さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 政治・社会 › 呆れた橋下知事

2008年10月03日

呆れた橋下知事

 光市の母子殺害事件で、被告の少年の弁護団に対しテレビで懲戒請求を呼びかけた橋下徹大阪府知事に、広島地裁は賠償命令を出しましたね。当然の判決だと思います。

 私はテレビをほとんど見ないので、問題となった放送も見なかったのですが、タレント弁護士の発言がどれだけ影響力を持っているのか、橋下氏は自覚すべきでしょう。

 そもそも懲戒請求などというのは安易にやるべきことではないと思うのですが、テレビで一般の視聴者に対して呼びかけてしまうなどというなどというのはあまりにも軽率です。自分が弁護団の立場で、他の弁護士がテレビでそのような発言をしたらどうなるかという視点がまったく欠落しているとしか思えません。橋下弁護士の方こそ懲戒請求をされても不思議ではないくらいです。

 呆れたのは、橋下知事が弁護団に迷惑をかけたことを謝罪し、法律の解釈、表現の自由の考え方を間違えたと認めたにも関らず、三審制なので控訴するという姿勢です。謝罪の言葉は何なのかと疑いたくなります。弁護士という立場でありながら一審では出廷もしなかったそうですが、いったい彼は何が不服で控訴するのでしょう? 首をひねってしまいます。

 それと同時に疑問に思ったのは、橋下氏の言葉につられて懲戒請求した人の多さです。新聞報道によると各地の十弁護士会に少なくとも約8千3百件の懲戒請求が出されたとのことですが、この人たちは自分自身できちんと弁護団のことを調べ、本当に弁護団の活動が不適切だと判断しての行動だったのでしょうか?

 人気のあるタレント弁護士の発言につられてしまった人が大半なのではないでしょうか? 自分自身の判断はどうなのか、自分の安易な行動がどれほどの迷惑をかけたのか、考えてみたのでしょうか?

 テレビでバナナのダイエット法が紹介されたら店頭からバナナがなくなったそうですが、こうしたニュースを聞くにつけ、いかに多くの人がテレビの情報につられてしまうかがわかります。

 マスメディアの情報に引きずられて右往左往している日本人の、なんと情けなく恥ずかしいことか。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(政治・社会)の記事画像
辺見庸氏の「1★9★3★7」インタビュードタキャンと日本共産党批判
札幌合同庁舎に設置された大仰なゲート
漁港と生態系
どこにテロリストが?
誰が望んで設置したの?
驚いた道庁の派手な広告
同じカテゴリー(政治・社会)の記事
 奨学金はどうあるべきか (2019-07-06 09:52)
 消費税減税・廃止は新自由主義と親和的 (2019-06-19 21:06)
 川崎市での殺傷事件について思うこと (2019-05-30 21:19)
 消費税議論で考えてほしいこと (2019-04-21 11:35)
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 政党は先を見通した政策を示してほしい (2019-04-05 09:49)

この記事へのコメント
高裁の意見も聞いてみよう。てな感じで控訴したんじゃないの?
Posted by 無名Y at 2008年10月04日 00:32
あと、800万は不当とか。
Posted by 無名Y at 2008年10月04日 00:50
でもあの弁護団の行動は絶対許せないよ。批判する手法に問題あっただけで、気持ち的には橋下さんに同意する。
Posted by あ at 2008年10月04日 06:35
 初めてお邪魔します。

マスコミ関係でも謝罪しながら、控訴するのか?などと言われていますが、
判決を受け止めることと控訴は別問題です。

謝罪の内容と、本来橋下さんが何を訴えたかったのかの本質は違うように
思います。

あの弁護団の考え方や活動自体、多くの人は疑問を抱いていますし、
それがあの多くの懲戒請求が物語っているようにも思えたりもします。
弁護団はそれを真摯に受けとめることなく、訴えを起こすべきだったのでしょうか。

個人的にやはり、橋下さんに、がんばってもらいたいですね。
Posted by りん at 2008年10月04日 08:13
橋下知事は思い上がっていたんではないですかね。
Posted by りんご at 2008年10月04日 09:03
日本人は元々、従順ですからね。洗脳にもかかりやすいと思います。テレビで流してることは、無意識に絶対の真実として受け入れてしまうというか。こういう民族性が一度暴走すると怖いですよね。先の大戦での「一億総火の玉」なんて、そのものです。

あ、話が逸れてしまいました(汗)
実は私は橋本さんのファンです。人間くさて優しくて、温かい感じがします。だから、私情としては味方をしたいです。ついでに悪人は嫌いです。どのくらい嫌いかと言えば、死ねばいいと思うくらい嫌いです。デスノートを拾ったら、名前を書きまくると思います(冗談ですよ!? 念のため)
だから、一個人としては橋本さん寄りなのですが、それでも、あれは公人としては絶対にやっちゃいけないことだったんです。橋本さんは人気者ですから、彼が黒と言えば、大衆も黒へ群がるでしょう。それは何かを決める時に必ず不公平を引き起こします。影響力がある人には相応の責任があるわけです。

何にしろ、被害者の旦那さんを抜きにして語れることじゃありません。今、どんなに辛いだろうと思うと、胸が痛みます。
Posted by M at 2008年10月04日 15:57
M様

そうなのです。一番恐ろしいのが、メディアに煽られて真実を見失ってしまうことです。今の日本人を見ていると、とても心配になります。メディア自体が権力に対抗できずになびいている状況ですから。

Mさんは橋下さんのファンだったのですか。橋下さん、あの発言は本当に軽率でしたよね。弁護士として言ってはいけないことを言ってしまったのです。どこまで弁護団のことを調べ、根拠をはっきりさせたうえでの発言であったかも疑問です。

私は彼が謝ったのは、そうしなければ知事としての支持を得られないと考えたためではないかと感じました。あのテレビ発言が問題になったときも、ずいぶん強気の発言をしていましたね。本当に誤りを認めて謝罪したのであれば、控訴するのはどんなものでしょうか?

過ちを犯してしまったのであれば、謝罪して反省するしか解決の道はないと思うのです。大阪府民の支持や多くの人の信頼を得たいなら、控訴するのではなく、ここでけじめをつけるべきではないかと私は思いました。
Posted by 松田まゆみ at 2008年10月04日 17:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
呆れた橋下知事
    コメント(7)