さぽろぐ

日記・一般  |その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛の網の片隅から › 昆虫 › ドロノキハムシとポプラハムシ

2022年08月26日

ドロノキハムシとポプラハムシ

 ドロノキハムシ(Chrysomela populi)というドロノキやヤマナラシなどを食べるハムシがいる。種小名のpopuliは食草であるヤナギ科ヤマナラシ属Populusに由来するのだろう。体長は10mm前後で、頭部や前胸背、脚は黒く、上翅が赤褐色をしており、北海道から九州まで広く分布している。

 ところで、北海道にはドロノキハムシとそっくりのポプラハムシ(Chrysomela tremulae)もいる。こちらも食草はドロノキやポプラ、ヤマナラシなどであり、ドロノキハムシと同じ。種小名のtremulaeは、ヤマナラシの学名Populus tremulaに由来するのだろう。体長も8.5~10mmとドロノキハムシとあまり変わらない。

 それにしてもドロノキハムシの学名がポプラ(Populus属)に因み、ポプラハムシの学名がヤマナラシに因むというのはややこしい。

 ということで、この両者の識別がちょっと難しい。こちらのサイトによると、ポプラハムシの前胸背側縁はほぼ平行であるのに対し、ドロノキハムシは側縁が湾曲することで区別できるとしている。確かに、側縁のカーブが異なるようだ。

 そこで手元の写真の個体を前胸背の形から同定してみたのだが、果たして合っているだろうか・・・。


ドロノキハムシとポプラハムシ
ドロノキハムシ 2021年7月17日 北海道十勝地方

ドロノキハムシとポプラハムシ
ポプラハムシ 2021年7月13日 北海道十勝地方

*もし間違っていたら、コメント欄で教えていただけると幸いです。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(昆虫)の記事画像
ヤホシゴミムシ
ムネアカクロジョウカイ
ミヤマクビアカジョウカイ
ミドリオオキスイ
マルガタゴミムシ属の一種
マメコガネ
同じカテゴリー(昆虫)の記事
 ヤホシゴミムシ (2022-10-03 20:28)
 ムネアカクロジョウカイ (2022-10-01 16:49)
 ミヤマクビアカジョウカイ (2022-09-29 21:16)
 ミドリオオキスイ (2022-09-28 20:30)
 マルガタゴミムシ属の一種 (2022-09-27 21:24)
 マメコガネ (2022-09-25 21:57)

Posted by 松田まゆみ at 20:43│Comments(0)昆虫
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ドロノキハムシとポプラハムシ
    コメント(0)