さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない

2016年03月17日

5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない

 忘れもしない。5年前の3月15日に私は東京に行く予定で飛行機を予約していた。帰りの飛行機は3月22日に予約。しかし3月11日の震災によって急きょ予定を変更し、実際に東京に行ったのは3月29日の夜だった。

 当初、米国から来日するというある方と3月21日に東京でお会いする約束をしていたのだが、予定変更を伝えてやむなくキャンセルをした。もっとも、その方も出発の少し前に米政府から出国を止められて日本に来れなくなったのだが。米政府が日本への渡航を禁止したということは、当時東京に行くことがどれほど危険なのかを知っていたからに他ならない。

 私が東京に行ったときは東京の汚染がどの程度のものなのか正直いってよく分からなかった。しかしフクイチが爆発してからは原子力資料情報室の動画を頻繁にチェックしていたので、格納容器が破損して大量の放射性物質が放出されたことは知っていた。また東京でも一時的に放射線量が上がったことも知っていたし、乳幼児には水道水を飲ませないようにとの報道があったので、健康被害が懸念される汚染があったという認識はあった。

 しかし3月15日と20~21日に放射能プルームが東京を襲い、それによってかなり土壌が汚染されたことを知ったのは帰ってきてからである。予定を変更していなかったら、私も相当の被ばくをしていただろう。

 5年前の恐るべき放射能汚染を忘れないためにも、2回にわたって関東地方を襲った放射能プルームのことを再度とりあげておきたい。

 1回目、3月15日の大量放出に関しては、広く知られている。このとき東京にいた人たちが浴びた放射線量は一日でおよそ700マイクロシーベルト(0.7ミリシーベルト)と見積もっている方がいる。これだけでも健康に影響がないといえるレベルではない。

3月15日 東京を襲った「見えない雲」 (Stop ザ もんじゅ)

 そして3月20日から21日にかけて再び放射能プルームが東京を襲った。15日のフォールアウトは希ガスが主体だったのに対し、20~21日のフォールアウトはヨウ素、セシウム、ストロンチウムなどが主体と考えられている。いずれにしても、この2回のフォールアウトによって関東地方の人たちは大量の被ばくをしてしまったのは間違いない。20~21日のフォールアウトに関してはishitaristさんが詳しく報じているが、この2日間だけで大気圏核実験が頻繁に行われていた過去50年間の降下量とほぼ同量のセシウム137が降り積もり、関東地方の人たちはそれを吸い込んでしまったことになる。

2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発(Space of ishtarist)

 5年前の3月だけで、東北から関東地方に住む人たちはかなりの被ばくをしたのであり、どう考えても「健康に影響がない」というレベルではない。現に、福島の子ども達に甲状腺がんが多発している。上記、ishtaristさんは、グーグルトレンドを使って3.11以降の健康被害について考察しているが、東京でも健康被害が広がっていることが読み取れる。

東京電力原発事故、その恐るべき健康被害の全貌 ―Googleトレンドは嘘をつかない― ②データ編
(Space of ishtarist)

 私が東京に行った3月末、テレビでは学者を名乗る者が何度も出てきて「格納容器は健全です」と繰り返していたのをよく覚えている。つまり、放射能漏れはないから安心してよいといっていたに等しい。原発が4機も爆発して建屋は吹き飛び、3号機の爆発のときにはキノコ雲も発生したし、東京の水道水に放射性ヨウ素が含まれていたのだから、そんな学者の話しなど端から信じてはいなかったが、テレビではこんなことが平気で垂れ流されていた。

 後に知ったことだが、震災で騒然としていた中、東電社員の家族は早々に避難していたと言われている。東電も政府も米国も、フクイチでメルトダウンがはじまっていたことや大量の放射性物質がまき散らされたことをもちろん知っていたのだ。5年前の今ごろ、東電も国も大量の放射能漏れを知りながら、パニックを理由に国民に何もしらせなかった。マスコミは御用学者をつかって虚偽の情報を流し、安全論を振りまいた。5年前の今ごろ、原子力ムラの人たちは国民の命などこれっぽっちも考えずに保身に走った。日本国民は5年前のあのとき、見捨てられたのだ。

 3月11日の震災を風化させてはいけないとマスコミは口をそろえる。しかし、なぜか福島の原発事故を風化させてはいけないとは言わない。原発事故のことは早く忘れさってほしいと思っているのだろうか。5年前の今ごろ、政府とマスコミ、御用学者たちが国民の命に関わる重大な情報を隠蔽して被ばくをさせ、健康被害を拡大させたことを私は決して忘れない。今でも、福島の原発事故程度では健康被害は生じないなどとねぼけたことを言っている科学者がいるが、いったい何を根拠にそんな無責任なことが言えるのだろう。

