さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 脱原発の国民投票を実現させよう!

2011年06月11日

脱原発の国民投票を実現させよう!


 マスコミではあまり報道されていないようだが、「脱原発の国民投票を目指す会」(代表は弁護士の市川守弘氏と河内謙策氏)が署名を呼び掛けている。

 脱原発のためには、国民が署名、デモ、インターネット、集会など、さまざまな形で声を上げ、行動するしかない。脱原発の国民投票を実現させるために、この署名を多くの人に呼び掛けていただきたい。以下が呼び掛け文と署名の要領だ。

********************

 私たちは、「このままでは日本は亡びる」「脱原発の国民投票を成功させるしかない」という思いから結成された、政党から独立した、小さな法律家・市民の団体です。

福島第一原子力発電所の大事故は、私たちに原発事故のすさまじさと「原発は絶対に安全だ」といわれてきたことが如何に事実と異なるものであるかを教えてくれました。私たちは、これ以上の原子力発電所の新設・増設を禁止し、既存の原子力発電所については危険なものから段階的に廃止する以外ない、再生可能エネルギーへの転換を実現すべきだ、と考えます。

私たちは、日本の原発政策の根本的転換を実現するための最も確実な道は、脱原発の国民投票を成功させ、それを背景に脱原発の法律を制定し、その法律の力で原発企 業や原発関係者の行動をコントロールする以外ないと考えます。

個別の原発の廃止を積み重ねていこうと考えておられる方もいらっしゃると思います。その努力を私たちは否定するものではありませんが、問題は全国的なレベルの問題にもなっていると思います。日本の国の主権者は私たち国民です。私たち国民が、国民投票という形で明確に脱原発の意思を表明するならば、日本が脱原発の新しい道を歩み始めることは間違いありません。イタリアでも国民投票が実施されることになりました。

しかし、日本で国民投票を実現するには、多くの国民が国民投票を望んでいるということを国会に分かってもらい、そのための法律を制定してもらわなければなりません。それゆえ、私たちは圧倒的多数の国会請願署名を皆様と一緒に集めたいと思っています。今こそ日本国民の“原発NO!”の意思を総結集しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

署名の要領
1 署名をする人:
[請願事項]と[請願の趣旨]に賛成であれば、思想・信条を問いません。個人でも団体でも可。個人の場合は未成年でも可。日本在住であれば国籍は問わない(ただし、国民投票の投票権者は、日本人に限定していることをご理解ください。)実名・正式名称のみ可(ただし個人情報は本署名行動以外利用しません)。匿名は不可。公表を了承された方の氏名・職業・在住県名のみ公表いたします。

2 署名の方法:
署名希望の方が署名用紙(「請願書」)に自分で署名(!)して、署名用紙を脱原発の国民投票をめざす会(〒112-0012 東京都文京区大塚5-6-15-401保田・河内法律事務所内)へ郵送してください。
何人かまとめて送るも可。FAXやインターネットによる送付は不可。署名用紙は、脱原発の国民投票をめざす会にFAXまたは郵便で請求していただくか(氏名住所をご連絡ください。郵便の場合は郵便切手140円を同封してください)、インターネットに開設する予定のサイトからダウンロードしてください。もちろん会に連絡しないでコピーして増し刷りすることは可。団体の方が署名する場合には、氏名のところに団体名、職業のところに「代表取締役」などの肩書きと代表者名をご記入ください(新しい署名用紙を自分で工夫して作成していただいても結構です)。

3 署名の期限:
当面、本年5月末を第1次集約、7月末を第2次集約、9月末を第3次集約とします(それ以降のことは、後日発表します。)集約後、適切な時期に衆議院議長・参議院議長に請願する予定です。

4 寄付(カンパ)について:
私たちの運動を盛り上げるための寄付(カンパ)をお願いいたします。寄付は私たちの会にお送りいただくか、近日中に開設予定の郵便振替の口座をご利用ください。

5 結果の報告など:
結果は、インターネットを通じて報告いたします。私たちへの連絡は、FAXか電話にてお願いいたします。私たちへのFAXや郵便で記載された内容はインターネット等で公表することがあります(公表が不都合な場合には、その旨を明記してください)。

6 私たちの請願事項等に賛成だが、自分たちの団体として別個に請願したいという場合には独自に署名用紙を作成して請願していただいて結構です。

*「脱原発の国民投票をめざす会」のHPは以下
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
この問題に関しては
私も国民投票するべきであると考えます。
生存の権利を侵す可能性の大きなものであると
思います。
早速DLさせていただきました。
複製して拡散いたします(^o^)

