さぽろぐ

日記・一般  |その他北海道

ログインヘルプ


2021年08月25日

シケトラカミキリ

 シケトラカミキリは体形も斑紋もキスジトラカミキリに似るが、斑紋の色は白く、白黒のシックな印象のカミキリムシ。体長は8~11mmほどで、全体に毛が生えている。ブナ科の伐採木などを食べる。


2020年8月13日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 20:07Comments(0)昆虫

2021年08月22日

キスジトラカミキリ

 エゾイラクサの葉で見つけたキスジトラカミキリ。黒い体にくっきりとした黄色の斑紋があり、なかなか印象的なカミキリムシだ。ハチに擬態していると言われるが、遠目にみれば似ている気もする。体長は10~18mm。


2021年8月3日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:52Comments(0)昆虫

2021年08月21日

アカハナカミキリ

 もっとも普通にみられるハナカミキリで体長は13~20mmほど。前胸背板と上翅は赤褐色で、頭部と触角は黒。歩脚は黒と褐色。以前は庭の花でもよく見かけたが、最近はあまり見ていない。幼虫はマツ類やハンノキの枯木、伐採木を食べる。


2017年7月23日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:50Comments(0)昆虫

2021年08月19日

アカネカミキリ

 今年はアカネカミキリを2回見た。普通種だというが、上翅の渋い赤色がよく目立つなかなか美しいカミキリだ。体長は7~9mmほど。寄主植物はブドウ類のツル。この写真を撮った場所の近くにヤマブドウがあった。


2021年7月9日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 22:37Comments(0)昆虫

2021年07月29日

アオバネサルハムシ

 建物の壁に緑色に光る体長4mmほどの綺麗なハムシがいた。調べたところアオバネサルハムシと判明。写真の個体は緑色だが、青みの強いものや頭部や胸部が褐色のものもおり、脚の色も褐色のほかに黒っぽいものもいて、かなり色彩変異に富んでいるようだ。

 食草はヨモギなのでヨモギでよく見られるらしいが、当地はエゾシカによる食害でヨモギが減ってしまった(というかエゾシカが好まない植物しか残っていない!)ので、アオバネサルハムシも減ってしまったのではないかと思う。



2021年7月19日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 20:54Comments(0)昆虫

2021年07月18日

クシヒゲベニボタル

 今日はクシヒゲベニボタルを見た。一見アカハネムシに似ているが、前胸背板の形が異なる。ベニボタルは似たものが何種かいるが、前胸背板の後角が側方に張り出していることと小楯板の形からクシヒゲベニボタルと同定。♂の触角は櫛歯状だが、♀は鋸歯状。写真の個体は♀で体長は約12mm。


2021年7月18日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 20:14Comments(0)昆虫

2021年07月17日

ニセクロハナボタル?

 全身が真っ黒いがホタル科ではなくベニボタル科。他にクロハナボタル、コクロハナボタルという非常によく似た種がいて同定には交尾器を確認する必要があるようだ。「札幌の昆虫」によるとコクロハナボタルは複眼間の幅が複眼直径の1(♂)~1.4倍(♀)、ニセクロハナボタルは1.4~1.6倍、クロハナボタルは0.7~1.2倍とのこと。写真の個体は約1.6倍だったのでとりあえずニセクロハナボタルとしたが、間違っているかもしれない。


2021年7月4日 北海道十勝地方
  

Posted by 松田まゆみ at 21:13Comments(0)昆虫

2021年07月16日

オバボタル

 オバボタルはホタル科に属し、外見はヘイケボタルに似ているが、触角は鋸歯状で平たい。幼虫は発光するが、成虫は昼行性で光らない。ただし小さな発光器があり、ごく弱い赤い光を出すらしい。林縁や草地で普通に見られるホタルで、幼虫は陸生。


2021年7月2日 北海道十勝地方
  
タグ :オバボタル


Posted by 松田まゆみ at 22:17Comments(0)昆虫

2021年07月13日

スジグロボタル

 スジグロボタルはホタル科に属する体長8mmほどのホタル。上翅は赤色で、黒色の3条の隆起がある。ゲンジボタルやヘイケボタルは幼虫が水の中で生活する水生ホタルだが、スジグロボタルは半水生で幼虫は湿地で生活している。成虫は昼行性でほとんど発光しない。当地では上翅の赤色部分が目立たず全体的に黒っぽく見えるものが多い。


2021年7月6日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 20:41Comments(0)昆虫

2021年07月11日

ヤマトアミメボタル

 ヤマトアミメボタルはベニボタル科の甲虫で体長は10mm前後。前胸背板は隆条によって7室に分かれ、上翅は暗赤色で間室は格子状になっている。雄の触角は櫛状で、雌は鋸歯状。写真のものは雌。


2021年7月3日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 22:22Comments(0)昆虫