さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 4月29日の小出裕章さんの講演報告

2011年05月03日

4月29日の小出裕章さんの講演報告


 4月29日に明治大学アカデミーホールで開催された講演会の報告記事がJANJANBlogに掲載されていた。

1200名以上が聴き入った、小出裕章氏らの講演(三上英次)

 東電も政府も今回の事故が想定外の地震や津波、すなわち自然災害に起因すると言いたいようだが、その理由はこの記事にあるように「異常に巨大な天災地変又は社会的乱災」ということにしたいのだろう。自然災害なら事故の始末は税金で賄うのだから、電力会社のリスクを減らせる。だから、電力会社は原発が危険と分かっていても推進するのだ。しかし、もろもろの事実が分かってきた今となっては、人災であったと認めるしかないだろう。

 また、以下は小出氏の昨日の「たねまきジャーナル」の話だ。どうやら水棺作戦は失敗だったようだが、東電は水位が上がらなかった理由をうやむやにしている。きちんと説明すべきだろう。4号機の燃料プールの写真が公開されたことについても語っているが、あの写真はプールのごく一部でしかないので、全体の状態を知りたいとのこと。燃料プールが破損したうえにむき出しになっている4号機も本当に心配だ。



 4号機のプールは破損し、原子炉建屋は水浸しだ。1号機から3号機も水が漏れている。1号機ではフィルターを使って建屋内の換気をするというが、おそらく原子炉建屋の地下には汚染水が溜まっているだろうし、作業は容易ではないと思われる。原子炉の状態が悪化しないことを願うばかりだ。

  


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
4月29日の小出裕章さんの講演報告
    コメント(0)