さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 原発推進御用学者が謝罪しはじめた意味を考えるべきだ

2011年04月17日

原発推進御用学者が謝罪しはじめた意味を考えるべきだ

 首相官邸のホームページに呆れかえることが書かれている。長崎大学名誉教授の長瀧重信氏が、今回の福島第一原発の事故をチェルノブイリの事故と比較している。

チェルノブイリ事故との比較

 チェルノブイリの事故でもこの程度の被害だったから、福島の事故などたいしたことはないと言いたいのだろう。この長瀧重信氏の説明はとんでもない誤りだ。以下の今中哲二氏の説明を読めば、チェルノブイリの事故がどれほど大変な被害をもたらしたのかよく分かるはずだ。

チェルノブイリ20年:事故の経緯、汚染、被ばく、影響

 長瀧氏のようないい加減な解説をそのまま掲げる政府もどうかしている。それほどまで「安心」「安全」を強調する意図は何なのだろう。私には犯罪行為に近いように思えてならない。

 原発を推進してきた御用学者の人たちが、謝罪をはじめた。

原発推進学者が次々懺悔「国民に深く陳謝する」

 御用学者が謝罪するということは、今回の事故が収束できない状態に陥っており、爆発の可能性も含め今後も大量の放射能が放出することを認識しているからに他ならない。これ以上「安心」「安全」発言を続けていたなら、もし爆発などに至った場合にさらに責任追及されるのは必至だ。だから、今のうちに謝罪しておいたほうが賢明だという判断ではなかろうか。御用学者がそこまで追い詰められているのが今の状況なのだ。

 しかし、上記の長瀧氏のような人物も未だにおり、政府はそのような御用学者を重用している。そして、マスコミは平然と東電や政府の発言を垂れ流しつづけている。上杉隆氏の以下の記事からも、いかに国民がマスコミの流す「安全デマ」に騙されているのかが分かる。

福島原発事故レベル7は日本の「敗戦」。我々はいまその現実を直視しなくてはならない

 今回の大地震で、誘発地震などが懸念されている。日本の原発は今すぐにでも止めるべきだ。謝罪した御用学者の皆さんには、原発は止めるべきだとマスコミで発言してもらいたい。それこそが彼らの責任だろう。

M7級の誘発地震、3年後も 東大助教が警告


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
> 私には犯罪行為に近いように思えてならない。

 松田さん、意外でしたね。そんなにおやさしい方とは思わなかった(失礼! でも、冷やかしでもなんでもありません。そうでもいわなきゃね……)。
 俺は死刑以上の罪だと思いますよ。
 もう政府にも、野党を含めた政治家にも、つまりは原発の金まみれになっている今の日本を動かしている連中に、原発を停める意志も力もないということです。
 乱暴ないいかたを許してもらえば、まがりなりにもこれを変えることができるのは革命かクーデターしかないんじゃないかということです。
 内戦前夜か臨終間際か2つに1つかも知れません。
 つまりはデッド・エンドかも。おなじことばを誰か使ってましたね。さすがに笑えないな。
 外を選挙が連呼してますよ。
 空しいねー。ブラック・ユーモアを見てるようです。
Posted by 本間康二 at 2011年04月17日 10:20
本間康二様

ちょっと穏やかに書きすぎたでしょうか。おっしゃる通り、国民に嘘を言って騙しつづけ、多くの国民を被ばくさせたなら重罪に相当するでしょうね。薬害問題を思いだします。

日本人は本当に原発を止めることはできないのでしょうかね。大事故を起こして破滅しなければ分からないということであれば、なんだか生きているのもむなしくなります。
Posted by 松田まゆみ at 2011年04月17日 10:43
 ちゃはーっ! 失礼しました。
 ちと厭世的に過ぎましたね。前回コメント、一部撤回します。削除は希望しません。その時の気持ちに嘘はないわけですから。
 うーん。
 最初に城南信金の動画を見れば良かった(笑)。
 そうですね。もう1つ残っていた。
 俺はもともと企業という奴は信用してなかったから……
 じつは昨日のブログに書いていたのでした。

 これからはメーカーに、「おたくは脱原発しないの?」と迫っていくくらい戦闘的にかまえないとダメですね。
 俺はすぐに動き出します。
 そうだ。小出先生の話をもとに、簡潔に分かりやすいチラシをつくろう。 
 理解だ議論だなんて生ぬるい。イエスかノーか。撤廃か死か。これしかない!

 こう書いていたのでした。

 まだ、間に合うかも知れない。
 地震がそれまで待ってくれればの話だが……
Posted by 本間康二 at 2011年04月17日 10:46
 すれ違いでしたね(苦笑)。
 書いてあるとおりです。m(_ _)m
Posted by 本間康二 at 2011年04月17日 10:48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
原発推進御用学者が謝罪しはじめた意味を考えるべきだ
    コメント(4)