さぽろぐ

日記・一般  |その他北海道

ログインヘルプ


2022年09月15日

フトベニボタル

 オオアワダチソウの花に来ていたフトベニボタル。ベニボタルの仲間は同定が難しいが、触角第3節の長さは幅の約2.5倍、吻の長さは複眼前方で中央幅の約3倍であることと前胸背の形からフトベニボタルと同定。体長13mm。


2022年9月4日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 22:48Comments(0)昆虫

2022年09月13日

ヒレルコキノコムシ

 壁で見つけたこの小さな甲虫はしばらく種名が分からなかったのだが、ヒレルコキノコムシだと分かった。上翅は黒色の地にオレンジ色の斑紋がある。体長は4mm。


2021年5月24日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 20:12Comments(2)昆虫

2022年09月12日

チビマルカツオブシムシ

 私のところではカツオブシムシといえば大型のアカオビカツオブシムシばかりだが、これは家のテーブルの上を歩いていたチビマルカツオブシムシ。体長は2.5mm前後ととても小さい。このサイズの昆虫は、写真を撮るのもちょっと苦労する。


2022年5月15日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:34Comments(0)昆虫

2022年09月10日

ヒメスジコガネ

 緑色で光沢のある美しいコガネムシ。上翅はかなり皺状になっている。前胸背板は皺状になる個体とならない個体があるらしい。イタドリやハンノキ類などを食べる。写真の個体は体長17mm。


2021年7月1日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 19:46Comments(0)昆虫

2022年09月06日

ハッカハムシ

 ハッカなどシソ科の植物を食べるハッカハムシ。体色には多少の変異があるようだが、写真の個体は濃灰色で鈍い光沢があり、脚は青味がかっている。上翅に黒い斑点が並んでいるのが特徴。体長は8~11mmくらいで、ハムシとしては大きくどっしりとしている。


2022年9月5日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:21Comments(0)昆虫

2022年09月03日

オオメキバネハムシダマシ(ハムシダマシ)

 ハムシダマシと言う名の通り、外見はハムシに似ているがハムシではなく、ゴミムシダマシ科ハムシダマシ亜科の甲虫。頭部と胸部は黒く、上翅は茶褐色で細かい毛が密生している。体長は7mm前後。


2022年8月25日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:25Comments(0)昆虫

2022年08月30日

ハネビロハナカミキリ

 褐色と黒のツートンカラーをした洒落たカミキリムシ。寄主植物は各種広葉樹。体長は16~22mmくらいで、写真の個体は約20mm。


2022年8月4日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:59Comments(0)昆虫

2022年08月28日

ナガチャコガネ

 細長い体形をした茶褐色のコガネムシで、幼虫がさまざまな植物の根を食べることから害虫とされ、特にお茶の害虫として知られる。初夏に発生する普通種。体長は10~15mmほどで、写真の個体は11mm。


2022年8月8日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 21:08Comments(0)昆虫

2022年08月26日

ドロノキハムシとポプラハムシ

 ドロノキハムシ(Chrysomela populi)というドロノキやヤマナラシなどを食べるハムシがいる。種小名のpopuliは食草であるヤナギ科ヤマナラシ属Populusに由来するのだろう。体長は10mm前後で、頭部や前胸背、脚は黒く、上翅が赤褐色をしており、北海道から九州まで広く分布している。

 ところで、北海道にはドロノキハムシとそっくりのポプラハムシ(Chrysomela tremulae)もいる。こちらも食草はドロノキやポプラ、ヤマナラシなどであり、ドロノキハムシと同じ。種小名のtremulaeは、ヤマナラシの学名Populus tremulaに由来するのだろう。体長も8.5~10mmとドロノキハムシとあまり変わらない。

 それにしてもドロノキハムシの学名がポプラ(Populus属)に因み、ポプラハムシの学名がヤマナラシに因むというのはややこしい。

 ということで、この両者の識別がちょっと難しい。こちらのサイトによると、ポプラハムシの前胸背側縁はほぼ平行であるのに対し、ドロノキハムシは側縁が湾曲することで区別できるとしている。確かに、側縁のカーブが異なるようだ。

 そこで手元の写真の個体を前胸背の形から同定してみたのだが、果たして合っているだろうか・・・。



ドロノキハムシ 2021年7月17日 北海道十勝地方


ポプラハムシ 2021年7月13日 北海道十勝地方

*もし間違っていたら、コメント欄で教えていただけると幸いです。
  


Posted by 松田まゆみ at 20:43Comments(0)昆虫

2022年08月24日

トホシハムシ

 テントウムシのような斑紋を持つハムシ。上翅は赤褐色または黄褐色の地に黒い斑点が10個あり、前胸背にも一対の黒斑がある。体長は6~7mmほど。食草はハンノキ類。


2022年5月26日 北海道十勝地方
  


Posted by 松田まゆみ at 22:16Comments(0)昆虫