救済して幸せにできるのだと言っているに等しい。まさに救世主の思考そのものだ。

 そもそも「幸せ」というのは他人が与えるものではないし、まして政治家が国民に与えるものでもない。幸福感とは個人個人の生き方、物事の捉え方の問題であり、金銭的に恵まれていても幸福感を持てない人がいる一方で、貧しくても幸福な人もいる。それが分かっている人なら「あなたを幸せにしたいんだ」などというセリフは決して出てこないだろう。「あなたのために」というのはメサコンの特徴だ。

 れ新の政策の一つに奨学金チャラというのがあるが、彼は街頭演説で奨学金を借りている若者たちに「ごめんね」と謝っている。若者が多額の奨学金を借りて返済に苦労しているのは事実であっても、それは山本氏の責任ではないのだから彼が謝るのはおかしな話だ。しかし、こうやって謝り奨学金チャラを訴えることは、今は自分の力が足りないから苦しい思いをさせているけれど自分が政権をとったら奨学金をチャラにして助けてあげる、と言っているに等しい。これも救世主願望からくる発言に思える。

 れ新のホームページに掲載されている政策を見ると、経済的弱者救済のためのバラマキ政策が上位に掲げられている。ページの頭には「れいわ新選組は、ロスジェネを含む、全ての人々の暮らしを底上げします!」と書かれており、ここでも人々の救済を目玉にしている。

 そしてその政策を実現するのが「薔薇マークキャンペーン」と同じ発想のバラマキ政策だ。山本氏は薔薇マークキャンペーンの代表である松尾匡氏の「この経済政策が民主主義を救う」を読んで感銘し松尾氏に弟子入りを志願したそうだが、松尾氏の理論なら彼が望む「全ての人の暮らしを底上げ」する救済政策が可能だ。だからこそ、これに飛びついたように私には思えてならない。つまり、他の専門家の意見を聞くなどして松尾氏の経済政策を吟味することなく、救世主になるという目的を叶えられる理論に熱中し傾倒してしまったように見える。

 れ新は7月の参院選で重度の難病と障害者のお二人を特定枠を利用して当選させた。難病や障害者の方が国会議員になること自体は否定しない。しかし、彼の場合は自分が落選してもこのような方たちを優先的に国会に送ることで自分が称賛され評価されることまで計算していたのではないかと思えてならない。承認欲求の強いメサコンは、自分が称賛されることで欲求が満たされるので、評価されるための行動をとる。実際、こうしたやり方は注目を浴び、彼を持ち上げた人は多い。

 彼がメサコンではないかと思う理由は他にもある。彼は野党共闘の条件として「消費税5%」を掲げている。先日、日本共産党の志位氏とれ新の山本氏が野党連合政権について合意を交わした。そこでの合意事項は以下である(れ新のホームページより)。

一、野党連合政権をつくるために協力する。
野党と「市民連合」との13項目の政策合意を土台とする。
一、安倍政権が進めようとしている9条改憲に反対する。
一、消費税については以下の点で協力していく。
1、消費税10%増税の中止を最後まで求める。
2、消費税廃止を目標とする。
3、廃止にむかう道筋、財源などについて協議していく。
4、消費税問題での野党共闘の発展のために努力する。

 この合意事項を読む限り、「消費税については野党と市民連合の8%で凍結(10%阻止)を土台とした上で、野党連合政権のために協力する」、ということで合意したと理解できる。つまり10%になる前の段階ではそれを阻止するために協力するが、10%に増税された後のことは決まっていないので、野党共闘を目標に話し合いで一致点を見出す努力をするということだ。

 ところが、彼は野党で共闘の話し合いをする前に「野党が塊になり、消費税を5%に下げることで一緒に戦えるなら、れいわ新選組は捨て石にもなるつもりだ。ただ、これは他の野党の考えもあることで、かなうかはわからない。そうならない場合は単独でやるしかなく、仁義なき戦いが繰り広げられる。」と言い出して合意を反故にしたのだ。(「消費税5%で野党共闘なら捨て石にも」山本太郎氏