 もちろん責任者を批判したり、彼らが謝罪したところで被ばくが消えるわけではない。しかし、この重大な責任を黙認するということは、この国にはびこる無責任体質を容認することに他ならない。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)
 大津波は想定外ではなかった―「原発と大津波 警告を葬った人々」 (2015-12-11 22:43)
 東日本大震災、原発事故から4年に思う (2015-03-11 17:25)
 ホットパーティクルによる健康被害が広がっている (2014-11-24 13:54)

この記事へのコメント
こんにちは、お久しぶりです。岡山倉敷の美智子です。
原因は人災ですのに、東電から誰一人、刑事訴追されていないのが腹立たしい気持ちでいっぱいです。清水元社長は家族ぐるみで海外逃避していますね。福島県には友人や知人が多く、今の現状を見るに忍びません。海岸線に黒いビニール袋が山積みで風化が進む一方です。だいたいが東京で使われる電気を福島で作っていたのです。悔しくて仕方ありません。3.11の二か月後、南三陸町から名取まで慰問に行きました。友人の一人は車で福島に帰る途中、南相馬でガイガーカウンターの針が吹っ切れたそうです。熱し易く冷め易い日本人ですが、このままにして欲しくはないです。徹底して救済して欲しいです。
Posted by みちこ at 2016年03月18日 14:17
みちこさん、こんにちは。

そうですね。東電の勝俣元会長、武藤、武黒の両元副社長の3人に関してはようやく強制起訴になりましたが、福島原発告訴団が告発したのは32名と法人としての東京電力です。それ以外にも責任を問われる立場にある人たちはまだまだいるでしょう。事故から5年もたつというのに、こんな状況であることが腹立たしいやら情けないやら・・・。私は厳罰主義ではありませんが、これだけの大事故をおこし取り返しのつかない被害を与えたのですからその責任を明確にするとともに、被災者への補償を求めていかねばならないと思います。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年03月18日 17:58
ご無沙汰です。
御地はまだ春の気配には至らない時節なのでしょうか。

さて、5年前の震災の4日前に退職し、数日後、原発事故のあとに埼玉県春日部ハローワークに所定の手続き行ったのですが、計画停電なんていう脅迫手段が横行しているなかでもあり、「こんな手続きしたって、もう意味ないんじゃないか」と心底からそう思ったことを覚えています。ガソリンも売り切れ間近でスタンドは長蛇の列でした。

ところで、引用リポートによると『一般人の年間「許容値」に等しい。私たちが1年間に浴びてもよいとされる値を、わずか1日で、それも吸い込んだことになる』というのですが、この汚染は、「見えない、臭わない、感じない」から、生身の私たちには気配すら感じられないシロモノで、言語に絶する怖さですね。
原発事故の後片付けさえ見通しがつかず、そもそも“平常時”の廃棄物質さえ誰もきちんと始末できないのに、再稼動やら外国への輸出に積極的なABという人をはじめとする人びとはいったい何を考えているのか。ため息だけが出ます。人の考えというのはどれだけ異なっているのでしょうか。

別件、洗濯機のおそうじ、近々やってみます。年末に市販のもの2回分でやっていますが、きっとまだまだ大変な状態のことでしょう。では、また。
Posted by クンちゃん at 2016年03月28日 17:54
こちらも少しずつ地面が顔を出してきました。雪がどんどん減ってくると、風は冷たくても春だなあと実感します。

退職されたのは震災の年だったんですね。そういえば計画停電なんていうのがありましたね。私が3月末に東京に行ったときはエスカレーター、街頭やネオンサイン、電車の照明などどこもかしこも節電モードでしたが、次に行ったときはすっかり元にもどっていました。結局“原発がないと大変なことになる”という脅しだったようですね。

放射能の健康への影響に関しては年齢によっても違うようですし個人差もかなりあるようですが、大半の日本人は福島の事故によって多かれ少なかれ被ばくをしてしまいました。影響が出ないなんてことはあり得ないでしょう。政府としてもおそらく甲状腺がんは将来的に被ばくとの因果関係は認めざるを得なくなると思うのですが、それ以外の健康被害は切り捨てるのではないかと思います。汚染地に帰還させるなどというのは狂気の沙汰であり、日本は旧ソ連以下の棄民国家だと思います。

チェルノブイリは石棺で大量放出を止めることができましたが、日本は石棺すらできず汚染水は垂れ流し。1~3号機は近寄ることもできないような状況なのに、再稼働などというのはどういう神経なのかと呆れ果てます。

ブログ拝見しました。長崎に行かれるとのこと、どうぞお気をつけて楽しんできてください。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2016年03月28日 20:47
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない
    コメント(4)