さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 菌類 › 巨大なウスタケ

2008年08月03日

巨大なウスタケ




 先日、大雪山国立公園の皆伐地に調査に行ったときのことです。

 作業道の脇の林床に、巨大なキノコの一群を見つけました。とても大きなキノコでしたので近づいてみると、傘がそっくり返って漏斗型をしています。そして中央が深くくぼんだ傘には水がたまっているのです。

 キノコの傘といえば、たいていは雨傘のような形、あるいは平たい形ですね。傘がオチョコになっているキノコも時々ありますが、このキノコはその典型ともいえるでしょう。家に帰ってから調べると、どうやらウスタケのようです。

 漏斗状の傘を天に向けて雨乞いしているかのようなウスタケ、ちょっと面白かったので記念に撮影しました。


あなたにおススメの記事



Posted by 松田まゆみ at 11:45│Comments(2)菌類
この記事へのコメント
キノコのこともよく知らない爺ィですが、
これはこれは、珍しいキノコですねえ。
美味しそうにみえますが、食用になるのですか?
これだけあれば、充分に食卓を賑わせますのにね。ダメですか?
Posted by jijii at 2008年08月03日 12:44
jijii 様

図鑑によると食べられるそうです。
ちなみに、漢字で書くと臼茸とのこと。形を臼に見立てたんでしょうね。
トドマツなどのモミ類の森林に生えるとのことですから、本州や九州ではちょっと山奥に行かないと見られないかもしれませんね。
Posted by 松田まゆみ at 2008年08月03日 17:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
巨大なウスタケ
    コメント(2)