さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 共同出版・自費出版 › 幻冬舎ルネッサンスという不可解な出版社

2011年06月12日

幻冬舎ルネッサンスという不可解な出版社

 このところ、元文芸社社員の告発ブログ「文芸社・幻冬舎R・日本文学館等自費出版(出版費用著者負担エディション)よろず相談室 クンちゃんのエディタールーム」は毎日拝読しているのだが、今日は驚くべきコメントを発見した。なんと「クンちゃん」が間違ってアップしてしまった記事についている「ミッフィー」さんのコメントだ。以下の記事のコメント欄を読んでいただきたい。

記事タイトルを入力してください(必須)

 この方、私のブログ経由で「クンちゃん」のブログを訪問したらしい。私のブログというのだから、以下の記事を読んだのだろう。

興信所を使って私のことを調べていた文芸社

 それはともかくとして、このミッフィーさんのコメントの「幻ルネは文芸社さんにも負けず劣らずのどぐされヤクザです。とにかく内容証明を送りつけて、著者のブログ潰しに余念がありません。応じない場合は電話攻撃、さらには弁護士事務所に呼び出しての、誓約書への署名捺印などを強要します。幻ルネにも触れていただけますと非常に嬉しい。。。」が事実であるなら、幻冬舎ルネッサンスという会社はとんでもないことをやっていると言うしかない。

 著者のブログ潰しというのは、どういうことだろうか? 自分の本の宣伝をしている著者ブログなら大歓迎のはずで、潰すということにはならないだろう。とるすと、幻冬舎ルネッサンスの批判とかトラブルなどを書いたところ、ブログを削除せよと内容証明郵便を送りつけたのだろうか? それにしても、著者を弁護士事務所に呼び出して誓約書に署名捺印をさせようとしたのなら、出版社としてあるまじき行為だろう。

 そういえば、「幻冬舎ルネッサンス」とネット検索すると、得体の知れないサイトがたくさん出てくる。やたらに幻冬舎ルネッサンスを高く評価して持ちあげているのだ。

 たとえばこちらのサイト。

自費出版会社検証サイト

 このサイトの「自費出版比較ランキング」という記事では幻冬舎ルネッサンスが第1位で、文芸社が2位だというのだ。これまで私が批判してきた出版社が上位なのだから、これはもう嗤うしかない。それでいて、このサイトでは「悪質な出版社に気をつける」とか「出版詐欺の手口を知っておく」などという記事がある。「倒産した中堅の自費出版社」とは新風舎のことだろう。また、水増し請求で訴訟になった事例というのは、恐らく高村明子さんが文芸社を訴えた裁判だろう。悪質出版社を持ちあげておいて、悪質出版社や出版詐欺に気をつけろというのだから、まるでマンガだ。

 そもそも幻冬舎ルネッサンスの商法は「共同」とか「協力」を謳っていないだけで、基本的には新風舎や文芸社と変わらない(これについては「次のライバルは幻冬舎ルネッサンスか?」を参照していただきたい)。個人出版・自費出版と言っておきながら、その中身は著者が幻冬舎ルネッサンスの出版事業に一方的に資金提供するという契約だ。アマチュアの本はそう簡単には売れないのに、安易に流通させることも問題だ。こういう契約のいったいどこが「個人出版」なのだろうか? 私は以前からこういう不公正な出版形態自体が悪質だと指摘しているのだ。だから、このサイトはまったく信用できない。私には幻冬舎ルネッサンスに誘導するための「ヤラセ」サイトとしか映らない。

 そして、上記のサイトをリンクさせている以下のサイトも不自然だ。

幻冬舎ルネッサンスの評判を知りたいならば(生活に欠かせない知恵)

 こちらのサイトもヤラセにしか見えない・・・。

自費出版社比較ランキング(評判の自費出版社比較サイト)

