さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 雑記帳 › 深刻な若者の読書離れ

2010年06月08日

深刻な若者の読書離れ

 小田光雄さんの執筆されている「出版状況クロニクル25」を読んでいて、大学生の読書離れに触れた記事が目に留まりました。大学生協の「第45回学生の消費生活」に関する実態調査によると、まったく本を読まない学生が何と約4割。また4割から5割の学生が、専門書もそれ以外の本や雑誌も、一カ月に一冊も買わないそうです。

 大学生の一カ月の書籍費は、30年前の1980年は自宅生が4,240円で下宿生が5,350円。それが現在は自宅生が2,000円で下宿生が2,370円とのこと。こうやって比べてみると、一昔前の学生はずいぶん本を買っていたのですね。親からの仕送りが減り、アルバイトや奨学金で何とかしのいでいる学生も多いと聞きますから、書籍への投資が減るのはわかります。それにしても、この数字はどうなんでしょう・・・。本の値段は高くなっているのに、書籍費は半減です。たぶん、彼らは携帯電話やファッションなどにはそれなりの投資をしているはずです。しかし、本には投資しないわけです。コミュニケーションの手段や価値観が変わったといえばそれまでですが、「若者が本を読まない」ということに危機感を持たざるを得ません。いったい何から知識を得ているのでしょうか? それとも知識を得ること自体をしなくなっているのでしょうか?

 私は本を読むのは好きですが、それほど多くの本を読んでいるというわけではありません。とはいうものの、学生時代には比較的本を読んだ方だと思いますし、「本を読まない」などという生活は考えられませんでした。専門書というほどではなくても、自然に関する本をよく読みました。野鳥など動植物に興味を持っていたのですが、自然にまつわる興味深い本がたくさんあったのです。休日は野に山に海岸に・・・と外をうろつきまわって野鳥などの観察にいそしみ、平日は大学の往復と読書の生活といっても過言ではありません。

 大学の図書館もよく利用しましたし、ちょっと時間ができたときのために、必ずといっていいほど本の一冊は持ち歩いていました。卒業してからもその習慣は変わらず、通勤の電車の中でもしばしば本を読んでいました。今でも、でかけるときはよく本を持ち歩きます。でも、昨今では電車で本を読んでいる若者はほとんど見かけません。携帯電話をいじっているか、眠っているか(高齢者に席も譲らず!)です。ちなみに、2年前に行った北欧では乗り物で本を読んでいる若者をよく見かけましたし、携帯電話をいじくりまわしている若者などほとんど見かけませんでした。日本とはずいぶん違います。

 今の大学生は調べたいことなどはインターネットで済ませてしまうのかも知れません。でも、本というのはインターネットの断片的な情報とは違って奥が深く、存在感があります。一人の著者の研究や考えが順序だてて書かれていますから、著者の視点や主張、論理の展開がはっきりと伝わってくるのです。本には著者のさまざまな体験や人生観、思想などが詰まっていて独自の新鮮な世界があります。さらに、本を読むことで自然に読解力がつき、文章を書く力が備わってくるのだと思います。いくらネットで瞬時にして様々な情報が得られたとしても、やはり本を読まないということにはなりません。

 きちんとした文章を書けない学生が増えていると聞きますが、これも本を読まないことや携帯メールの独特の短い文章ばかり書いていることと関係しているのでしょう。いくら試験で良い点数をとっても、大学生にもなってきちんとした文章が書けないのでは、どうにもなりません。卒論の指導をする教官はさぞかし大変なことでしょう。それに、社会人になって仕事が務まるのか、このさき日本語はどうなるのかと心配になってきます。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(雑記帳)の記事画像
スギナ撲滅作戦
今年の家庭菜園
十二社と熊野神社の思い出
クリスマスディナー
11月の大雪と冬の木々の光景
コンフォートシューズとMBTシューズ
同じカテゴリー(雑記帳)の記事
 スギナ撲滅作戦 (2020-06-18 20:06)
 広めてほしい「移動難病カフェ」 (2019-03-17 21:22)
 人の成熟について考えさせられた一年 (2018-12-30 22:52)
 ぎっくり腰と労作性頭痛 (2018-09-15 17:19)
 再び「暗闇の思想」を (2018-09-09 14:54)
 災害列島日本 (2018-09-07 17:11)

Posted by 松田まゆみ at 22:15│Comments(2)雑記帳
この記事へのコメント
先日こんな新聞記事を見ました。
英文科の教授とのことでしたが、学生がmとnどちらが先だったっけと聞いたそうです。彼らは辞書を手にしない。電子辞書で単語の意味を探すそうです。
アルファベットの順が解らないのだそうです。英文科ですよ!
因みに、我が家には英語の様々な辞書が30冊ほどあります。
嘆かわしいのか、時代の趨勢なのかは解りませんが、私たちのように、本にこだわる人たちが少なくなっていたのも事実です。
iPadの出現で、この傾向はさらに加速するでしょう。
本の内容もさることながら、書籍としての質感や存在感は心を休ませてくれますが、これも今の若者には通用しなくなってきているのかもしれません。
Posted by そりゃないよ獣医さん at 2010年06月08日 23:07
獣医様

こんにちは。コメントありがとうございます。

若い人たちが電子辞書しか使わなくなり、アルファベットの順番がわからないから紙の辞書が引けないという話は私も聞いたことがあります。確かに電子辞書は手軽ですが、紙の辞書や本にはメリットもあります。そのメリットが若い人たちにはわからなくなっているのでしょうね。

iPadがずいぶん人気のようですが、私はとても液晶画面で本を読みたいとは思いません。また、いくらiPadが広まったとしても、若い人の読書量が増えるとも思えないのですが・・・。そもそも本を読むということ自体が苦痛の若者も増えているように思います。
Posted by 松田まゆみ at 2010年06月09日 10:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
深刻な若者の読書離れ
    コメント(2)