さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 環境問題 › 公害調停プロジェクトによるトークライブのお知らせ

2011年06月09日

公害調停プロジェクトによるトークライブのお知らせ

 原発事故によって火力発電への依存が高まりそうな気配だ。さらに「地球温暖化は原発推進者による陰謀」などということもささやかれている。確かに、原発は「発電時に二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー」といって地球温暖化対策を口実に推進されてきた。「原子力ムラ」の国民の騙し方はまさに「陰謀」といっても過言ではないゆえ、二酸化炭素による地球温暖化説まで陰謀だと信じてしまう人がいるのも分からないわけではない。しかし、まずは地球温暖化が嘘であるかきちんと情報収集し、安易に陰謀論に惑わされないようにして欲しい。(「原発問題を解説するアニメ「源八おじさんとタマ」と温暖化陰謀論」参照)

 人為的な温暖化が事実であれば(私はその可能性は極めて高いと考えている)、脱原発のために火力発電を増やすということには賛同できない。原発も火力発電も共に問題なのだ。節電と自然エネルギーへの転換を進めていくしかないだろう。

 ところで、3月2日に「日本環境法律家連盟が電力会社を相手に公害調停」という記事を書いたが、その準備が進められている。

 明日10日には第2回トークライブが予定されている。以下、そのトークライブの案内だ。関心のある方は参加していただきたい。

**********

第2回:6.10(金)新宿Naked Loft “climate-J stand Vol.2”  「減らせCO2!で、僕らはどうする?」

OPEN 18:00 / START 19:00

【出演】
梶原徹也(元ブルーハーツ)
すぐろ奈緒(みどりの未来共同代表/杉並区議)
松本哉(素人の乱代表)
島キクジロウ(クライメットJ・弁護士)

前売¥1,200/当日¥1,500 (飲食代別)
http://climate-j.org

 日本国民1万人、ツバル、イヌイット、ミクロネシアの人たち、そしてシロクマが電力会社に対して、CO2の排出削減、原発政策の転換を求める公害調停を申請し、この司法手続を柱としたムーブメントによって、新しい時代にふさわしい新しい社会の在り方を考えていこうというプロジェクト“クライメットJ”。

 福島原発の事故を時代のターニングポイントにするために、今、僕らにできることは何か?

 「 6.11脱原発100万人アクション」の前夜にあたるこの日、4.10高円寺に続いて5.7渋谷でも1万5000人のデモを仕掛けた「素人の乱」代表の松本哉、日本版緑の党を目指す「みどりの未来」共同代表のすぐろ奈緒、上関原発建設阻止のために行動する元ブルーハーツの梶原徹也、そして、ロック弁護士・島キクジロウが、それぞれの立場からあらゆる可能性について、会場の人たちと一緒に考えつつ、翌日の成功を祈って乾杯します!

ご予約はこちらからお願いします↓
http://www.loft-prj.co.jp/naked/schedule/naked.cgi?year=2011&month=6


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(環境問題)の記事画像
黒木さんの水質検査で確認された有害物質は何に起因するのか? その2
問題だらけの地熱発電
大雪山の冴えない紅葉
とかち・市民「環境交流会」の発表を聞いて
「とかち・市民『環境交流会』」の矛盾
銭函海岸の風力発電計画を考える(その9)
同じカテゴリー(環境問題)の記事
 猛暑と暑さ対策 (2018-08-05 14:53)
 温暖化への警告の書、ナオミ・クライン著「これがすべてを変える」 (2018-01-27 16:39)
 化学物質過敏症は炭鉱のカナリア (2017-04-30 10:58)
 温暖化の脅威 (2016-01-23 22:16)
 フェロニッケルスラグ微粉末の有害性をめぐって(追記あり) (2015-12-06 11:47)
 黒木睦子さんの裁判の判決について思うこと (2015-10-15 10:44)

Posted by 松田まゆみ at 11:17│Comments(0)環境問題
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
公害調停プロジェクトによるトークライブのお知らせ
    コメント(0)