さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 原発作業員の被ばくの実態と飯館村の深刻な状況

2011年05月05日

原発作業員の被ばくの実態と飯館村の深刻な状況

 以下は2000年3月に中国新聞に掲載された、ある原発作業員の死についての連載記事だ。慢性骨髄白血病で亡くなったこの作業員の方の被ばく線量は、年間で最多の年でも9.8ミリシーベルトで、法令で定める年間被ばく限度の50ミリシーベルトを大きく下回っていたという。

被爆と人間 第三部 ある原発作業員の死
〔1〕白血病
〔2〕原子炉の下で
〔3〕手帳は語る
〔4〕2つの基準

 原発は作業員の被ばくによって支えられているのだ。こんな職場が許されるのだろうか?

 今回の福島第一原子力発電所の事故では、多くの作業員が被ばくしながら過酷な作業をしている。未だに脱原発を唱えられない人は、原発作業員や家族の身になって被ばく問題を考えていただきたい。

 原発周辺は深刻な被ばく環境にある。今後、多くの人に健康被害が及ぶのかと思うと、やりきれない気持ちでいっぱいだ。飯館村がどれほど深刻な状況にあるのか、以下の森住卓さんのブログを読んでいただきたい。

福島第一原発 飯館村から
汚染されたムラ 飯館村/11件の酪農家.苦渋の決断 廃業
飯館村から 3月15日取材初日
  


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
原発作業員の被ばくの実態と飯館村の深刻な状況
    コメント(0)