さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 原子力発電 › 原発容認派の武田邦彦氏の発言は見過ごせない

2011年05月28日

原発容認派の武田邦彦氏の発言は見過ごせない

 福島の原発事故が起こってからしばしばテレビに登場していた武田邦彦氏は、原子力を推進してきた原子力委員会、原子力安全委員会の委員を歴任してきた原発容認派だ。武田氏の地球温暖化問題などに関する発言には間違いも多々あり、以前から不信感を抱いていたので、このブログでも武田邦彦氏のことはまったく取り上げていない。

 ところが、原発事故が起こってからというもの、武田氏はテレビやブログで大活躍だ。東電批判や放射能に注意を呼び掛けるブログ記事は多くの人から共感が得られるようで、武田氏の発信をツイッターやブログなどで好意的に取り上げている人も多い。そんなことから、あたかも反原発派であると勘違いしている人が多いのではなかろうか。

 私は、これまでは武田氏の言うことは無視してきたが、最近の発言にはあまりに呆れたので取り上げておきたい。

 以下に武田氏の過去の発言がまとめられている。

武田邦彦氏の過去の発言を検証してみる(BLOGOS)

 上記の記事より、武田氏の発言のいくつかを引用しよう。ただし、できるだけ上記の記事も読んでいただきたい。

・大変に長い間、日本の原子力発電所は、簡単に言うと、極めて安全に運転されてきた。多分、他のエネルギー産業の中でも、統計的な数字を細かく述べることはできないんですが、最も安全なエネルギー産業の1つではなかったか。(平成19年12月25日)

・爆発しない原子力発電所というと「軽水炉」である。(平成19年4月)

・特に日本の原子力発電所は「水」を使って炉を冷やしているが、水は「核反応が進めば進むほど反応を止める方向に行く(負のボイド効果)」という特徴を持っているので、爆発させようとしても爆発しない。(平成19年4月)

・放射線の害を一言で言えば、「放射線で障害を受けることは、少ない。なかなか障害を受けることはできない」と言える。(平成21年5月)

・放射線と人体の関係を研究している人の多くが「放射線を少し浴びた方が発癌性が低い」と考えている。(平成21年5月)

・人間が放射線によって障害を受ける最低の放射線は200ミリシーベルト付近ですから。現在の200倍ぐらいに相当しますので、人間に直接的に影響が及ぶということはありません。(平成23年3月13日)


 武田氏が「安全」といっていた原子力発電所は数々の事故を起こし、隠ぺいも日常茶飯事だった。「爆発しない」といった福島の軽水炉は水素爆発で建屋がふっとび、一歩間違えば水蒸気爆発も起こしかねないところだった。今も危機的状態が続いていて、放射能汚染が拡大している。

 福島が爆発した直後に、200ミリシーベルトくらいにならないと放射線による障害を受けないと言っていた人が、広範囲の放射能汚染が現実のものとして認識されるようになってからは、しきりに放射能の危険性を説いている。彼の主張は間違いも多いし、支離滅裂だ。

 武田邦彦氏は、実にデタラメな発言をしてきた原発容認派なのだ。今も原発を擁護していることは、以下の5月20日の国会での発言でもはっきりと分かる。原発も安全であれば科学技術として採用すべきだと言っている。科学技術によって原発事故もなんとかできるかのような科学技術信奉発言もしている。一度に4基もの原発が大事故を起こし、事故処理に科学技術など何の役にも立っていないのは明白だ。それにも関わらず、いまだに「安全なら・・・」、「科学技術で・・・」などと寝ぼけたことを言って脱原発を唱えないのだから、神経を疑う。





 事故が起こってからというもの、一見まっとうなことを言っているようだが、根は原発容認なのだから騙しに近いし、明瞭な御用学者より性質が悪い。彼の発言に惑わされないように注意すべきだ、というのが私の意見だ。

