さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 続々と出ている健康被害をどう考えるか

2012年01月11日

続々と出ている健康被害をどう考えるか

 昨晩はIWJ(岩上安身さんの主宰するインターネットメディア)による「ぬまゆ」さんこと沼内恵美子さんのインタビューが放映された。

 沼内恵美子さんは以前も紹介したが、南相馬市にお住まいで、ご自身の体調などについてブログで報告されている方だ。以下がそのブログ。最近のアクセス数は目を見張るものがあり、かなり注目されている。

ぬまゆのブログ

 彼女は、昨年の9月ころから倦怠感、体温の上昇、血圧の上昇、左足大腿部の痛み、目が開けられない、水泡などの症状が現れるようになったそうだ。10月には、歯がポロポロと抜けはじめ、今はあちこちの歯が抜けたり欠けたりしている。また11月には抜け毛が顕著になり、今は短く切ってウイッグを使用している。指の浅い傷から突然大量の出血をしたり、足の爪が外れるなど、自分でも驚くようなことが立てつづけに起きているそうだ。

 また、42歳の友人も髪がどんどん抜けてあまりにも薄くなってしまったためにウイッグを使用し、倦怠感が凄いとのこと。沼内さんの旦那さんは、突然鼻血が大量に出たそうだ。

 沼内さんはいくつもの病院に行ってもいろいろな病名がつけられ、医師も原因が分からないという。彼女は被ばくが原因であると特定できないために、原因についてはブログには書いていない。

 岩上さんのインタビューの途中に、木村真三さんのインタビューが挿入されていた。木村さんは沼内さんの症状について、ストレスによる自己免疫疾患の可能性が高いという見解だ。放射線の影響について否定はしないが、しかし、彼女の場合は夏までのストレスが秋になって現れたのではないか。そのストレスは原発が原因だから、原発事故の被害者であることには違いない、と言われていた。

 しかし、彼女自身は特に不安やストレスは感じていなかったと話しているし、公務員として教師をしていたときは大変なストレスがあり、それと比べたら「1対1京」だという。彼女は、因果関係が分からない以上、その記録を残しておきたいということだった。

 確かに、彼女の症状の原因が被ばくによるものだとは断定はできない。しかし、健康でストレスもほとんど感じていなかった人にこれほどまでの症状が出ている事実を、単に「ストレスによる免疫疾患」と片づけていいものだろうか? 木村真三さんの見解は、どうもしっくりとこない。

 テレビや新聞ではまったく報道されないのだが、インターネット上では原発事故以来、鼻血、下痢、喉の痛み、倦怠感、あざ、爪の異常、抜け毛などなど多数の症状が次々と報告されている。それらは低線量被ばくで現れる症状と共通している。以下のサイトを参照していただきたい。

こどもと未来をつなぐ会・町田のサイトの【低線量被ばく調査】

関東全域で健康被害広がる~500件の異変報告から(OurPlant-TV)

 それだけではなく、若者の不可解な死亡事例もある。

若年死亡(20歳以下)のまとめ(院長の独り言)

 もちろんこれらの全てが放射能の影響だとは言わないが、しかしこれほど多くの人が「今までに経験のないような症状」を訴えていることからも、原因をすべてストレスにしてしまうのは無理がある。

 私自身も、昨年は3月下旬、7月中旬、11月初旬に東京に行ったのだが、特に7月に行ったときはずっと喉が痛く、北海道に戻ってきたら治まったという経験がある。風邪もひいていない真夏に喉が痛いというのは本当に不可解な体験だった。

 「放射能との因果関係が証明できない」ということは「放射能が原因ではない」とイコールではない。チェルノブイリの事故の後も同じような症状がみられているのであり、疑いを抱くのは当然のことだ。

 木村真三さんが言うように原発事故による放射能汚染が東北や関東に住む人たちのストレスになっていることは否定しない。しかし、体調異変の原因をストレスだと思い込んでしまうのはあまりにも危険だ。本当は被ばくが原因であるのに「ストレスのせいだろう」と高をくくって被ばく対策を怠り、取り返しのつかないことになってしまったらそれこそ悔やんでも悔やみきれないだろう。

 チェルノブイリでは放射線量を測定して「ここはそれほど汚染されていないから大丈夫」だと言われて住み続けた場所で、後になって多数の健康被害が出ているのだ。低線量被ばくによる健康被害は時間がたたないと現れてこない。だからこそ、チェルノブイリに学ばなければならないのだ。あとで後悔しないためにも「ストレス」で片づけてしまっていいわけがない。目をそむけたくても現実を見なければならないと思う。

 チェルノブイリで何が起こったのか、以下の記事をよく読んでほしい。これは必読だ。

ドイツTAZ紙:デルテ・ジーデントプフ医学博士インタビュー





あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 被ばくによる健康被害を「風評」にしてしまう人たちを信じてよいのか (2019-04-19 09:57)
 早野龍五氏「見解」の嘘で濃厚になった捏造疑惑 (2019-02-11 21:31)
 宮崎・早野論文の驚くべき不正と隠蔽(訂正と追記あり) (2019-02-02 09:56)
 早野龍五氏の本音は原発推進 (2019-01-21 11:52)
 早野龍五氏は物理学者らの指摘に答える責任がある (2019-01-10 22:23)
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)

この記事へのコメント
私のブログでも「ぬまゆ」さんのことを書いたんですけど、そうしたら何年もやりとりが無かった、国連で働く知人からいきなり、

「ぬまゆのブログなどウソ。自分は南相馬に何回か調査に行ったが、南相馬にはぬまゆのような症状が出ている者など一人もいなかった。ぬまゆの病気は単なる壊血症であるとみられるので、信じないように」

と、ミクシィからメールあって、非常に驚きました。

もう何年もやりとりすらなく、この方は私などからすれば雲上人で、イギリス・インド・アメリカの有名大学の学位を何個も持ってるような人なんですけど、私のあんな過疎ブログまで調べているのか!!

