さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 環境問題 › とかち・市民「環境交流会」の発表を聞いて

2010年11月02日

とかち・市民「環境交流会」の発表を聞いて

 昨日の記事の続きです。

 私は30日(土)の午前中の発表を聞いたのですが、その感想です。

 まず、ちょっと驚いたのが日本野鳥の会十勝(旧日本野鳥の会十勝支部)の会長による「十勝川ワシクルーズ」という発表です。この発表、ゴムボートを利用して川下りをしながらオオワシやオジロワシなどを観察するという有料ツアーの紹介なのです。ツアーの実施期間や費用、関連イベントなどまで説明して宣伝していました。ちなみに大人一名6800円なのだそうです。川下りなので川で羽を休めていたホオジロガモの群れなどは飛んで逃げてしまいます。河原にいるタンチョウなどにも影響があるのではないでしょうか。このようなツアーの紹介を「環境交流会」の発表として行うことに、呆れてしまいました。

 外来種の駆除への取り組みということで、環境省上士幌自然保護官事務所による「然別湖におけるウチダザリガニ防除活動について」という発表がありました。然別湖ではすでに湖の半分以上にウチダザリガニが生息しているとのこと。この勢いでは、全体に広がってしまうのも時間の問題ではないでしょうか。今は、ミヤベイワナの繁殖河川に侵入させないことを目的に、駆除活動をしているとのことでした。今年は、17081個体を捕獲したとのことですが、ここまで増えてしまうと人手による駆除も本当に大変なことになります。

 さて、この発表の質問の中で、ウチダザリガニと同じ特定外来生物に指定されているセイヨウオオマルハナバチのことに話が及びました。その際、環境省の自然保護官が、糠平まで入っていると語ったのです(注:会場では「糠平の北」と言っていたので、1日に環境省の事務所に電話で問い合わせたところ、夏に糠平で確認されたとのことでした)。糠平は大雪山国立公園の中ですが、これまでは大雪山国立公園の南東部ではセイヨウオオマルハナバチは確認されていませんでした。ついに入ってしまったということです。

 環境省上士幌自然保護官事務所は、これまで士幌町などでセイヨウオオマルハナバチの捕獲活動をしていました。士幌町はトマトのハウス栽培でセイヨウオオマルハナバチを利用していたという経緯があり、セイヨウが定着しているのです。しかし、私はかねてから大雪山国立公園に入ることを防ぐ取り組みが必要だと思っていました。糠平や三股にはルピナスやアラゲハンゴンソウなど、セイヨウオオマルハナバチの蜜源になる外来植物の群落があります。しかしそれらの外来種は野放し状態なのです。こういうところに女王蜂が侵入してしまえば、人手による駆除はまず困難になります。これに関しては、以前、以下のような記事を書いています。

見た目には美しいが‥‥大雪山麓に繁茂する外来種ルピナス

 聞くところによると、この記事を読んだ環境省の職員が、捕虫網をもって三股に出かけたとか・・・。しかし、環境省は、国立公園への侵入防止対策を何もしなかったといっても過言ではありません。

 ミヤベイワナの繁殖河川にウチダザリガニを侵入させないよう、必死に捕獲作戦をしている一方で、セイヨウオオマルハナバチの対応策は甘かったとしか言いようがありません。一度入ってしまったら、手遅れなんですけどね。今後、環境省は国立公園に侵入したセイヨウオオマルハナバチの問題をどうするつもりなのでしょうか。

 最後にもうひとつ、ナキウサギふぁんくらぶの発表を紹介します。ナキウサギふぁんくらぶは、私がこのブログでもしばしば取り上げている美蔓貯水池の導水管工事のことについて発表しました。これは、国営のかんがい事業なのですが、ふぁんくらぶの発表では、とりわけこの事業の必要性自体が問われることを強調していました。「水は不足していないから必要ない」という農家の声を聞いているというのです。私もこの点については、かねてから非常に疑問に思っています。酪農家などは牛の飲み水とか、農薬の希釈のための水が欲しいという話もあるようですが、それらは「かんがい用水」ではありません。とにかく、必要性や費用対効果から問いたださねばならない事業であるのに、開発局はそのような主張に耳を傾けないままナキウサギの生息地での工事を始めてしまいました。




 残念ながら、これらの発表を聞いていた方たちの多くは、一般の来場者というより関係者ではないかと感じました。背広姿がとても多かったのですが、主催者の関係者でしょうか。多くの人に聞いてもらうために、主催者はより工夫が必要でしょう。
 


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(環境問題)の記事画像
黒木さんの水質検査で確認された有害物質は何に起因するのか? その2
問題だらけの地熱発電
大雪山の冴えない紅葉
「とかち・市民『環境交流会』」の矛盾
銭函海岸の風力発電計画を考える(その9)
無意味な森の中の視線誘導樹
同じカテゴリー(環境問題)の記事
 化学物質過敏症は炭鉱のカナリア (2017-04-30 10:58)
 温暖化の脅威 (2016-01-23 22:16)
 フェロニッケルスラグ微粉末の有害性をめぐって(追記あり) (2015-12-06 11:47)
 黒木睦子さんの裁判の判決について思うこと (2015-10-15 10:44)
 黒木さんの水質検査で確認された有害物質は何に起因するのか? その2 (2015-09-02 17:10)
 言いがかりとしか思えないIWJへの削除要請 (2015-08-11 16:35)

Posted by 松田まゆみ at 14:41│Comments(4)環境問題
この記事へのコメント
根室地方で行われている、かんぱい事業は酪農家を人質にした事業といえます。
水道管の分岐毎に農家を集め、賛成の書類を自治体がまとめに来ます。7割の人が賛成すれば、水道が来るのです。賛成しても自分が乗らなくても良いのです。
自治体は、国の金で水道事業が進められるし、地域でこの事業は請け負うことになっていて、地域振興(土木振興)にもなります。
ない金を搾りだして、無限にあると思っている水を際限ない量を使う事業となります。
環境のためとしてこのような事業を平気でやってます。
変な国です。
Posted by そりゃないよ獣医さん at 2010年11月02日 22:36
獣医様

そうなんですか。そんなめちゃくちゃなやり方をしているとは、すごいですね。

美蔓の場合、たしか個別に農家の同意を得ているというような説明をしていたと思いますが、実際はどうなのでしょうね。

とにかく、本当に水が不足しているのかということから検証する必要がある事業だと思います。
Posted by 松田まゆみ at 2010年11月03日 11:28
ご無沙汰していました ,
美蔓の事はおかしな部分が見えすぎて全く理解できません.

鳥関係の会は以前は無駄な自然破壊事業に声をあげる会として
認識していました実際活動協力した経験があります
ところが地域によっては すっかり様変わりしているようです.
常々感じていました.
Posted by こるとれーんtone at 2010年11月06日 14:04
こるとれーんtone様

こんにちは。

美蔓の貯水池はまだ工事をしていますが、ほとんどできています。鹿追町の方から「水は足りている」という話を聞いたことがありますが、開健はどんなふうにして農家の同意を得たのか、知りたいところです。

日本野鳥の会十勝の事務局は、アセス会社にあります。そして、会長はそのアセス会社の職員。これでは、自然保護などできないでしょう。
Posted by 松田まゆみ at 2010年11月08日 10:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
とかち・市民「環境交流会」の発表を聞いて
    コメント(4)