**********

【5月29日 追記】

 この記事に関していろいろな意見があったが、誤解されている方もいるようなので、記事に貼り付けたYou Tubeでの武田氏の発言の一部を以下に書き起こして説明する。

・人間は空を飛ぶべきではないから飛行機はいけない、というような議論はとらないんです。もちろん人間は空を飛ぶべきじゃないかも知れません。初期の飛行機は次々と墜落しました。だけども、それがクリアされて安全な飛行機になれば飛べる。原子力発電もそうで、原子力自体をやるべきではないという議論、私はそういう考え方じゃありません。原子力発電所が社会に対して良い影響を与え、悪いことをしないというんであれば、墜落しない飛行機となるのだから、それは科学技術として採用すべき。しかし、そこのところをはっきりしておかないと、曖昧にしてことがらをやると、今度の原子力発電所の事故は、原子力発電所が必要であるから、エネルギー政策上必要であるから原子力発電所は安全だというような論理の逆転がですね、今度の事故を招き、多くの人を苦しめたんじゃないかと思います。

・科学技術は原発を造る技術だけじゃないんですよ。原発の技術ってものは原発が壊れたときに、それを速やかに除染してですね、何でもなかったかのように生活できるようにするというのも技術なんですね。これも原子力発電所をやる上においてはきわめて重要な技術なわけです。日本は科学技術立国でありますし、経済力も非常に強いのですから、世界に先駆けてですね、私は原発が爆発したら多少困るけど、きちっと住民を避難させて、速やかにそこを除染したら、除染したらというのは放射線物質を除染したら、一年以内に必ずそこで普通に住めるようになると、そういう国であるってことを示してもらいたい。それも原子力をやる上での技術のひとつじゃないかというふうに思います。

 赤字にした部分をよく読んでいただきたい。武田氏は、原発の安全性も確立されていないのに(絶対に事故が起きないなどということは誰も言えないだろう)、原子力をやめる議論はしないと言っているのだ。後半部分も、あくまでも原子力発電を続けることを前提とした発言だ。爆発したら多少困るけど、科学技術で除染して福島に住めるようにすべきだと言っている。原発が爆発したら「多少困る」という認識には呆れて物が言えない。

 そもそも科学技術できれいに除染できるのか? それが可能だったらチェルノブイリだって立ち入り禁止区域など必要ないだろう。除染のために水で洗ったなら、その放射性物質は環境へ出てしまう。仮に、除染した放射性物質をどこかに隔離できたとして、どうやって安全に処分するのだろう? 核廃棄物の処分も確立されていないのだ。原発の安全性も、放射性物質の処分も確立されていないのに、「原子力自体をやるべきではないという議論、私はそういう考え方じゃありません」と言って、脱原発の議論をすることすら逃げている。

 確かに武田氏は原発を推進してきたことを反省しているといって謝罪している。ところが、耳障りのいいことを言いながら、明らかに原発維持を堅持している原発容認派だ。いったい何を反省しているのだろう。これこそ騙しである。私は、国会でのこの発言を聞いて、黙っていられなくなった。

 また、武田氏は、都合の悪いブログ記事を何の説明もなく修正したり削除したりしているようだ。単純な誤字や脱字の修正ならもちろんそれでいいが、重要な事柄について加筆や修正あるいは削除をするのなら、その理由をきちんと説明するというのが科学者として責任ある態度だろう。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(原子力発電)の記事画像
巨大噴火の国に生きる日本人
家庭菜園の収穫と原発事故
同じカテゴリー(原子力発電)の記事
 破局噴火と原発 (2017-12-16 15:02)
 福島の原発事故による被ばくで健康被害は生じないと断定できるのか? (2017-11-27 23:20)
 原発は地震・津波対策をすればいいというものではない (2017-03-10 20:42)
 5年前に関東を襲った放射能プルームを忘れてはならない (2016-03-17 06:43)
 原発事故から5年経ち思うこと (2016-03-11 11:48)
 小野昌弘氏の放射能恐怖に関する連載記事についての感想 (2016-01-09 21:47)