 公党同士の約束を簡単に破り、自分勝手な条件を掲げて、他の野党がそれに従わなければ対抗馬を立てると言っているのだ。地道な合意形成のための努力をしようとせず競争的・闘争的な性格であることがよく分かるが、こうした自己中心性もメサコンの特徴だ。共産党は、消費税減税・廃止のために利用されたといっても過言ではない。メサコンの人は自分の目的や利益のために他者を利用する。さらに、独自路線をとりたがる姿勢には、自分の支持者や所属議員を増やして単独政権をとりたいという野望が見え隠れする。一刻も早く権力を握って救世主になりたいという願望が強いことの表れではなかろうか。

 過干渉の親など、メサコンの人は多い。また、単なる一議員であるならそれほど問題は生じないかもしれない。しかし、狭義のメサコンの人が権力を握ったら私はかなり危機的なことになるのではないかと危惧している。

 なぜなら、メサコンは救世主妄想だからだ。妄想というのは訂正のきかない思い込みのことを言うが、自分が救世主になるなどということ自体が妄想そのものだ。ところが本人は正義だと思い込んでいるゆえに他人の助言など聞く耳を持たない。よく考えれば分かるはずだが、れ新の掲げる政策は政権をとったらすぐに実行できるようなものではなく、もし「すぐに実現できる」と思っているのならそれも妄想だろう。妄想で自分勝手な政治などされたらたまったものではない。彼は総理大臣を目指しているようだが、野党第一党でもない弱小政党の党首がそんなことを平然と言ってのけることも妄想状態にあるからではなかろうか。

 メサコンは自己中心的で他者を支配したがる傲慢な性格なので、もし政権をとるようなことになれば独裁政権になる可能性が高い。そして、「国民のため」「弱者のため」といって自分の主張や政策を押し付けようとする。他者を利用することばかり考えているのでトラブルを起こし、まわりの人を巻き込んでいく。競争的・闘争的なのでトラブルが生じても民主的な解決をしようとしない。リーダーとしての資質に欠けるというより、リーダーにしてはいけないタイプだと思う。

 私はれ新という政党自体がかなり独裁体制になるのではないかと思っている。現に、れ新はホームページに規約や綱領を掲げておらず、代表や役員の選出方法や任期など全く分からない。民主的な政党であれば、政党を立ち上げたら速やかに規約や綱領を作成し公表するのではないかと思う。しかし山本氏は規約を公表することもなく全国行脚に出かけてしまった。来る衆院選に向けて、支持者を増やし候補者を探したいという欲望が見え見えだ。

 ちなみに、以下によると、ヒトラーはメサコンであったという分析もあるそうだ。

第二次世界大戦中のヒトラーの精神分析に関する機密文書が発見された

 ヒトラーが被害妄想によってメサコンに陥り、ユダヤ人こそ悪だと考えて大虐殺を実行したというのは、あり得なくはないと思う。もちろん山本氏がヒトラーのようになるなどと言うつもりはないが、政権を握れば独裁的にはなるだろう。

 このように、彼がメサコンだと仮定すれば、今までの彼の言動はすべて納得がいく。山本氏をカリスマなどと持ち上げる人がいるが、私から見たらカリスマなどではなく、肥大した救世主妄想としか思えない。彼がメサコンであるのなら、彼を支持したり評価することは彼の優越感を満たすことになり、彼に利用されていることになる。彼にとっては思う壺ということだ。

 弱者を救うことを強調した演説に感動して支持し応援したものの、その人物が偽善者であれば騙されて大変な目にあうのは私たち国民である。とりわけ財政政策に失敗したなら財政破綻という最悪の事態にもなりかねない。まあ、彼の総理大臣願望は妄想だろうし実現することはないと思うが、野党がかき回され与党を利することになりかねないのは大きな懸念だ。

