さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 政治・社会 › 表現の自由の危機

2008年04月05日

表現の自由の危機

 東京と大阪の映画館で「靖国」の上映が相次いで中止されたとのことですが、映画館はどうしちゃったのでしょうか?

 街宣車による抗議活動などで迷惑がかかるとの話がありますが、その対策を考えようともせずいとも簡単に上映中止という判断をしてしまうとは情けないとしかいいようがありません。映画館が「表現の自由」に自ら蓋をしてしまう行為です。こういうときに果敢に立ち向かうことこそ表現を大切にする人たちに求められているのではないでしょうか?

 お客さんへの迷惑を理由に、暴力に抵抗することもなく中止を決め込んでしまうなどということが当たり前になってしまったら、もはや「表現の自由」などはお題目だけということになります。どこの映画館も「右に倣え」というのであれば、あいた口がふさがりません。

 内容が反日的という声もあるようですが、仮にそうだとしてなぜそれがいけないのでしょうか? 日本が外国人の目からどのように捉えられているのかを知ることは、とても意味のあることではありませんか?

 そもそも、この映画の製作には文化庁所管の日本芸術文化振興会から750万円の助成金が出ていることから、自民党の稲田朋美議員が文化庁に要請して国会議員に対して試写会が行われたとして批判されています。手続きを経て出されている助成金に、国会議員が異議を申し立てることこそおかしいのであり、これはまるで国会議員による検閲ではありませんか。こうした議員の行動に、なんだか戦前のような空気を感じてしまいます。

 街宣車が押しかけるような映画なら、なおさら見たくなってしまうのですけれど、そう思うのは私だけではないでしょう。

 とにかく、今回の上映中止事件にはこの国の表現の自由の危機を感じてしまいます。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(政治・社会)の記事画像
辺見庸氏の「1★9★3★7」インタビュードタキャンと日本共産党批判
札幌合同庁舎に設置された大仰なゲート
漁港と生態系
どこにテロリストが?
誰が望んで設置したの?
驚いた道庁の派手な広告
同じカテゴリー(政治・社会)の記事
 山本太郎氏の言動から見える彼の目的 (2020-06-16 21:21)
 資本主義がもたらしたもの (2020-01-17 17:01)
 山本太郎批判は野党を分断し与党を利するのか? (2019-12-18 14:29)
 消費税は大企業と富裕層の優遇目的に導入されたのか? (2019-11-22 11:19)
 野党共闘では消費税は棚上げに (2019-10-09 10:04)
 山本太郎氏への疑問 (2019-09-23 14:20)

この記事へのコメント
松田さん、こんにちは。

全く同感です。

このニュースを聞いて正直驚きました。

映画館は、自分達が「なにかを伝える役目」という社会的責任を放棄し、
興行の為だけの商業主義が優先する下衆な機関に成り下がったと思います。

○○が街宣で妨害しようとも、「表現の自由」「社会的役割」を果たして欲しいものです。
Posted by まっつん at 2008年04月05日 16:59
まっつん様

特定の映画館だけが中止したのではなく、連鎖的に中止になっているようで、それもどうなのかと思ってしまいます。

こんな国もなかなかないのではないでしょうか。なにもかも、後退していくようで末恐ろしいですね。
Posted by 松田まゆみ at 2008年04月06日 21:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
表現の自由の危機
    コメント(2)