さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 野鳥 › カラスとの知恵比べ

2008年10月23日

カラスとの知恵比べ

 1ヵ月ほど前のことなのですが、生協の配達時間に留守にしたために、商品を玄関前に置いていってもらいました。商品は発泡スチロールの箱とプラスチックのコンテナに入れてありますし、配達の方も注意してくださっているのです。

 何に注意するかっていうと、カラスです。とにかくカラスは目ざとくて、食べられそうなものがあればすぐに近寄ってきますから。北海道は本当にカラスが多いんです。

 ところが… やられちゃいました! コンテナの近くには破れた食パンとバターロールの袋が…。そしてバターロールが半分だけ転がっていたんです。配達されてからほんの一時間ほどの間にです。





 コンテナの持ち手の隙間から嘴を突っ込んでパンを盗んだのです。でも、あの小さな隙間から食パン一斤分とバターロール6個を引っ張り出すとは、なんて器用なんでしょうか(感心していてはいけないのですが!)。 人間だってそんな簡単にできるもんじゃありません。

 それに、いくら大食漢のカラスだって、一度にそれだけのパンを食べられるとは思えません。一羽だけではなく何羽もいたのか、あるいはどっかに持っていって隠したのか?

 私の家の周辺にいるカラスはほとんどハシブトガラスなのですが、これがとても頭がいいんですね。ゴミを出すときも、カラスにやられないようにいつも気をつかいます。

 外にゴミを出すとき、どこかで「カァー」と鳴き声がしたときは要注意。木のてっぺんなんかでちゃんと見ているんです。鳴声で仲間に合図でもしているのでしょうか。コンテナに入れたり、網をかぶせたりいろいろ対策はするのですが、それでもちょっとした隙をついて散らかされることがあります。たかがカラスといってあなどれません。コンテナの持ち手の部分は要注意。本当に、ゴミ出しはカラスとの知恵比べなんです。

 カラスといえば、札幌では鳥ポックス症というウイルス感染症が流行っているそうです。

鳥ポックス症:札幌のカラスで流行

 ゴミ置き場などでのカラス同士の接触によって、感染が拡大するようです。札幌のゴミ置き場はカラスのたまり場になっていますからね。流行は今のところ都市部が中心のようですが、今後は広がるかもしれません。スズメの大量死を思い出してしまいました。

 人間が野鳥たちに影響を及ぼさないよう注意しなければいけないのですが、頭のいい鳥だけあって対策も大変だと思います。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(野鳥)の記事画像
砂浜で海水を飲むアオバト
畑のオオセグロカモメ
野鳥と餌付け
スズメが消える?
同じカテゴリー(野鳥)の記事
 下村兼史写真展と著書「北の鳥 南の鳥」 (2018-09-18 10:11)
 砂浜で海水を飲むアオバト (2015-09-24 14:53)
 放鳥トキのひな誕生から学ぶもの (2012-04-23 22:54)
 シマアオジの激減が語るもの (2011-10-31 17:07)
 生きていた幻の鳥ミユビゲラと森林保護 (2010-07-31 21:42)
 畑のオオセグロカモメ (2009-05-10 14:07)

Posted by 松田まゆみ at 16:53│Comments(4)野鳥
この記事へのコメント
2週間前に勤め先の学校で、体育の授業で誰もいない、窓を開けっぱなしの教室にカラスが侵入する事件!がありました。教室はフンだらけで、自己申告のあった被害は「のど飴」が無くなっていたとのこと・・・。各教室に『カラス被害にあわないように、戸締りをしっかり!』(!?)という貼紙が出現しました。
カラスがヒトを怖れなくなって、ヒトが対処する時代なんですね。
Posted by ターニャ at 2008年10月24日 23:28
ターニャ様

私も、玄関前まではそう簡単に来ないかと思っていたのですが、そんなことは関係ないみたいです。それにしても、教室に入り込むとはずいぶん大胆ですね。

たしかに、カラスはどんどん人を恐れなくなってきているのかも知れませんね。でも、人間の方もそれを許している面があるのかも知れません。

そういえば信州の志賀高原に行ったとき、宿に「サルが入っていたずらするので、窓を開けっぱなしにしないでください」という張り紙がしてありました。サルもずいぶん大胆だなあと驚きました。

賢い動物を相手にする場合は、本当に知恵比べですね。
Posted by 松田まゆみ at 2008年10月25日 17:17
8年も前になりますが、多摩動物公園へお友達親子と遊びに行き、お昼ご飯に(お友達が)フライドチキンをました。食前のお祈りをして目をあけたらチキンの数が減っていました。人の気配はなかったので、きっとカラスだね、とウワサしたのです。あまりの賢さ、気配も感じさせない行動のスマートさに、まさに脱帽でした。
Posted by ミサブレ at 2008年10月25日 22:12
ミサブレ様

ちょっと視線をそらした間に、手にもっていた食べ物をカラスにさらわれたという話まで聞いたことがあります。人が気づかないところで、じっと隙を狙っているのでしょうね。それにしても凄いカラスたちです。
Posted by 松田まゆみ at 2008年10月26日 10:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カラスとの知恵比べ
    コメント(4)