さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 地震による冷却剤喪失事故を無視して騙し続ける姑息な東電

2011年06月23日

地震による冷却剤喪失事故を無視して騙し続ける姑息な東電

 一昨日の原子力資料情報室による解説は、田中三彦さんによる東電シミュレーション批判だった。以下がアーカイブ。

http://www.ustream.tv/recorded/15539453

http://www.ustream.tv/recorded/15524200

 東電が5月16日に出した公式データに基づいて田中三彦さんが解析をした結果を説明したものだ。1号機のパラメータのデータを解析し、そこから何がわかるのかを説明している。

 田中さんは時間をかけて丁寧に説明されているので詳しいことはアーカイブを見ていただきたい。田中さんは、福島原発は地震そのものによる配管破断で冷却剤喪失事故を起こした可能性が高いとだいぶ前から指摘している。今回の田中さんの主張はおおむね次のようなことだ。

 田中さんの分析の要点は二つ。地震直後から圧力容器内の水位がどんどん下がっているが、どのように漏れたのかということと、格納容器の圧力が設計圧力の4気圧から7.4気圧に上昇したのはなぜか、ということ。

 田中さんは、配管が破断して格納容器内に蒸気が充満、圧力抑制プールが地震で揺れを生じ、蒸気が圧抑制室のプールに吸収されず、圧力抑制機能が働かずに格納容器内の圧力が上昇しつづけたのではないかと推測。配管破断は一気に壊れたのではなく、小さな破断が少しずつ大きくなったのだろうという。再循環系の配管が破断されたか、あるいは主蒸気管かもしれないとのこと。

 一方、東電は配管破断がなかったというストーリーをつくりたいために、急激なメルトダウンが起こって圧力容器に穴があき、格納容器に水蒸気が噴き出して圧力が7.4気圧まで上昇したということにした。配管破断がない、圧力抑制機能も落ちていない、非常用復水器が動いていない、という条件でシミュレーションをしている。しかし、東電の描いたシミュレーションは、データを解析すると辻褄が合わなくなる。東電のシミュレーションのとおりなら、メルトダウンはもっと早く起きていなければ説明がつかない。東電は事故原因を地震ではなく、津波による電源喪失にしたいということだ。

 早期にメルトダウンがあったとしなければ、地震による配管破断を無視した都合のいいシミュレーションをつくることができない。だから、わざわざ1号機ではメルトダウンがかなり早い時点で起きていたと後になって発表したのだ。そして辻褄の合わない水位計の値については、嘘ということで誤魔化している。こういう虚偽のシミュレーションをでっちあげて、IAEAに報告していたということらしい。

 この田中さんの説明は非常に重要だ。東電は何としてでも地震そのものによって原子炉が壊れたということを認めたくないのだ。事故の原因を津波による電源喪失だとすることで、津波対策をすれば原発を再稼働しても問題ないとしたいのだろう。何と姑息なのだろう。そして、政府もそれに同調して再稼働の方向に動いている。

 これほど国民を馬鹿にしたことはない。いったい、東電も政府もいつまで国民を騙しつづけるつもりなのだろうか。
    


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
東電はマス塵に対して正直に地震で壊れたかもと言っている場面もあります。
東電というのは訳の分からない企業です。
まあ、IAEAと経産省向けの大嘘報告書ですね。
「東日本大震災で被災した東京電力福島第一原子力発電所3号機で、炉心を冷やす緊急システムの配管が破損した疑いがあることが、24日に公表された東電の解析結果からわかった。東電は「想定を大幅に超える大きさの津波」が事故原因だとしてきたが、解析が正しければ、津波の到着前に重要機器が地震の揺れで壊れていた可能性がある。
高圧注水系の作動時には、それまで75気圧ほどだった原子炉圧力容器内の圧力が、6時間程度で10気圧程度まで下がった。通常なら、ここまで急速な圧力低下は考えにくいため、東電は水蒸気を送る配管のどこかに損傷があり圧力が下がったと仮定して解析。結果は圧力変化が実際の測定値とほぼ一致し、配管からの水蒸気漏れが起きた可能性が出てきたという。」
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105240733.html
Posted by 透明 at 2011年06月23日 23:21
透明様

おっしゃる通り、東電はデータ解析から配管破断したことは分かっているわけです。で、一時はその可能性もポロリと出してしまいました。しかし、結局、IAEAと経産省向けに大嘘の報告書を出してしまったわけです。圧力でもかけられたのでしょうか?

分かっていながら嘘の報告書を書いて欺いているのですから「姑息」であり「悪質」です。マスコミはどうしてこういうことをきちんと報道しないのでしょうね。世論はもう脱原発に向かっているのであり、いまさら東電の味方をする必要もないのに、ほんとうにだらしない。
Posted by 松田まゆみ at 2011年06月24日 10:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
地震による冷却剤喪失事故を無視して騙し続ける姑息な東電
    コメント(2)