さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 樹木 › 不思議なツルマサキ

2008年03月22日

不思議なツルマサキ

不思議なツルマサキ

 写真の光景、ちょっと不思議だと思いませんか? 遠くから見ると落葉広葉樹林の下に、トドマツなどの針葉樹が生えているかのように見えますが、よくよく見ると針葉樹ではありません。

 これはツルマサキというニシキギ科の常緑広葉樹です。つる性の木本で、気根をもっていて他の樹木によじ登ることができるのです。

 本州では普通に見られるようですが、北海道ではそれほど多くありません。北海道のような寒冷な気候条件のところでは、寒さや乾燥から身を守るために落葉広葉樹や針葉樹が主体となります。このために北海道で生育できる常緑広葉樹はごく限られていていますし、雪の下で越冬するような潅木が多いのです。しかし、このツルマサキは葉を大気にさらしながら寒い冬を乗り切っているようです。

 この写真は、空知地方の国道沿いにあるヤチダモ林です。ここにはヤチダモ林とヤナギ林があるのですが、ツルマサキはヤチダモにばかりついています。どうやらツルマサキはヤチダモとは相性がいいようです。

 ヤチダモは開葉が遅く落葉が早い植物ですから、少しでも長く日光に当たりたいツルマサキにとっては好都合なのかもしれません。ツルマサキも絡みつく相手をちゃんと選んでいるのでしょうか?


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(樹木)の記事画像
日高の秋を彩る赤い木の実
危機に瀕している更別のヤチカンバ
ミズナラの樹上に生えたエゾマツ
大量に飛散したエゾマツ花粉
カラマツの黄葉の微妙なグラデーション
渡島半島の森と植物
同じカテゴリー(樹木)の記事
 日高の秋を彩る赤い木の実 (2013-10-29 14:49)
 興味深いカシワ林更新のしくみ (2013-04-21 20:15)
 危機に瀕している更別のヤチカンバ (2012-11-26 16:56)
 ミズナラの樹上に生えたエゾマツ (2012-10-25 10:35)
 大量に飛散したエゾマツ花粉 (2011-06-16 17:39)
 カラマツの黄葉の微妙なグラデーション (2010-11-09 17:28)

Posted by 松田まゆみ at 14:04│Comments(0)樹木
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不思議なツルマサキ
    コメント(0)