さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 小出裕章さんの話がどんどん深刻化している

2011年04月12日

小出裕章さんの話がどんどん深刻化している

 昨日はまた大きな余震が発生した。余震のニュースを聞くたびに原発は大丈夫かと身がちぢむ思いだ。先日から地震の震源地情報をチェックしているが、これまで東北地方に集中していた地震の震源域が西に広がっている。これが何を意味するのか分からないが、なんとも気になる。

 小出裕章さんの話が、日を追うごとに深刻になっている。それもそのはずだ。政府はとうとうチェルノブイリ級のレベル7と認定せざるを得なくなっているようだ。あれほど安心情報ばかり流していたのに、事態は悪化するばかりだ。小出さんにここまで言わせるほど、事態は深刻なのだ。煽るつもりはないが、日本人は最悪中の最悪のシナリオも頭の中に入れておく必要がりそうだ。以下を参照してほしい。

http://www.ustream.tv/recorded/13897618



 政府やマスコミは今でも本来の冷却システムを回復させることを目指していると言っている。私は3月下旬に大量の汚染水が周辺に漏れ出していると聞いたときから、そんなことは不可能としか思えず、「本来の冷却システムの回復」という意味が理解できなかった。圧力容器に注入した水が汚染水となって大量に格納容器の外に漏れているのだ。閉鎖系になっている本来の冷却システムはすでに破たんしている。破損部分を塞がないかぎり、本来の冷却システムなど使えるはずがない。しかし、破損部分を塞ぐなどというのは不可能だろう。それなのに、どうしてそんなおかしな説明をするのかと不思議でならなかった。小出さんもそのことを指摘している。

 小出さんの予測する最悪中の最悪の事態とは、再臨界→メルトダウン→水蒸気爆発→隣接する原子炉の破壊→大量の放射性物質の放出、ということになる。その量は少なくともチェルノブイリの6倍、いやそれ以上になりそうだ。気絶するほど恐ろしい量だ。万一こうなってしまったら、日本中安全なところなどなくなる。再臨界を防ぐにはホウ素をうまく送りこむことが肝要なのだが、うまくいっていない可能性もある。

 小出さんは、「事故は必ず起きると考えねばならない」と言っていた。関係者は、すべての電源が失われたなら、今回のような危機的状況になることは分かっていたのだという。ところが、全電源が失われることなどないと強弁して原子力発電を進めてきたのだ。「原子力ムラ」の利権構造のなせる技だ。

 原発が安いなどというのもウソ。これは大島堅一さんが計算している(http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo48/siryo1-1.pdf参照)。小出さんは、電気が足りないとか足りるとかいう以前に、とにかく原子力はやめるべきだと言っていたが、まったくその通りだと思う。多少不便になっても、原子力なしでやっていかねばならない。湯水のように電気を使って、今の便利な生活を続けようとか現状維持しようというのは人間の驕りでしかない。「今すぐには原子力発電を止められない」などというのは、本当のことが分かっていない人なのだと思う。

 「原発には賛成でも反対でもない」などと言っている人は何を考えているのだろう。原子力の問題は「人類を滅ぼす危険があっても進める」のか「脱原発」のどちらかでしかあり得ないのではないか。

 とにかく、今はなんとか水蒸気爆発が起きないよう祈るばかりだ。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
レベル7、この狭い国土の一部が立ち入り禁止地区になるとは...
東電と国家組織の責任は重すぎます.
この人たちはこんなことになっても危険で高い電力を
我々に売りつけようというのですから


私的には福島原発地区 に国家組織、東電の皆さんに移転して住んで
いただきたい. そして低レベルだから安全だという食物は全て買い取っていただきたいと思っています.
できないというのなら廃炉にするのが筋ではないかと考えます.
国民を愚弄するのもいいかげんにしろ!と怒鳴りたい気分です.
Posted by こるとれーんtone at 2011年04月13日 20:26
こるとれーんtone様

あの水蒸気爆発が起こったときに、もう福島第一原発の近くはしばらく立ち入れないことになるのではないかと思いましたが、恐れていたことが現実になってしまいましたね。

私も日に日に東電や原発を推し進めてきた連中への怒りが大きくなるばかりです。逃げたくても逃げられない人が大多数なはず。これからのことを考えると、気持ちが萎えてしまいます。
Posted by 松田まゆみ at 2011年04月13日 22:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小出裕章さんの話がどんどん深刻化している
    コメント(2)