 これらのサイトに共通しているのは、私が「悪質」と批判している出版社を持ちあげていること、そしてどこの誰が書いているのかさっぱり分からないことだ。自費出版社は全国に多数あるのに数社だけを対象にし、比較の基準も示さないというのも怪しい。

 「ミッフィー」さんのコメントが事実であるなら、幻冬舎ルネッサンスはブログで批判的なことを書いた著者に圧力をかけているということなのだろう。ということは、よほどインターネット上での評判を気にしていると思われる。そこまでして知られたくないようなトラブルがあるのだろうか・・・。

 まあ、新風舎や文芸社とほぼ同じ商法をしているのだから、トラブルが起きないほうが不思議だ。幻冬舎ルネッサンスは「幻冬舎」という出版社の知名度を利用して信頼を得ようとしているように見える。しかし「幻冬舎」がまともな出版社なら「幻冬舎ルネッサンス」のような商法には関わらないだろう。

【関連記事】
次のライバルは幻冬舎ルネッサンスか
批判ブログの削除に必死な幻冬舎ルネッサンス
自費出版社を標榜する幻冬舎ルネッサンスが商業出版をしていた


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(共同出版・自費出版)の記事画像
「あなたの本」って誰のもの?
同じカテゴリー(共同出版・自費出版)の記事
 コンテスト商法と電子出版勧誘にご用心 (2017-08-29 17:13)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記③ (2015-04-20 11:50)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記②(追記あり) (2015-04-12 06:53)
 日本文学館から自費出版した二人組のトラブル顚末記① (2015-04-11 12:00)
 自費出版トラブル問題で暴かれた欺瞞(追記あり) (2015-03-08 21:43)
 zih*s*uppan*さんへのお返事(随時追記) (2015-01-15 22:57)

この記事へのコメント
鬼蜘蛛ねえさん、こんにちは!

原発など重要問題で忙しいのに、瑣末なことで余計に忙しくしてしまって申し訳ありません。

栗田くそ工業(ここは例の大規模談合事件で当時の藤野社長はてめえの責任は一切とらず、し尿処理部門から撤退して事足れり、としちゃったので、くそが取れて、栗田工業となっています。)の問題が一段落したら、文芸社の予行演習でミッフィーさんの幻冬舎R支払い金返還問題をやってみます。

それにしても、別件、きのうアップの新宿アルタ前の2万人の写真、すごいですね!あの新宿東口広場の真ん中に植え込みなんかなかった時代のあのへんと、西口地下広場に集まった大群衆の情景をまざまざと思い出していました。では、また。クンちゃんより
Posted by クンちゃん at 2011年06月13日 15:25
クン様

コメントありがとうございます。とうとうクン様のような方が出現されたのですね~。感無量であります!

最近は文芸社も以前よりおとなしいようですし、私も書きたいことはだいたい書いたのでおとなしくしていたのですが(決して圧力をかけられておとなしくしていたわけではありません)、幻冬舎Rはちょっと目が離せないですね。もしかしたら著者への対応に関しては文芸社の上を行っているのでしょうか? ブログなどで幻冬舎Rを批判する著者がほとんど見かけないのも、何か裏がありそうな・・・。

それにしても、栗田工業の件には呆れました。JANJANには名誉棄損だと言って強気に出る文芸社も、企業から名誉棄損だとクレームをつけられたら、著者のことはそっちのけでさっさと従ってしまうとは・・・。企業から訴えられるのを相当恐れているのなら、かなり滑稽です。あれじゃあ著者が怒るのは当たり前ですね。何のために顧問弁護士を雇っているのか。

そうそう、アルタ前のあの熱気すごかったですね。私も新宿駅東口は30年くらい前のことしか知りませんが、あんなに人が集まれる場所があったっけ?と思って見ていました。

では、クンちゃんブログ楽しみにしております。もしブログに圧力をかけられたら、メールをください。アドバイスしますので。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月13日 20:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
幻冬舎ルネッサンスという不可解な出版社
    コメント(2)