さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 共同出版・自費出版 › 本もついにここまで…

2008年09月16日

本もついにここまで…

 小田光雄さんの「出版状況クロニクル」が更新されましたが、例の文芸社の血液型本についての感想が書かれています。

出版状況クロニクル4(2008年7月28日~8月25日)

 一部をちょっと引用させていただくと

「…まさにブログ本のような造りで、内容は本にふさわしくなく、上製のパンフレットの感がある。著者名はJamais Jamaisと表記されているが、正体は不明だ。郊外化とは均一的なジャンク化を伴って進行するというのが私見だが、本もついにここまできてしまったのかと思う。すでにリテラシーが解体されてしまったことをこれらのベストセラー化は告げているのだろう。…」

 私も書店で平積みになっているこの本を手にとってめくったことがありますが、ほぼ同感ですね。版元が違う出版社であっても、とうてい買う気にはなれない本でした。なぜこのようなタイプの本がベストセラーになるのかと思うと、不思議で仕方ありません。

 もっとも版元にとっては、本の内容にはこだわりはないのではないのでしょうか。要するに売れればいいのです。会社の宣伝になりますからね。素人の書いた本でもベストセラーになることがあると。

 でも、「本もついにここまできてしまったのか」と実感させられるレベルの本が、ベストセラーとして新聞やテレビで盛んに宣伝されているのを見ると、なんだか出版社のレベルというか、この国のリテラシーのなさを宣伝しているようで、見ている側が恥ずかしくなってきます。

 大手商業出版社であれば、まず出版しない本では…。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(共同出版・自費出版)の記事画像
「あなたの本」って誰のもの?
同じカテゴリー(共同出版・自費出版)の記事
 コンテスト商法と電子出版勧誘にご用心 (2017-08-29 17:13)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記③ (2015-04-20 11:50)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記②(追記あり) (2015-04-12 06:53)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記① (2015-04-11 12:00)
 自費出版トラブル問題で暴かれた欺瞞(追記あり) (2015-03-08 21:43)
 zih*s*uppan*さんへのお返事(随時追記) (2015-01-15 22:57)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本もついにここまで…
    コメント(0)