この記事へのコメント
残念ながら貴方の論理のほうに無理が有るね。武田さんのほうが正しいようです。詳しくは、過去「たかじんのそこまで言って委員会」に出演されて話されたことを確認されてからのほうが良いようです。
Posted by ramuseskk at 2011年05月28日 17:53
前後の文脈をよくご理解下さい。
「逆説」という表現です。
Posted by noname at 2011年05月28日 19:43
人間を信用するしないはどうでもよい。
主張の中身が正しいか否かが重要。
彼は一貫している。科学の世界では昨日の真理が一日でひっくり
かえることもある。彼は2006年あたりで持論を変えた。それ以前の
自分が間違っており反省しているとも言明している。事故があっても
反省しない御用学者のほうがよっぽどたちが悪い。
Posted by honnma at 2011年05月28日 19:58
あの男には、ハシシタと同じような人間としての軽さを感じる。
Posted by pij at 2011年05月28日 19:59
そんなことはないと思いますが・・・
前は原発推進だったと言ってます。
今は自分のとこの原子炉の事件以来脱原発だと。
文を抜き出すと武田氏が言ったように聞こえますが
中川・山下俊一らを馬鹿にして出てきた言葉かと
Posted by 上代 at 2011年05月28日 20:03
なるほど。これが墓穴を掘るということか。理解力足らないかあまり時間なくてちゃんと聞いてなかったんだろうね。
Posted by パリポス at 2011年05月28日 20:36
この場合、安全であるならと言うのは、安全ではないのでと言うのと、
同じ意味ですよ。
安全であるならやるべきだが、
現状は安全ではないのでヤメましょうと言う意味ですね。
キチンと理解してから批判、非難をしましょう。
Posted by mets at 2011年05月28日 20:56
武田氏の特設スタジオなどを読む限り、悪意のある様には思えないのですが。
Posted by T at 2011年05月28日 21:09
武田邦彦は自分の稼ぎの為に反原発推進のフリをしてる様にしか見えない…
彼の言ってる事がみんな正しいのかな?
東京はもう安全だってのを信じて戻った家族が居たけど、戻ってちょっとしたら娘さんが鼻血出したって。

状況は変わらない。
今も原発からは放射能が出てる。
まだ福島には沢山の人がいる。
一刻の猶予も無いのに呑気にテレビに出て話してるのを見てたら…
かつては推進してたんだからもっと負い目を感じろよって思わない?(変わってないんだっけ?)
小出さんなんて元から反原発なのにあの活動ぷりってきたら…!!!
武田なんて福島に行く度胸もないでしょう。

ちゃんとみんな自分で考えたりする力持とうよ。
Posted by ぴわ at 2011年05月28日 22:26
武田邦彦盲信ではないですが、今回の事故後の経過において、少なくとも原子力村にさらばと言い、今の日本にどんなものでも安全な原子炉はないと書いてます。
他の方も書かれていますが、突然変わったのではなく、数年前から変わっていますよ。

人は学んで変われる・成長できるのに、過去がこうだからと今もこうだと断定するのはいかがなものでしょうか?

最後に、同じ場所でも汚染度に大きな違いがあります。
被曝を避けるには、信頼できる情報を集め、自衛するしかありません。
政府や新聞・テレビが全く信用できないから。
Posted by taro at 2011年05月28日 23:15
人間が放射線によって 「急性の障害を受ける」 最低の放射線は200ミリシーベルト付近ですから。現在の200倍ぐらいに相当しますので、 「急性で」 直接的な影響が及ぶということはありません。

武田先生が書いた「急性の障害を受ける」 と 「急性で」を
削除して引用していましたね。

ビックリしました。2か所わざわざ抜くというの意図的な改竄ですよね?

武田先生も大変だなと思いました。
Posted by チェリーパイ at 2011年05月28日 23:46
28日(土)に東京の麹町で開催された武田氏の講演に参加してきました。

質疑応答を入れて2時間程が、あっと言う間に過ぎました。
難解な事を、とても判りやすく話されました。
参加者も、ネットで様々な情報に振り回されておりますから、一概に「武田氏にエール」という気根ではないはずですが、講演終えての空気は、すがすがしいものでした。

