さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 昆虫 › 蜜を吸うヒロオビトンボエダシャク

2008年07月30日

蜜を吸うヒロオビトンボエダシャク

蜜を吸うヒロオビトンボエダシャク


 シナノキはミツバチの蜜源になっていてシナ蜜として販売されていますが、蜜を多く出す樹木です。我が家の庭には近縁種のオオバボダイジュがありますが、同様に蜜を多く出すようで、花の時期にはハチやアブなどいろいろな昆虫が訪れています。

 花が多い年には、木の下にいるとブンブンと羽音が聞こえてくるくらいマルハナバチが来ていたこともあります。何日か前のことなのですが、ハチに混じって翅がまだら模様をした蛾が何頭も吸蜜に来ているのに気付きました。

 双眼鏡で見ると腹部がとても長い蛾です。そこで、クモ採集用の竿が伸縮する特大捕虫網で捕獲してみました。子どものころからそうなのですが、気になるとすぐに捕まえて調べたくなる習性があります。

 北隆館の図館を持ち出して調べてみたところ、ヒロオビトンボエダシャクのようです。名前の由来はトンボのような長い腹部にあるのでしょう。よく似た種類にトンボエダシャクがありますが、区別はちょっと難しそうです。専門のクモでさえ時として同定を誤ることがありますから、専門外の者にとっては種数の多い蛾などはなおさら難しいですね。

 このヒロオビトンボエダシャクは、昼間も活発に行動する昼行性の蛾のようです。でも、胴体はトンボ、翅は蝶みたいに見えますよね。手にとってみると蝶のように鱗粉が少ないのですが、飛んでいる様子も明らかに蝶ではなくて蛾です。

 ここ数日、札幌に出かけたり山に調査に行ったりとバタバタしていたのですが、その間にオオバボダイジュの花も終わりに近づいてきました。そしてあっという間に訪花昆虫も減り、ヒロオビトンボエダシャクも姿を消してしまいました。虫たちは次ぎの蜜源を求めて移動してしまったようです。


あなたにおススメの記事

タグ :訪花昆虫

同じカテゴリー(昆虫)の記事画像
新葉を噛み切る小蛾類の不思議(3)
新葉を噛み切る小蛾類の不思議(2)
新葉を噛み切る小蛾類の不思議(1)
スズメバチ駆除
狩り蜂に麻酔されたクモの行方
ナミスジフユナミシャクの大発生
同じカテゴリー(昆虫)の記事
 新葉を噛み切る小蛾類の不思議(3) (2019-06-10 14:36)
 新葉を噛み切る小蛾類の不思議(2) (2019-05-31 21:23)
 新葉を噛み切る小蛾類の不思議(1) (2019-05-29 21:30)
 スズメバチ駆除 (2018-07-31 15:01)
 蚊より厄介なブユとヌカカ (2018-07-01 14:53)
 狩り蜂に麻酔されたクモの行方 (2015-09-08 17:29)

Posted by 松田まゆみ at 11:06│Comments(0)昆虫
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
蜜を吸うヒロオビトンボエダシャク
    コメント(0)