さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 森林問題 › カミネッコンへの疑問

2009年09月24日

カミネッコンへの疑問

 地球温暖化、カーボンオフセットなどの理由から、近年では植樹活動が盛んになっています。カーボンオフセット目的の植樹については「植樹とカーボンオフセット」に書きましたが、もうひとつ気になるのは、カミネッコンなどと称される紙ポットを利用した植樹があちこちで推奨されていることです。

 カミネッコンというのは、元北大教授の東三郎氏が考案した、再生ダンボールによる紙ポットのことです。このポットに土を入れて苗木を植え、地面または雪の上に置くという植樹方法です。利点は、根を傷めずに植樹できること、穴を掘る手間が不要で雪のある時期でもできること、誰でも簡単に植樹できること、などとされています。

 インターネットで「カミネッコン」と検索すると、あちこちでカミネッコンによる植樹が紹介されており、この手法を評価する記事ばかりが出てきますが、果たしてこのようなやり方に問題はないのでしょうか?

 まず、穴を掘らないで地面や雪の上にポットを置くという点。確かに簡便ですが、穴を掘らないで置くだけなのですから、苗の根際が地面より高くなってしまいます。これは苗の根張りにとって決して良いことではありません。やはり、苗というのは穴を掘って植えるべきなのです。

 カミネッコンにヤナギの挿し木をしている例がよく見られますが、ヤナギの挿し木ならポット苗をつくる必要などありません。ハンノキやシラカンバなども同様で、このような先駆樹種ならば植樹する場所を掻き起こして周囲から種子が飛来するのを待ったり、種を蒔けばいいのです。先駆樹種の紙ポット苗をつくって植えるなど、無駄なことをしているとしか思えません。

 また、短命な先駆樹種と一緒に、寿命の長い樹種のポット苗を寄せて植えるという方式をとっている場合が多いようです。いわゆる混植ですが、この方法についても「生態学的混播法への疑問」で触れたように、適切とは思えません。

 その地域に生育する樹種や種子を用い、森林を復元させるという視点に立つなら、掻き起こしをしたり、近くの森林から幼木(山採り苗)を移植するという方が理に適っているのではないでしょうか。混植法では、どんな森林をつくるのか、もともとそこにあった森林に近い森をつくるにはどうしたらいいのかという視点が欠落しているようです。こうして考えてみると、カミネッコンという植樹法に疑問を抱かざるを得ないのです。

 次回は、カミネッコンを利用したある植樹地がその後どうなっているか、実例を報告します。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(森林問題)の記事画像
大雪山国立公園の石狩川源流部で驚くべき過剰伐採
石狩川源流部違法伐採合同調査での林野庁のおかしな説明
石狩川源流部盗伐調査(その2)消えた「無印良品」
石狩川源流部盗伐調査(その1)見つけた盗伐の証拠
林野庁は違法伐採を認めたけれど
奥日光の巨木の森
同じカテゴリー(森林問題)の記事
 石狩川源流部の国有林違法伐採プレスリリースの考察 (2011-10-17 11:35)
 大雪山国立公園の石狩川源流部で驚くべき過剰伐採 (2011-08-24 15:03)
 越境伐採を隠ぺいした北海道森林管理局 (2010-11-14 19:36)
 石狩川源流部違法伐採合同調査での林野庁のおかしな説明 (2010-10-18 21:38)
 名前ばかりの「受光伐」 (2010-09-26 19:53)
 森林生態系保護地域等設定委員会の意味不明の議事録 (2010-09-25 15:53)

Posted by 松田まゆみ at 14:00│Comments(0)森林問題
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カミネッコンへの疑問
    コメント(0)