6月にあと2回、開催されます。
被曝した!という酷い事実から強く立ち上がれるきっかけとなりそうです。
それで今は、楽しみにしています。
Posted by 一児の母 at 2011年05月29日 00:29
武田ブログやテレビでのコメント、ちゃんともう一度確認してみて
ください。多分、誤解されています。
Posted by よく読んで! at 2011年05月29日 02:19
武田邦彦氏は原発容認派ですって?
そんなことはありません。
転向していますよ。
さらば! 原子力http://takedanet.com/2011/04/post_f444.html
Posted by kohji at 2011年05月29日 04:52
武田氏の一番新しいエントリーを検証してみましょう。
「幼稚園の砂場と園庭 ・・・ あるお母さんから」というのがある。
武田氏はこのエントリーは何の基準を考えているのか明確に書いていませんが
「アルファ線を出さない値、つまり1平方センチメートルあたり40ベクレル」というのは「放射線管理区域」になってしまうかどうかという基準です。

文章の途中では「幼児ということを考えて基準の3分の1(幼児の感度補正)をすると、除染限度の2.5倍」にもなると書いているのに
最後の結論はなんと「あまり酷い数値ではなくてホッと一安心です」
これでは「騙し」ですよ。(怒)
Posted by 透明 at 2011年05月29日 04:56
ブログ主の余りの低知能ぶりに噴いた。過去に推進派だったことがあったらその後に考えを変えても昔、推進派だったから認められない、御用学者よりも悪質だ・・・呆れてしまいました。今の原発に反対している人のほとんどがある時期までは推進派だったのに。元エンジニア、技術者の人で反対している人は信用できないのか?京都大学の小出助教だって初めは素晴らしいものだと思って原子力の道に入って勉強して行った。まあ、ブログ主は過去に一度でも誤ったことをした人には一生烙印
、レッテル張り続ける人なんでしょうね。そして今まで生きてきて1度たりとも間違いを犯したことのない神なんでしょうね。
Posted by poolish at 2011年05月29日 05:25
 武田氏が御用学者だったことは確かです。その後考えを変えて反対にまわったのかもしれませんが、彼の記述には間違いが多くあります。専門家として一般人に解説するとき、最も大切なのは事実を正確に伝えることです。私も素人ですから彼が間違ったことを言っていてもすべて間違いだと気づくわけではなく、だまされる可能性もあります。たとえ一つでも間違いを堂々と述べている学者は(言っていることの大部分が仮に正しくても)全体が信頼できません。

 例えばここに間違いの一例が指摘されています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1162297186
Posted by 渡辺容子 at 2011年05月29日 09:57
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1162297186
のベストアンサーですが、曲解と思われますが書き込みできなくなっているので、申し訳ないですがここに書き込ませていただきます。
1.「武田氏の計算方法によると、原発事故がなくても、東京都での被曝量は、1年間に0.981mSv~2.768mSvということになり、一年1ミリを超えてしまう」と書いてありますが、武田氏の1年1ミリは、これらの計算をする前の空間被曝量のことですので、1ミリ÷360日÷24時間=0.12 つまり1時間0.12マイクロまでということを言っています。平時の東京の自然放射線量が0.028μSv/h~0.079μSv/hなら問題なく、逃げなくてよいのです。原子力資料情報室http://www.cnic.jp/modules/news/の現在の新宿の測定値がギリギリってところです。

2.「武田氏は「臨界=核爆発」だとしています」ですが、一気に核分裂が起きることを核爆発として説明しているだけで、うそとは言えないでしょうし、臨界=核爆発の記述などありません。

3.「武田氏は良心的なので却って厄介」については、主観なのでどうでもいいことですが、武田氏の著書を読むと、良心とか善意とか正義とかより以上に、真理の追究を大切にしているという印象を私は持っています。過去も現在も、反対派、賛成派の両方から攻撃されているようですが、切り取りでなく言説をきちんと読んでからの議論になっていないように思います。
この場を借りさせていただきありがとうございました。
Posted by さらら at 2011年05月29日 12:53
コメントしてくださった皆様へ

コメントありがとうございます。誤解されている方もいるようですので、さきほど記事本文に【追記】として説明を追加しました。

武田氏を信じるか信じないかは自由ですが、「信じるものは救われる」ではなく「信じるものは騙される」にならないよう祈ります。
Posted by 松田まゆみ at 2011年05月29日 14:20
反原発で凝り固まってしまって、筋道が通らない話をしているのは、松田氏に見えて仕方ないのですが。