と、本当にびっくり。軍事関連の仕事をしている人なので、たぶん、原発利権と遠くで関係があるのだろうなとは思いますが。。。

しかし、国連職員もぬまゆさんに注目しているんですねぇ。。。


ところで、

「原発・国民投票&都民投票」

に、私も署名・献金してきたのですが、国民投票に関して松田さんはどのようなお考えをお持ちですか??

私は、自分なりに精いっぱい、悩みに悩んで、

「やはり原発は未来永劫、金輪際再稼働させてはならない」

という、結論を持ちました。

それで、自分でもなにか原発撤廃に向けたアクションを起こせないかと、国民投票・都民投票に参加する由、ブログに書いたんですが、そこにも喧々諤々、いろんな方が忠告をしてくださるので、ときどきよくわからなくなるのです。

松田さんの、国民投票へのご意見をぜひ、うかがってみたいと思います。

(それは松田さんの判断力を信頼してしまう自分がいるからなのですが)

お忙しくないときで大丈夫でございますが、お考えをお聞かせいただけますと幸いです。
Posted by 酒井日香(下ユル子) at 2012年01月13日 06:12
酒井日香様

どうやら何としてでも現実に出ている症状を否定したい人がいるようですね。「ぬまゆ」さんは被曝が原因だなどということは一言も言っていないのに、不思議ですね。

「ぬまゆ」さんが岩上安身さんのインタビューで名前と姿をさらしたので、彼女の言っていることが真実であるということは誰もが納得したのではないでしょうか。

今は原発を推進したい方たちが「嘘だ」と触れまわったり、嫌がらせコメントをすることで何とか黙らせようとしているのでしょうけれど、あと数年したらとても隠せなくなると思います。もっとも原子力ムラの人たちはずっと被曝による健康被害を否定しつづけるか、「因果関係が不明」「ストレスのせい」とすることでしょう。国民がどちらを信じるかということでしょうね。

原発国民投票は、私は賛成の立場です。日本は民主主義といってもそれは形ばかりです。公民の命に関わる大事な決定は国民の意志を直接反映させるべきだと思います。もっとも国民投票で脱原発を勝ち取るためにはまだまだ一人ひとりが意識を高め、声を広めていく必要があると思います。
Posted by 松田まゆみ at 2012年01月13日 11:13
松田さん、お忙しい中お答えいただき、ありがとうございました。

確かに、民主主義を歌ってはいても、日本は民主主義国家ではありませんものね。産業団体が持つカネ・票が、政治家と官僚を動かしている構造ですから、民意とは程遠い

「おカネ儲けしたい人の意見」

だけが政治に反映されてしまう国だと思います。

そこを変えるための国民投票は、私も、ぜひとも実現させて欲しいと思います。しかし、松田さんも懸念されておられるように、まだまだ、市民一人一人の

「原発撤廃の重要性への理解度」

は浸透しているとは思えず、代替エネルギー問題や、廃棄物処分問題にかこつけて、原発撤廃を真正面から言い出せない方もまだまだ、多いですね。

なにより、原発のことは専門用語が多く、仕組みを理解することからして物理学に多少はタッチしなければなりませんから、ブラックボックス化してしまっています。

小学生でも理解できるよう、平易な議論を心掛けないと、投票率がはね上がるとは思えないので、私もさらに文献やニュースを読み、勉強していきたいと思います。

松田さんは泊原発を止めるための活動も、なさっているのですよね。。。

余震も続いていて、今日も関東は揺れました(震源は福島だそうです)。

日本はこれから、世界が見習うべき

「自然を愛し、清貧を尊ぶ美しい国」

になっていったらいいな!と思います。

私も微力ではありますが、原発撤廃に向けてやれることを地道にしていきたいです。

ご意見を拝聴できまして、勇気が持てました。

ありがとうございました。
Posted by 酒井日香(下ユル子) at 2012年01月13日 13:28
酒井日香様

酒井さんのコメントで国民投票のサイトを久しぶりに見たら署名数がまだまだ少ないのですね。そこで改めて記事にしました。

泊原発に関しては廃炉訴訟の原告に入れていただいています。これから全国で廃炉訴訟が起こされていくと思いますので、ご自分の居住地の電力会社を相手にした裁判では多くの人が原告や賛同人として参加してほしいと思います。

「自分は何もできない」とあきらめてしまうのではなく、できることを探していくことが大事ではないでしょうか。
Posted by 松田まゆみ at 2012年01月13日 20:48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
続々と出ている健康被害をどう考えるか
    コメント(4)