さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 年1ミリシーベルトでも健康被害がでる

2011年09月30日

年1ミリシーベルトでも健康被害がでる


 木下黄太さんのブログを読んでいると、東北や関東で放射線の影響が疑われる事例がずいぶん増えているようだ。鼻血、喉の痛み、原因不明のあざ、元気だった人の突然死等々・・・。おそらくこれからどんどん被ばくの影響が顕在化していくのだろう思うと本当に気が滅入ってくる。しかし、こうしたことはチェルノブイリの事故ですでに分かっていることなのだ。日本人はこの先何十年も内部被ばくの恐ろしさと向き合わねばならない。

 ところで、内部被ばくの恐ろしさについてはマスコミではほとんど報道されない。放射能汚染された土地で生きていかねばならない日本人にとって非常に重要なことであるのに、多くの人にその恐ろしさは隠されているのだ。そんななかで、以下の矢ヶ崎克馬さんの講演会の内容を紹介しているブログが分かりやすいので、紹介したい。

内部被曝はなぜどのように恐ろしいのか(明日に向けて)

 また以下の記事では福島の汚染に関する矢ヶ崎克馬さんの指摘を紹介している。

福島・郡山市土壌汚染濃度 チェルノブイリ被害地匹敵(明日に向けて)

 ウクライナのルギヌイ地区では、年間1ミリシーベルトという基準を守っていたのに深刻な健康被害が出たということは重要だ。年間1ミリシーベルトという数値はそれほど大きい値とは感じられないのだが、矢ヶ崎氏によると「毎秒1万本の放射線があたる値です。1年では億になります。けして放射線量が低いなどとは言えたものではないです」という。

 日本政府は除染することで避難している人たちを福島に戻すことを考えているようだが、汚染の酷いところでいくら除染しても焼け石に水だろう。被ばくの恐ろしさをきちんと伝えず、汚染された地域に住民を戻そうとする姿勢は許しがたい。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
年1ミリシーベルトでも健康被害がでる
    コメント(0)