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!!
Posted by iscat at 2011年06月12日 06:20
iscat様

日本の原発は利権集団「原子力ムラ」によって、無理やり造られてきたことが明白になりました。ほんの一握りの人たちの利権のために大事故が起き、東北や関東の人たちを苦しめ、世界中を汚染しているのです。この構図はまるで戦争と同じ。原発の賛否については国民一人ひとりの声を問う必要があります。

拡散どうぞよろしくお願いします。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月12日 11:39
 これはおかしいですよ。
 非常におかしいですよ。
 なぜ「段階的」なんですか? なぜ「即全炉廃止・撤廃」じゃないんですか? 明日、おなじか、震度6強(それで全電源喪失した4月の危機!)で大事故が発生するのですよ。小出先生はそんなことで「気が狂いそうだ」といってんですよ。
 なんですか。この消極は。
 敗北ですよ。というより、あなた方は今度こそ日本を滅ぼすつもりですか。これが原発反対派のやることですか。
 まず、国民投票なんぞやらなくたって日本の原発は停まるしかないのです。なぜなら、福島原発の収束に向け、全国の作業員・研究者総動員体制で臨んでも足りるかわからないほど福島事故の長期化が見込まれていること。
 だから、俺は、国民投票の結果がどうあれ、日本人がバカかまともか踏み絵の意味で興味があったに過ぎない。
 それなのに、即停めなければ意味のない原発に対し、「段階的解消」を謳う呼びかけが動き出すことの妄動。なんなんですか? これじゃ推進派とおなじですよ。いや、反原発などというだけ悪質じゃないですか。
 こういうことだったんですね。あなたたちがこれまでやってきたことは。
 見損ないましたよ。
 「逃げろ」「逃げろ」が聞いてあきれたわけだ。本質を何も分かってない。日本をつぶすのだけは許せないぞ。
 最期に、がんで死にゆく人に送ることばとしてかんがえていた以下の文章を、妄動、策動に対する弔いの意味をもこめて送りましょう(笑)。

 命ってのはよ、受け継がれていくんだよ。
 俺が死んでも、俺はまた別の命になってこの世に生きてくるんだ。デジャブ(既視感)って知ってるだろ? それは、まえに生きていたときの記憶が思い出されるんだ。だから、生まれ変わりなんか意識のうえでは分からないけど、それでも連綿といろんな人生を、新しい時代とともに生きているわけだ。
 根拠はいくつかある。
 第一は、考えてみろ。新しいだろ? いちばん新しい時代を生きてるだろ? タイムマシンなんてないんだ。終わったものは終わり、死んだり破壊されたものは帰らない。自分がなぜ自分かかんがえたら、いま、いちばん新しい時代を生きていることが分かるだろ?
 また原発が爆発し、日本がなくなったら、生まれ変わろうにも生まれる土台がなくなるわけだ。
 アメリカ人やアフリカ人なんかで生まれてたまるものか。俺たちは何度生まれ変わっても日本人に生まれてこようや。だから、日本をつぶすわけにはいかないんだ。
 子どものためでも、子孫の繁栄でもない。俺やみんなが、永遠に生き継いでいくため、日本をなくすわけにはいかないんだ。
Posted by 本間康二 at 2011年06月18日 23:24
本間康二様

本間さん、おっしゃりたいことはよく分かりますが落ち着いてください。

私ももちろん原発は即刻止めてほしいと思っています。一日も早く、一基残らず。それがベストです。国民投票をやらなくても止まるなら、そんな手間をかけなくてもいいでしょう。それはそれでいいのです。

でも、今の政府の姿勢はどうでしょう? 原発推進の知事や市町村長だって沢山います。大企業だって、ほとんどが脱原発を唱えていない。この国を牛耳っている人たちは、こんな事態でも決して原発を否定していないのですよ。

この状況を変えていくためには、国民ひとりひとりの声が必要です。国民投票をする前に止まるならそれはそれでいいではないですか。でも、単なる反対運動だけでは止まらないかもしれません。そのときには国民の声を直接反映される国民投票が大きな力になるはずです。