 私の疑いが当たっているかどうかは分からない。しかし、「世のため人のため」と言う人の中には救世主妄想を持っている人が存在すること、そしてそのような人物を権力者にしてはいけないことは頭に入れておくべきだと思う。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(政治・社会)の記事画像
辺見庸氏の「1★9★3★7」インタビュードタキャンと日本共産党批判
札幌合同庁舎に設置された大仰なゲート
漁港と生態系
どこにテロリストが?
誰が望んで設置したの?
驚いた道庁の派手な広告
同じカテゴリー(政治・社会)の記事
 野党共闘では消費税は棚上げに (2019-10-09 10:04)
 消費税減税・廃止論への疑問 (2019-08-18 16:18)
 奨学金はどうあるべきか (2019-07-06 09:52)
 消費税減税・廃止は新自由主義と親和的 (2019-06-19 21:06)
 川崎市での殺傷事件について思うこと (2019-05-30 21:19)
 消費税議論で考えてほしいこと (2019-04-21 11:35)

この記事へのコメント
松田まゆみ様。

私は、精神科医です。

山本太郎さんは、そんな、メサコンなんかでは、絶対ないと、私は、100%、確信しています。

細かい理由は、書きませんが。

彼には、権力欲など、カケラも、ありません。

彼が、独裁者になったら、私は、腹を切って死んでみせます。

彼は、正真正銘の、純粋な人間です。

他の人も、こういう、コメントをしてくると思います。

松田さんは、自分に異論を唱える、コメントは、無視するのでしょうか?

ちょっと、あまりにも、看過できなくて、失礼なコメントを書いてしまいました。

申し訳ありません。

心より、お詫び申し上げます。
Posted by α=ピーマン頭 at 2019年09月24日 08:01
αさんこんにちは。

私はあなたが精神科医であるかどうか確認する術がありませんので、いくらご自分でそう言っても信用はできません。しかも細かい理由は書かないと言われるのですから、なおさらです。精神科医がメサコンではないと主張されるのなら、是非、その理由を示していただきたいと思います。

あなたが山本氏をメサコンではないと考えるのはご自由ですし、私はそれに対して別に反論するつもりもありません。これは個人個人が山本氏の言動をどう見るかということですから人それぞれでしょう。おそらく山本氏の支持者の多くは、あなたと同じように「本物」だと思っているのでしょう。私はそういう人たちの考えを変えたいなどとは思っていません。ただ、メサコンについて知らない人も多いでしょうから、「知っておいたほうがいいよ」ということです。

>松田さんは、自分に異論を唱える、コメントは、無視するのでしょうか?
批判コメントも受け付けています。ただし、異なる意見があるということ自体を認めようとしなかったり(事実誤認の指摘ならともかく、「意見」や「考え」であるにも関わらず、間違いだと断定して非難たり)、見下したり小馬鹿にするようなコメントは対話が成り立たないと判断して承認しないことがあります。そのような方は対話を求めているのではなく、ただ相手を言い負かしたいだけですので。また、明らかに言いがかり、挑発、嫌がらせと判断できるコメントも同様です。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2019年09月24日 09:46
松田まゆみ様

ちょっと疑問があるのですが。

山本太郎氏は、三橋貴明氏の主張する、MMTに、かぶれて、三橋貴明氏と、全く同じ主張をしています。

世の経済学者たちは、MMTを、胡散臭い目でみていますが、MMT、や、三橋貴明の主張を、はっきりと、否定する経済学者も、肯定する経済学者も、いません。

いるのなら教えて頂きたい。

MMT、や、三橋貴明の主張は未知数だからです。

経済学者たちは、既存の経済学は、使い尽くして、どうしたらいいか、困っています。

元財務官僚の前川喜平氏、作家の島田雅彦氏、東大の経済学の教授の安冨歩氏、(その他にも、多くいますが)、などは、山本太郎氏を応援しています。

彼らは、山本太郎氏とは中立の立場です。

彼らは、偽善者、メサコン、自己中心的で他者を支配したがる傲慢な性格の、独裁者になる可能性のある人間、を、はたして応援するでしょうか?

