さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 日本の脱原発こそ世界への責任

2011年03月26日

日本の脱原発こそ世界への責任

 渡辺容子さんのブログ「暗川」から、「柏崎苅羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」が、23日に今回の福島第一点発の事故についての見解を公表していることを知った。以下からダウンロードできる。

http://kk-heisa.com/data/2011-03-23_kkkenkai.pdf

 ここでは、東電が廃炉を恐れて海水の注入を遅らせたとの疑惑にも触れられている。こんな非常事態になっても、国民の命より自社の利益ばかりを優先する東電の姿勢は許しがたい。今回の事故について具体的でわかりやすい現状認識と解説がなされているので、是非お読みいただけたらと思う。首都圏などでも、今後の放射能の放出量を監視して、適切な行動をとることが必要のようだ。

 以下は先日も紹介したTHE JOURNALの最近の記事だ。地震と津波に弱い原発の9割が日本にあるとのこと。もちろん、地震大国の日本は非常に危険だということは分かっていたが、こうやって数値や図で出されるとさすがにゾッとする。福島第一原子力発電所の事故で世界的に脱原発の声が高まっているが、日本こそ率先して脱原発に取り組まなければ世界中から非難されるだろう。「原発ムラ」という利権構造を崩せるかは、国民の意識にかかっている。

地震と津波に弱い原発の9割が日本にある

地震と原発について補足


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本の脱原発こそ世界への責任
    コメント(0)