私は、今は原発を止めるために、思いつくあらゆることをやっていくべきだと思っています。署名活動、反原発アクション、ネットでの情報発信、裁判、国民投票・・・。そういった行動の積み重ねこそ、原発を止める力になると思います。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月18日 23:59
 落ち着かなきゃならないのはあなただよ。
 ここでの最初からいったでしょ。「両論併記じゃないんだ」「押して押して押しまくれ」「死か生かしかない」って。すくなくとも東日本まで戦々恐々として原発反対に向いているのに、ここで「段階的」などというメッセージがでたら、ブレーキをかけることになるんだよ。
 北海道ってのは、名古屋以西とおなじで、ほんとに空気感がちがうんだね。
 読み違えてるよ。
 また、たとえ読み違えでなくとも、「いますぐ停めろ」を死にものぐるいで世論にするため戦わないでどうするんだ。
 追加で、自ブログでこうも書いた。

 (「安全な原子力の推進」などといってる)共産党の根性なしは票欲しさ乞食で、鬼蜘蛛が推す連中の腰くだけは護憲乞食なんだよ。憲法改正是か否かやると、「民度がバカだから憲法改正されちゃう」って被害妄想。それとおなじで、「いきなり撤廃だと推進派にいっちゃう」という、これまた被害妄想。
 バカたれが。九条と原発をいっしょにしてどうするんだ。たとえ戦争になったって死ぬのは2万か3万だろう。もんじゅやプルサーマルが爆発したらどうなると思ってんだ。
 まったくバカに付ける薬はないよ。明日巨大地震がくるかも分からないし、日本の原発は全部おかしくなってるといっても過言じゃないんだ。
 その証拠が浜岡だろう。敦賀だろう。地元の友だちから聞いたが、柏崎刈羽はしょっちゅう白煙あげてるってさ。水蒸気はあったかくなったら見えないんだぜ。いま、見えないといって安心するバカ。
 さっさと死ねよ、クソ蜘蛛! クソ左翼![引用ここまで]

 「死ねよ、クソ蜘蛛」は、自ブログに向けた過激表現なので……
m(_ _)m
 落合恵子さんたちが、また一つ国民投票呼びかけてるのはご存じでしょ?
 ほんとにこの国は、滅びるかどうかという瀬戸際になっても“分裂”“我こそは主義”が棄てられないバカ国民なんだね。
 ご忠告します。「段階的」の方には行かない方がいいですよ。あなた、死ぬよ。ブログとしても、まっとうな左翼としても。そんな柔弱志向で「福島の子どもの被曝」を論じるなどとはちゃんちゃら可笑しいよ。
 俺は徹底的に叩くからね。あなただからって容赦はしないよ。なんたって原発推進派は殺すか隔離しなければならない敵なんだから。
Posted by 本間康二 at 2011年06月19日 02:33
 本間さん、落ち着いてください。会って話せば穏やかな人なのにメールやコメントだと「極端」が過ぎます。私だって会ったことがなければ、これを読んでなんて攻撃的なつきあいにくい人なのだろうと思いますよ。松田さんはすっかり驚いていると思います。
 「書く」ということに非常に通じているはずの本間さんが、なぜ自分の発する言葉が槍のように相手を突き刺すということに気がつかないのでしょうか。あなたこそこうやって基本的には同じ考えなのに少しだけ違う人を切り捨てて、どんどん孤立化していくのです。それでいいんだ、のぞむところだとおっしゃるかもしれませんが、こちらからみると残念に思います。
Posted by 渡辺容子 at 2011年06月19日 10:52
本間康二様

あなたのご意見は尊重しますが、「クソ蜘蛛」はいくらご自分のブログに向けた過激表現といえど罵詈雑言の類と思いますので、謹んでいただけたらと思います。

私は国民投票を目指す市民団体がいくつあってもいいと思いますし、複数あることが分裂だとは思っていません。脱原発を求める署名活動が多数あるのと同じで、必ずしもひとつにまとまる必要はないと思っています。

国民投票を望む方は、両方に賛同すればいいのではないでしょうか。ちなみに、「みんなで決めよう『原発』国民投票」も、段階的廃止をうたっていますよ。即刻すべて廃止が望ましいのは言うまでもありませんが、現実的に物事を見、また多くの方の意思を国民投票に反映させることを考えたなら「段階的」という文言だけを取り上げて批判するのはどうかと思います。海外でも、脱原発を決めた国は段階的に廃止していくのが現実なのですから。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月19日 11:20
渡辺容子様

コメントありがとうございます。おそらく本間さんの性格が、曖昧なものを許せないのではないでしょうか。ただ、ブログのコメント欄とて世界に公開されているのですから、もう少し一呼吸おいて冷静になってもらえたら、と思いました。「段階的に廃止」がどうしても納得できないのなら、それに加わらなければいいわけで、批判するようなことではないと私は思います。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月19日 11:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
脱原発の国民投票を実現させよう!
    コメント(8)