それとも彼らの目は、節穴でしょうか?

それとも、彼らは、偽善者、メサコン、独裁者になる可能性のある人間、とわかっていて、山本太郎氏を応援しているのでしょうか?
Posted by α=ピーマン頭 at 2019年09月24日 20:32
αさん

MMTといっても本家のMMTと日本のMMT派が広めているMMTはやや異なるようですが・・・。私の理解では、MMTの理論自体が間違いというより、実際に適用したらリスクが多きすぎるという批判が多いように思います。批判的な経済学者は野口悠紀雄さん、浜矩子さん、池田信夫さんなどいろいろいますよ。結城剛志さんの記事などは参考になると思いますが、URLを張り付けるとコメントが投降できないようなので、ググってください。

山本太郎氏を支持している方たちがなぜ彼を支持するのかは個人個人で理由が異なるでしょうし、私はそこまでは分かりません。ただ、メサイアコンプレックスについては知らない人が多いと思います。メサコンの人は自分がメサコンだとは思っておらず善意であり正義だと信じていますし指摘されても認めませんから、第三者が感じ取るしかないと思います。救世主妄想の人がいるということを知らない人は、そもそも感じ取ることもできないかもしれません。

彼の支持者には、行動力や熱意に惹かれる人もいるのではないでしょうか。山本氏は影響力のある人を訪問しているようですので、彼の熱意にほだされて応援する人もいるのではないかと思います。内田樹さんなどもその口ではないかと。蓮池さんや安富さんなどは山本氏に担がれ説得されてその気になった感じですし。安富さんに対しては、政党と候補者の政策が違っていてもいいとまで言って誘ったとのことです。れ新の候補者は皆さんそんな感じなのではないかと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2019年09月24日 22:44
松田まゆみ様

松田さんの性格からして、大変、言いにくいのですが。

この記事、「山本太郎氏への疑問」、は、「私は、山本太郎氏は、メサコンであると疑っている」、という疑惑が主眼であるように感じられます。

タイトルの「山本太郎氏への疑問」、からしてそうです。

しかし、松田さんのコメントでは、この記事は、「メサコンについて知って知っておいた方がいいよ」、と言うことを伝えたいために書いた、と、「すり替えて」、いるようにしか、感じられません。

安倍晋三の、すり替え答弁と似ていると思います。(失礼)

少なくとも、山本太郎氏は、誰の、どんな質問に対しても、「すり替え」答弁は、一度、たりともしたことがありません。

その点をとっても、山本太郎氏は、誠実だと思います。

山本太郎氏の、最低賃金を、1500円に引き上げる、などの、発言は、私も、現実的に、不可能で、無茶苦茶だと思っていますが、それは、彼が、まだ、利権で固まった日本の政治を変えるのが、いかに大変か、知らないため、と、MMTで、国債を発行すれば出来る、と確信しているからだと思っています。
Posted by α=ピーマン頭 at 2019年09月25日 03:19
αさん

はい。この記事自体は私の主観による山本氏への疑問、疑惑です。私は自分の主観を他者に押し付ける気はありませんので、彼のことをメサコンだとは思わない人にとやかく言うつもりはありません。ただ、彼をメサコンだと思わない人であっても、世の中には救世主妄想という人がおり、そのような人が権力を握れば大変なことになりますよ、ということは知っておいたほうがいいと思っています。これをすり替えとは言わないと思いますが。

>山本太郎氏は、誰の、どんな質問に対しても、「すり替え」答弁は、一度、たりともしたことがありません。

そうでしょうか? すり替えとは言わなくても自分に都合の悪いことは一切言わず(例えば消費税は逆進性が強いといいながら給付付き税額控除などの逆進性対策の話はしません)、出してくるグラフや試算も自分に都合がいいものだけ。試算の数値は根拠も分からないものばかりです。ブレーンの説明をそのまま取り入れているのでしょうけれど、ブレーンが説明しないことは何もしらないのかもしれません。