松田氏は批判のための批判をしたくて単なる粗探しをしているだけにしか見えません。あるいは原発推進派と反原発派のレッテル貼り。

お題目を唱えるだけなら某宗教団体に任せたいと思います。
Posted by くま at 2011年05月29日 15:23
今日の『そこまで言って委員会』を観て関連する記事を検索し貴女様のブログを拝見させて頂きました。

武田氏を信用するしないに関わらず、「何もしなければ福井に戻れる迄30年掛かるが表土を取り除けば1年で戻れる」とテレビ画面で公言された事には、賛辞を贈りたいと思います。

「日本には石油が無いから原発。子供が被爆してしまったら何も為らない。自分はいったい何をしてきたのか。」そのような気持ちに嘘も悪意も感じず共感致しますがどうでしょう。
守るのは反原発理念ではなく、目に見える人達ですよね。
その為ならば逆の信念も越え協力し合うことって出来ませんかね。
Posted by chanパイ at 2011年05月29日 16:07
批判するのなら、具体的に指摘してください。理由も書かず抽象的な批判をする、それこそ批判のための批判です。
Posted by 松田まゆみ at 2011年05月29日 16:07
武田氏は、以下の記事で「わたくしは『安全な原子力なら推進』という考えです。つまり、これから原子力を推進していくためには、事故が起これば推進することができないというのがわたくしの考えです。」と書いています。

安全な原子力は異端? 私のスタンスhttp://takedanet.com/2011/03/post_9ba3.html

「事故が起これば推進することができない」と言っていながら、世界最悪レベルの事故が起きても原発維持姿勢を変えていません。論理的に破たんしています。
Posted by 松田まゆみ at 2011年05月29日 17:19
もう少し視野を広げたらどうですか?

原発反対じゃない人はダメって意見も解りますが、武田先生も良い事も沢山言っているし、原発推進?だったから知りえた情報も沢山公開してくれています、直ぐに原発止めれるならそれが良いと思っての事でしょう、でも反原発でも直ぐには止めれないと思っている人も多いと思います、若輩者が失礼しました。

追記
環境問題や自然に精通している方なので、究極、環境を守ろうとしたら人は原始人的存在に成らなきゃってとこにたどり着いちゃいますよ、人類滅亡が一番良いなんて事も視野に入れたら変でしょ。

武田先生の原発推進なんて小さなことですよ、これからも頑張ってくださいね。
Posted by 通りすがり at 2011年05月29日 23:33
ブログ記事を拝読させていただきました。

武田先生は、原子力発電所(原発)の安全性を、
容認していないようですね。

バラエティテレビに出てお茶の間を盛り上げる、
都合の良い大学教授ですから、
全ての話が100%事実ではないでしょう。

直接、武田先生に批判されるのが良いと思います。

批判した以上、投げっぱなしではいけません。
Posted by こむぎ at 2011年05月30日 04:11
こんばんは。

記事を拝見させていただきました。

まず、記事の引用は大事な部分を削除して、あたかもそのように言って
いたかのように批判するのはやめましょうね。
テレビや落ちてる動画での発言と比較しても違いすぎて、ひいちゃいました。

追記で引用した動画を見るほどに、全体を見れば発言の主旨が違うし、
何故赤で着色した言葉のみに固執するのか理解に苦しみます。

また、チェルノブイリの時と比べたりもしておられるようですが、社会体制や
国土の広さ、失敗に基づく知識、現在の科学技術のレベルも異なります。

そもそも「除染のために水で洗ったなら、その放射性物質は環境へ出てし
まう」とのご意見ですが、武田氏は、引用動画の続き(自由質疑)で、回収す
る為にどういった施設が必要かをのべてました。
実際、既に環境に出でしまっているから問題になっているわけで、
今更「環境に出てしまう」という考え方はどうでしょうね。
私は出ちゃってるのだから、回収すべきという方が正しいと考えます。

