さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 政治・社会 › 経済成長とは何か?

2009年09月27日

経済成長とは何か?

 鳩山首相が温室効果ガスの排出量を2020年までに25パーセント削減することを表明し、高い評価と期待が寄せられていますが、それと同時に産業界の反発が大きくなっているようです。経済成長が妨げられると・・・。しかし、経済成長など永久に続けられるものではありません。経済成長の先にはいったい何があるのでしょうか?

 Chikirinさんのブログを覗いたら、こんな記事がありました。香港とマカオのビル街の写真、なかなかすごい光景です。

香港&マカオ

 経済成長、経済成長・・・のあげく緑が消えて冷たいコンクリートのそそり立つ街になり・・・。利潤の追求で金の亡者になった人々は金融に投資し、やがてバブルが崩壊し・・・。そういう現実を目の当たりにしながらもなお経済成長を唱える人たちは、いったい何を求めているのでしょうか? こういう街であくせく働く人たちは、ほんとうに幸せなのでしょうか?

 小学生のころ、未来の街の絵を描かされたことがあります。多くの子どもは高層ビルが立ち並ぶ灰色の街を描きました。でも、それが現実となった今、追い求めた経済成長や灰色のビル街が決して人の心を幸せにするものではないことを誰もが実感していることでしょう。今、人類に求められているのは持続可能な循環型社会であり、破壊された自然を少しでもとり戻すことです。

 それでも「経済成長」を唱えて温室効果ガスの削減に反発する人は、果てしなく利権にしがみつきたい金の亡者でしかないのでしょう。


あなたにおススメの記事

タグ :経済成長

同じカテゴリー(政治・社会)の記事画像
辺見庸氏の「1★9★3★7」インタビュードタキャンと日本共産党批判
札幌合同庁舎に設置された大仰なゲート
漁港と生態系
どこにテロリストが?
誰が望んで設置したの?
驚いた道庁の派手な広告
同じカテゴリー(政治・社会)の記事
 川崎市での殺傷事件について思うこと (2019-05-30 21:19)
 消費税議論で考えてほしいこと (2019-04-21 11:35)
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 政党は先を見通した政策を示してほしい (2019-04-05 09:49)
 財政危機に直面する日本で私たちはどんな社会を求めるのか (2019-02-23 15:42)
 辺野古の埋め立て強行に屈してはならない (2018-12-16 23:34)

この記事へのコメント
 ソウルもなかなかのものです。「経済成長」が急激だとああなるのでしょう。杉並区と姉妹都市であるソウル市ソチョ区は銀座と青山を一緒にして何倍もおしゃれにしたような大金持ちの住む区で(銀座と青山自体よく知らないのですが、たぶん)、教科書の運動をやっている代表の方の家は鳩山御殿か麻生邸かというすごさでした。日本であんなお金持ちの家に入ったことはありません。
 東京駅に着いたら「田舎だあ」とほっとしました!

 それにしてもいつでもどこでも「景気回復」が至上命令なので、がっくりです。みんなつゆほども疑う気がなく、疑っているのは私たちの仲間のごくごく少数以外いないみたいです。いつまでも成長できるはずないのに。
Posted by 渡辺容子 at 2009年09月28日 23:04
渡辺容子様

ソウルも同じですか・・・。アメリカや日本を後追いした国は、方向転換しなければいけないでしょうね。

地球の自然も資源も限られているのに、経済ばかりが成長できるはずがありません。衣食住と教育、福祉、医療が保障され、心を満たしてくれる自然の潤いがあれば、ほかに何が必要でしょうか? 欲に目がくらまなければ、経済成長などなくても、そのような社会を実現できるはずです。お金は欲を駆りたて人の心を変えてしまうのでしょうね。
Posted by 松田まゆみ at 2009年09月29日 13:55
私は、この小さな日本という国の国民は 戦後の似非民主国家的ストレス過多の政策のなかで 立派に経済を成長させきったと感じています.
それを破綻させたのは 血税eatな資本家と政治ですから、
まともな政治がなされていれば経済破綻はなかったと思っています.
少子化は展望があればプログラムできたことですし株価の暴落も
容易に予測しうることですから、無能な指導者に国民がふりまわされなければ 経済破綻は 回避しえたことでしょう。

破綻以前に 充分経済は進歩しつくしていました。
 経済とははてしなく成長する化け物のような物ではないと考えます。 利益を蓄財し、国土を保全しえたうえで 成長ではなく維持する事が 国民にとって最も安全な経済だと思えてなりません。
  
Posted by こるとれーんtone at 2009年09月29日 20:48
こるとれーんtone様

ほんとうに、無能な指導者に振り回されましたね。国民もようやくそのことに気づいたのでしょう。成長ではなく維持できればそれで十分です。富を公平に分配するような社会を構築しなければ、破綻に向かうだけなのだと思います。
Posted by 松田まゆみ at 2009年09月29日 21:35
 CO2排出量を1990年比で25%削減すると1970年代に戻るということだと、1970年代の映像を流しながらTVで言っていました(1970年代の暮らしに戻るなどあり得ないというニュアンスがありあり)。民主党(というかこの国の人たち)は日本の技術によって今の生活水準を落とさず、つまり1970年代の暮らしには戻らず、CO2排出量を1970年代並みに減らすつもりですよね。
 でも私は1970年代の暮らしに戻りたいです。そうすればなにもかもがよくなると思います。子どもたちも十分に遊べるようになるし、大人にも笑顔が戻ってくると思います。必要以上に便利でなくていい、不便な方が味があって楽しいこともある。過剰なものはいらないからゆっくりした時間と生きている実感のある、手ごたえのある人間らしい暮らしを取り戻したいです
 こんなのは私だけなのか? 絶対にあり得ないことですが、生きている限り夢想しています。
Posted by 渡辺容子 at 2009年09月29日 22:34
渡辺容子様

1970年代のことを思い出してみても、まったく不便なことはなかったですよね。私たちは消費を煽る社会に踊らされて、あまりにも多くの不要な物に取り囲まれてしまったと思います。人が生きていくために必要なものは、そんなに多くはないはず。無駄なものを買うのをやめ、シンプルな生活にもどったほうが健全な暮らしができそうですね。携帯電話などもなくてもさして不便ではありません。服も流行などに左右されずに大事に着れば、何年も着れます。

そもそも、ヨーロッパでは1ヶ月とか2ヶ月もバカンスをとっているのです。そのくらい仕事量を減らしてワーキングシェアをすれば、時間的にも精神的にもゆとりのある生活を送れるわけです。利便性ばかり追求していたら、人間は頭も体も退化してしまうのではないでしょうか。そういうことにもっと気付くべきですね。
Posted by 松田まゆみ at 2009年10月01日 09:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
経済成長とは何か?
    コメント(6)