それに、「消費税は法人税と所得税の減税の穴埋めに使われ、社会保障にはほとんど使われていない」などといういい加減なことを吹聴しています(社会保障費の税収で足りない分は赤字国債で支出されており、その赤字国債返済に消費税収が使われている)。また「共闘が必要」といいながら「仁義なき戦い」をするとか、消費税廃止の財源をMMTと言ったり大企業や富裕層への増税だと言ったり、主張に一貫性がなく支離滅裂です。それから、都合の悪い質問をされるとすり替えてはぐらかすという話も聞いています。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2019年09月25日 09:14
松田まゆみ様

松田さんは、私のことを、それほど、バカ、ではなさそうだし、安倍政権を批判している点では、一致しているから、自分に賛成するコメントをしてくれる可能性もあるだろうから、徹底的に、クソミソに、コキおろすより、適当なことを言って、見方につけておく方が、得策だ、と、判断したのだと、私は、推測しています。
Posted by α=ピーマン頭 at 2019年09月25日 22:29
松田まゆみ様

追伸

もう、このブログは見ませんし、このブログに、コメントすることもしません。

さようなら。

松田さんが、人から、どんどん、見放されないよう祈ります。
Posted by α=ピーマン頭 at 2019年09月26日 00:05
αさん

あなたがどう推測するのかはご自由ですが、あなたの推測は当たっていないということだけは言っておきます。では、どうぞお元気で。このコメントも見てもらえないかもしれませんが。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2019年09月26日 09:25
誰にても、擁護してくれるお方が存在して、まったくありがたいことですわな!
このHNには見覚えがあるのですが、鬼蜘蛛ねえさんのとこの常連さんでしたっけ? 自主退場とのことで、これまたありがたいことです。

さて、脚光を浴びている「NHK国」のあんちゃんの存在は、NHKのあり方に大きな疑問を持つ人びとが全国津々浦々に一定程度必ずいることを示しているだけで、この人物の評価ではないでしょう。(この人、途中からホンキで安倍支持に転向したと自分で表明しています。)

それと同じように、この太郎さんというのがある程度支持される背景には何があるのか、が大いに気になるんですが、いまのところ、よくわかりません。

太郎さんのお考えはどうあろうとも、流れに浮かぶ泡のごとき存在であってほしいものです。
Posted by izukun at 2019年10月03日 09:58
izukunさん

この「さぽろぐ」の前の「チャンネル北国TV」のとき、共同出版や文芸社関係の記事にしばしばコメントをしてきた方です。ある人物(たぶん柴田某氏)による削除要請で私のブログが一時強制的に非公開にされましたが、その削除要請では「記事だけではなくコメントも名誉棄損なので削除せよ」とのことでした。おそらく文芸社に批判的なα氏のコメントも関係していたのではないかと思います。深夜によくコメントしてきて、昼夜逆転生活をされている方ではないかと推察しています。

N国党首も以前からいろいろ批判がありましたが、とんだ人物であることが露呈しましたね。さっさと辞任してほしいです。

太郎氏の支持者は自説に都合のいい試算やグラフをつかった彼の巧みな話術にマインドコントロールされているという状況ではないかと私は見ています。今まで政治に関心がなかった人とか、他の野党に不満を抱いている人たちには、単純化した話法や好戦的な姿勢はそれなりに受けるのではないでしょうか。

私から見たら、立民攻撃をしたり、デマに近いいい加減な言説を振りまいたりで、まるで悪徳商法の勧誘トークに近いと感じますけれど、政治に無関心だった層や他の野党に不満を抱いている層の人には、彼がカリスマのリーダーに見えるのでしょう。

電柱の件、なかなか大変そうですね。でも粘れば何とかなるということもあるかもしれません。頑張ってください。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2019年10月03日 12:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
山本太郎氏への疑問
    コメント(11)