さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 群馬大早川由紀夫教授の訓告問題を考える(2)

2011年12月10日

群馬大早川由紀夫教授の訓告問題を考える(2)

(前回の記事は以下)
群馬大早川由紀夫教授の訓告問題を考える(1)

言論の自由と訓告の正当性

 早川氏が深刻な汚染について意見を言うことの真意が、真摯な警告であり、「配慮を欠いた不適切な発言」という群馬大の指摘が当たっていないことについては、前回の記事で書いた。また「不安を煽る」というのが配慮を欠く理由であるというのなら、それは単なる意見の相違であり、訓告の理由にするのはおかしな話だ。だから、「配慮を欠いた不適切な発言」と考えられるのは、過激な表現だけだろう。

 たしかに、早川氏のツイートは過激だ。「死ぬぞ」などという言葉は何度も見かけた。でも、それは大げさではなく事実だ。あれだけの汚染があったのだから、被ばくによって亡くなる人は必ず出る。こんなことを言うと不謹慎だと言われそうだが、因果関係が特定できない人もいれたら恐らくきっとすごい数になるだろう。

 また、早川氏のツイートを日頃から読んでいる人なら、表現の仕方の評価は別として、彼がどういう理由であのような過激な表現をつかうのか理解できると思う。それくらいはっきり言わないと、伝わらないという強い思いがあるのだ。私だったらあのような書き方はしないが、「殺す」という言葉ひとつとっても、被ばくで人が死ぬのは事実だし、それは放射能によって殺されるということだから間違っているわけではない。また、相手を特定しているわけでもなければ脅迫というわけでもない。強い口調で可能性を指摘しただけだ。これはほとんど個性の問題ではなかろうか。言論の自由の範疇であり、大騒ぎするようなことではないと私は思う。

 どうしてもあのような過激な発言が嫌なら彼のツイートを見なければいいわけだし、批判したいのならブログなりツイッターで批判すればいいのだ。ただし、いつも思うのだが、実名で発言している人に対して、匿名で批判攻撃をするべきではない。言論に対して言論で対抗するのはもっともだが、匿名はあまりに無責任で卑劣だ。

 私が呆れたのは、自治体が大学にクレームをつけてきたということだ。早川氏の言論に問題があるというのなら、自治体は早川氏の言論に対し具体的に理由を述べて意見表明をすればよいだろう。大学に対してクレームをつけるなど、まるで子どもの告げ口ではないか。

 早川氏によると、一関と岩手県は酷いクレーマーだという。この背景には、早川マップが一関の汚染を指摘しているからだろう。ならば、事実を認めたくない自治体による嫌がらせだと受け取られても仕方ない。そして、その子どもの告げ口のようなクレームをまともに受け止めて処分をする大学もどうかと思う。その背景には以下のようなことも関係しているのかもしれない。

国立大学法人群馬大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構との連携協力に関する協定」の締結について

 群馬大自身が日本原子力研究開発機構と密接な関係があったわけだ。大学にクレームがくるというのも納得がいく。

 やはり、この問題はどう考えても、言論の自由に関わる問題だ。群馬大が一教員の言論の自由を封殺したいという意図があると思えてならない。由々しき問題だ。

 また、早川氏は7日に大学で記者会見を行うことをツイッターで公表し、その時間帯に休暇をとった。しかし、記者会見を行った早川氏の研究室に学部長が入ってきて記者らに建物の使用を禁止すると言い渡したのだ。そして最終的には電気を使用しないという条件で会見が始まった。規則を盾にして突っ張る学部長の態度は異常としか思えない。これについては以下のブログに東京新聞の記事が掲載されているのでご覧いただきたい。

http://heiheihei.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/1210-3f7e.html

 なお、以下のYouTubeに記者会見が始まる前に学部長が研究室の使用に対してクレームをつけている映像が公開されている。

http://www.youtube.com/watch?v=55inv-XuPXQ

http://www.youtube.com/watch?v=lYbKBmKSY3M

 小出裕章さんは、京大のご自分の部屋で取材を受け、それがネット上で公開されていたが、国立大学でも大学によってこれほど対応が違うというのはどういうことだろう。はやり、権力によって言論を封殺したいということではなかろうか。記者会見の妨害は言論の封殺だ。

 早川氏が懲戒処分になれば闘うといっているのはもっともだと思う。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
群馬大早川由紀夫教授の訓告問題を考える(2)
    コメント(0)