さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 無視できない汚染瓦礫問題

2012年01月04日

無視できない汚染瓦礫問題

 放射能汚染された震災瓦礫の処理に一番に手を挙げたのが東京都だったが、汚染瓦礫を燃やすことで放射性セシウムが大気に拡散していることは間違いないようだ。以下の新井哉さんの記事をお読みいただきたい。

「汚染がれき」焼却、清掃工場から放射性物質を放出か(新井哉の危機管理・国民保護ブログ)

 環境省はバグフィルターで放射性物質を取り除けるとしていたが、それは誤りだ。パブコメでも多くの人が意見を言っていたのに、それらも無視したのだ。国民に嘘の説明をして汚染瓦礫の拡散を主導した環境省の責任は重い。

 新井氏によると、焼却によってガス化したセシウムは微粒子のため、N95などの高性能マスクすら通り抜けてしまうという。これでは周辺住民は被ばくの防ぎようがない。

「高線量」足立区で汚染がれき焼却(新井哉の危機管理・国民保護ブログ)

 さらに、東京の汚染瓦礫処理の問題では、天下り団体の財団法人東京都環境整備公社が東京都から巨額の運転資金を得るとのこと。瓦礫処理利権といえる構図が浮かび上がってきた。

東京「汚染がれき」処理、「利権」優先か(新井哉の危機管理・国民保護ブログ)

 汚染瓦礫処理は喫緊の問題であり民主的に進めなくてもいいという声もある。しかし、強引に進めれば周辺住民の被ばくや環境汚染を助長させるのみならず、利権の構図を認めることにもなる。独裁的に進めていいということには到底ならない。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
無視できない汚染瓦礫問題
    コメント(0)