さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 拡大する放射能汚染に国民はどう対処すべきか

2011年06月22日

拡大する放射能汚染に国民はどう対処すべきか


 今、原発についていちばん積極的に情報を発信しているマスコミは、現代ビジネスではないかと思う。最近の記事をいくつか紹介。

原発から60km人口29万福島市内が危ない 異常な量の放射性物質を検出

政府はこれも隠している 高濃度汚染水は地下水になった

原発担当大臣なのにその気になってる海江田万里の「軽薄」

 以下のYou Yubeの動画も、現代ビジネスの記事とかなり重なる内容だ。



 どうやら溶けた燃料は格納容器の底を突きぬけ、地中にのめりこんでいる可能性が高い。少なくとも1号機はチャイナシンドローム状態だろう。そうであれば、いつまでも循環式の冷却にこだわっていても意味はない。とてつもない高濃度の汚染水はすでに地下へ、海へと拡散している。

 今の福島原発は人類が経験したことのない過酷な事態となっており、手がつけられないような有様だ。もはや戦争と同じような非常事態なのだ。ただし、放射能が目に見えないために、非常事態だと思っていない人が多いことが戦争とは決定的に違う。この過酷な現実を国民一人ひとりが知らなければ、今後の生活設計をどうすべきか考えることもできないだろう。それは何も福島近郊の人たちに限ったことではない。

 それなのに、いつまでも本当のことをはっきり言わず、事故を過小評価し、国民を安心させようと躍起になっている東電には、もううんざりだ!

 九州の玄海原発も非常に危うい状況らしい。日本に安全なところはなさそうだ。

【放射能】玄海原発は爆発する(eirene’s memories)


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
海江田原発担当大臣がテレビで映し出されると、妙に嘘くさく見えて
なりません。コメンテーター時代の可もなく不可もなくのノリのよさが
思い出され、彼の言質が軽く見えてしまいます。おまけに点検のために
停止している原発の再稼働を宣言するに至っては、こんな人に任せて
本当に大丈夫なのか、と不安になります。
民放で伝えられたメルトダウン危機説。鋼鉄製の遮蔽板で建家を囲み
地下汚染水の流失を防ぐ工事を早急に開始せねば大量の放射能が
海に流失すると...。この速報を手にした記者は、こうも伝えています。
株主総会が終わるまでひた隠しするよう政府に進言していたとか...。
呆れ果ててものも言えません。会社存続の方が苦しんでいる国民よりも
順位が上と思っているのでしょうね。馬鹿も休み休み言え!!と怒鳴りたく
なりました。人の順位の付け方・・・末期の戦争時代とそっくりです。
NHKはこのことを真剣に報道したのでしょうか。もししていないとすれば
NHKは事あるごとに繰り返す公共の意味を「権力に従う太鼓持ち」と
言い変えなくてはなりませんね。
Posted by 北の旅烏 at 2011年06月24日 07:07
北の旅烏様

海江田氏、ほんとうに軽薄というか軽率というか・・・。救いようがありません。

一刻も早く地下ダムを造って汚染の拡大を防がなければならないと思うのですが、急いでやらなければならないという緊迫感がまったく見えてきません。汚染水の処理にしても然り。アレバに大金を支払うようですが、そんなお金があるならなぜタンカーを調達できないのでしょうか。不可解なことばかりです。

こんな戦争みたいな状況なのに、マスコミも完全に東電・政府に加担して腰がひけていますね。まともに真実を追及しようとしているのは一部の週刊誌とネットメディア、フリーのジャーナリストくらいでしょう。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月24日 10:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
拡大する放射能汚染に国民はどう対処すべきか
    コメント(2)