さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › クモ › 春一番のウヅキコモリグモ

2008年03月24日

春一番のウヅキコモリグモ

春一番のウヅキコモリグモ

 今年の十勝地方は、例年より春の訪れが一ヶ月ほど早いような感じです。なんだか雪かきらしい雪かきをしないうちに、春になってしまいました。北海道に来てから28年になりますが、こんな年も初めてです。

 こんな早春に一番よく目立つクモは、ウヅキコモリグモです。空き地や林縁、川原など開けたところを好むこのクモは、雪が融けてポカポカと暖かくなるとどこからともなく湧き出すかのように姿を現します。じっとしていると落葉や枯れ草に紛れて目立たないのですが、人が歩くと足元から飛び出てくるのでその存在に気づきます。

 北海道では多くのクモが小さな子グモで越冬するのですが、ウヅキコモリグモは成体の少し前くらいの状態で越冬するのです。春先にはかなり大きな体になっていますから(といっても7~8㎜くらいでしょうか)、他のクモより目立つのです。

 ウヅキコモリグモのウヅキとは卯月(4月)のことで、本州では4月には成体が見られるところからそのような名前がつけられたようです。でも、北海道では成体になるのはまだ少し先の5月頃です。今の時期は雄も雌も同じような外見をしていますが、雄は成体になると黒っぽく変身します。

 網を張らない徘徊性のクモですが、餌の捕獲を網に頼らないからこそ飛翔性の昆虫の少ない季節でも活動できるのでしょう。もっとも徘徊性といっても積極的に狩りをしているというより待ち伏せ型のようです。そして、このようなクモを狙っている野鳥もいます。

 暖かさにつられて外に出てウヅキコモリグモを見かけると「春がきたな・・・」と、ちょっと嬉しくなります。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(クモ)の記事画像
ゴマダラヒメグモ
マユミテオノグモ
シラカバの幹のムレサラグモとブチエビグモ
2か月生きながらえた麻酔されたクモ
狩り蜂に麻酔されたクモの行方
オニグモに産卵するオニグモヤドリキモグリバエ
同じカテゴリー(クモ)の記事
 ゴマダラヒメグモ (2019-05-25 20:24)
 マユミテオノグモ (2019-05-24 20:21)
 日本産クモ類生態図鑑の紹介 (2018-10-16 09:19)
 シラカバの幹のムレサラグモとブチエビグモ (2018-10-01 21:33)
 2か月生きながらえた麻酔されたクモ (2015-10-03 09:41)
 狩り蜂に麻酔されたクモの行方 (2015-09-08 17:29)

Posted by 松田まゆみ at 10:28│Comments(2)クモ
この記事へのコメント
こんにちは。はじめてお便りします。今年の冬はさほど寒さらしい寒さもない内に終わってしまったような感じです。住まいが伊豆のせいもあるかもしれませんが、この冬は灯油代がかなり浮きました。ところで、ウヅキコモリグモ我が家の庭でも元気に歩き回っています。枯れ芝生の隙間からはスギナや雑草の鮮やかな緑も元気よく顔を出し、これから草取りに忙しくなりそうです。去年は少し草取りをさぼっていましたら、かわいいアマガエルが庭に住みついてくれました。知らないうちにビオトープになっていたようです。草取りをしていると、地中のミミズや何かの幼虫を掘り起こしてしまうことがありますが、土が生きている証拠ですから彼らとの出会いは嬉しいものです。野鳥もしばしば庭先に舞い降りて何かをついばんでおりますが、クモやありんこでも探しているのでしょうか。
Posted by らんだなお at 2008年03月25日 16:47
らんだなお様

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

今年の冬は本州も暖かかったのでしょうか。ウヅキコモリグモも成体が出ているのでしょうね。こちらでも暖かい日がつづいており、若いウヅキコモリがぞろぞろ出てきました。よく見ると、チリコモリグモやエゾコモリグモも混じっています。

以前、モズが川原でコモリグモを狙っているのを観察したことがあります。昆虫があまり多くない季節は、コモリグモも小鳥たちに狙われる危険性が高いのでしょうね。
Posted by 松田まゆみ at 2008年03月25日 17:44
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
春一番のウヅキコモリグモ
    コメント(2)