一部のコメントの方もそうでしたが、せめてブログや動画などよく
見てからにしないと、本人が説明してることも「見てません」で批判したの
では、失当と言わざるを得ないです。
Posted by hiyoko.head at 2011年05月30日 23:51
確かに軽そう。
「何もしなければ福島に戻れる迄30年掛かるが表土を取り除けば1年で戻れる」
と言ったのと別の番組で、『福島原発の敷地に放射能に汚染された校庭の残土を捨てればいい』と言ってみたり、このふたつは同じ事を言っているようでよく考えれば矛盾しているところがある…。
Posted by morinokuma3 at 2011年06月12日 08:30
3/11以降σ(・_・)は武田邦彦のブログの有益な記事をTwitterで、発信してました(武田氏の人柄はCSの「現代のコペルニクス」視聴して知っていました)なぜ、武田邦彦さんを指示するか、少なくとも起こって事に対して被害に遭った個人が放射性物質に対し自己防衛の対処を示していた一人だからです。
 
Posted by 斉藤一弥 at 2011年07月04日 08:39
「・人間が放射線によって障害を受ける最低の放射線は200ミリシーベルト付近ですから。現在の200倍ぐらいに相当しますので、人間に直接的に影響が及ぶということはありません。(平成23年3月13日)」の発言の取り上げ方について、チェリーパイさん(2011年05月28日 23:46)が、「武田先生が書いた「急性の障害を受ける」 と 「急性で」を削除して引用していましたね。ビックリしました。2か所わざわざ抜くというの意図的な改竄ですよね?」とありますが、もしそれが武田ブログに書かれていたのでしたら、「急性」は後で書き加えられたようです。

確かに「平成23年3月13日」付けの武田ブログを今みると「急性」と入っています。ところが、武田フォロワーがブログ上などでその日付直後に記事を引用しているものを検索して見ると、「急性」との記述はどこにも入っていません。武田ブログに後で手が加えられたのでしょう。
Posted by A.S. at 2011年08月06日 12:56
A.S.様

おっしゃる通りです。

私がこの記事を書いたのは5月28日ですが、その日にチェリーパイさんから、私が武田氏の記事を改竄したと避難するコメントがありました。しかし、記事を修正したのは武田氏の方です。チェリーパイさんはそれを調べもせず私を批判したのです。

そのために、翌29日に「追記」として説明を加え、「また、武田氏は、都合の悪いブログ記事を何の説明もなく修正したり削除したりしているようだ。」と書いたのです。

自分の発言に都合の悪い部分が出てきたら、こっそりと修正するというのはどんなものでしょうか。武田氏はテレビなどでの出演も多く、ブログ記事を引用する人も多いのです。重要な事柄について修正したのであれば、それについてコメントしておくというのが科学者としての姿勢だと私は思います。
Posted by 松田まゆみ at 2011年08月06日 21:11
コメントはすべて拝見していませんが、松田さんが武田さんについて本文でお書きになったことについて、ほぼまったく同感なので、ひとこと末尾に付け加えさせていただきます。

わたしは半可知識ですが長年気候変動や原発について追いかけてきましたが、武田さんには311前からとてもフラストレーションが溜まっていました。

ご指摘のように、あの人は誠意のあるまともな科学者ではありません。自分の売名に都合がいいように、嘘を平気で混ぜ込みます。
彼がここまでチヤホヤされたのは、マスコミが文系ばかり採用してきたために、フィルターをかけられる科学的な基礎知識と常識を持っているスタッフがいないためでしょう。
日本のマスコミの劣化ぶりを表すものだと思います。
Posted by yoko at 2013年01月04日 19:48
yokoさん、コメントありがとうございました。

私もyokoさんと同じ認識です。武田さんを支持している人たちは、彼が過去にどれほどいい加減なことを言っていたのか調べていただきたいと思います。3.11以前から彼の批判をしている人は何人もいます。

マスコミも随分武田氏を持ち上げていますが、責任大ですね。
Posted by 松田まゆみ at 2013年01月04日 22:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
原発容認派の武田邦彦氏の発言は見過ごせない
    コメント(32)