さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 政治・社会 › 驚いた道庁の派手な広告

2008年02月10日

驚いた道庁の派手な広告

 7日から9日まで、裁判や集会に参加するために札幌に行ってきました。道庁にも用事があり、そこでこんな写真を撮ってきました。このど派手な広告は道庁にあるエレベーターの扉なんです。

 財政難の北海道が、道庁のロビーにコーヒーショップを入れてテナント料を取るということはニュースなどで知っていましたが、実際に道庁に足を踏み入れて「なに、これ?」とびっくりしたのがこのエレベーターの扉。

 並んでいるエレベーターの扉すべてがカラフルな全面広告になっているのです。中にはトヨタのハイブリッドカーの広告まで・・・。

 道庁という公共の場にあまりにも不釣合いな企業広告。こんな広告に違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

 少しでも収入を増やしたいというのはわからなくもありませんが、こんなみっともないことをやる以前に、もっと浪費をなくす努力をすべきでしょうに! 何しろ北海道には無駄な公共事業が山のようにあり、北海道もそれらにかなりの予算を投じているのですから。

 とはいうものの、もちろん建設現場で働く人たちの仕事がなくなってもいいといっているわけではありません。不要な公共事業を止める一方で、労働者に仕事を保障したり職業訓練の場を提供することこそ、国や地方自治体の仕事ではないでしょうか。

 来年の洞爺湖でのサミットを前に、北海道は「環境」を前面に押し出してアピールしていますが、それにしては道庁の暖房は温度設定が高めのようです。ワイシャツ一枚の職員の姿も目に付き、ウォームビズはどこへやら・・・。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(政治・社会)の記事画像
辺見庸氏の「1★9★3★7」インタビュードタキャンと日本共産党批判
札幌合同庁舎に設置された大仰なゲート
漁港と生態系
どこにテロリストが?
誰が望んで設置したの?
同じカテゴリー(政治・社会)の記事
 賠償金の踏み倒しは防げるのか (2017-11-16 10:30)
 日本人は主体性を持つことができるのだろうか?(追記あり) (2017-10-18 10:10)
 希望の党の結成で暗黒時代がやってくる(追記あり) (2017-10-05 11:13)
 菅野完氏の民事訴訟について思うこと (2017-08-12 10:27)
 民主主義が殺された日 (2017-06-15 21:54)
 日本人は自民党が「立憲主義廃絶への一本道」を進んでいることを理解しているのか? (2017-05-24 21:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
驚いた道庁の派手な広告
    コメント(0)