さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

ログインヘルプ


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱 › 生態系 › 減っていくクモや昆虫

2020年08月30日

減っていくクモや昆虫

 ここ10年ほど諸事情であまり散歩やクモ採集にでかけていなかったのだが、今年は散歩を再開した。しかし近年はクモが随分減っているように思えてならない。今の場所で暮らすようになってから約40年が過ぎた。そしてかつて普通に目にしたクモが、「そういえば最近見ていない」と思うことが多いのだ。

 たとえばチュウカカニグモ。この大型のカニグモは以前はしばしば目にした普通種だったのだが、なぜか今年は見ていない。最近見るのはシギカニグモばかりで、そういえばチシマカニグモやカニグモも見ていない。散歩のときは捕虫網を持たず目に付いたクモを見ているだけだから、捕虫網でスウィーピングでもやれば入るのかもしれないけれど、それにしてもここまで見ないのは不可解だ。

 キバナオニグモは以前は住宅の軒先にも網を張っていたし、林縁などでしばしば目にしたクモだが、最近は頻繁には見なくなった。いないわけではないが、以前ほど目につかないのだ。マユミオニグモもしばらく見ていない。

 カンバやトドマツの幹に棲むムレサラグモも以前は普通に見られたのに、最近はめっきり減ってしまった。一昨年(2018年)にシラカバ林でムレサラグモを探したときには1時間で4頭しか見つからなかった。どう考えても減っているとしか思えない。

 先日関東在住のクモ関係の知人が来たのだが、その方も以前きたとき採集できたクモが今回はあまり採れないとのこと。やはり私が見つけられないということだけではなく、実際に減っているのだと思う。

 そしてこの「減少」はもちろんクモに限らない。たとえば蝶のキベリタテハなどは以前はしばしば目にしたが、最近はあまり見かけない。ルリタテハもずっと見ていない。以前はたくさんいたジョウカイボンやアオジョウカイも、ずいぶん少なくなったように思う。知らないうちに確実にクモや昆虫が減っている。

 一体何が原因なのだろう?

 私の住んでいるところは山間部で、開発行為による環境破壊はそれほどない。ただし、周辺の森林は伐採が進んだことで大径木がほとんどなくなり若齢のトドマツが増えている。それからエゾシカが増えたために林床はシカが食べない植物ばかり繁茂するようになり多様性が失われた。そういった植生の変化は確かにある。

 また私の居住地には農地はないので、農薬散布は基本的にない(個人が住宅の周りに除草剤を撒くことなどはあるが)。ただし、以前に比べて人口が減り、住宅地の周辺の木も繁茂してきているので、開けた環境が減ったということは言えるだろう。最近はスズメすら珍しくなってしまった。

 地球温暖化の影響はどうだろうか? 気温は確かに上昇している。以前は冬の最低気温がマイナス25度以下になる日がしばしばあったが、最近では滅多にない。しかし、気温だけでそんなにクモや昆虫が消えてしまうものだろうか?

 結局、理由はよく分からないのだが、複数の環境の変化がクモや昆虫などに何等かの影響を与えているとしか思えない。

 つい先日、小笠原諸島固有種の蝶、オガサワラシジミの飼育下での繁殖が途絶え、絶滅の可能性が高くなったというニュースが流れた。小笠原諸島で個体数が激減し絶滅が危惧されたため、多摩動物公園と新宿御苑で飼育して増殖に取り組んでいたが、8月25日に飼育していた全ての個体が死んでしまったとのこと。小笠原諸島では2018年から生息が確認されていないとのことで、とても残念でならない。

 昆虫の1種や2種が絶滅したところで、何の影響もないという人もいるかもしれない。しかし、地球に棲む一つひとつの生物種に長い進化の歴史が宿っているし、小さな生き物が生態系の中で重要な役割を果たしていることもある。その重みを考えたなら、人間の活動に起因した種の絶滅は限りなく罪深い。

 日本でも昆虫やクモなどの小さな生物ではまだ次々と新種が発見される。しかし、新種記載もされないまま姿を消してしまった生物もいるかもしれない。身近にいた昆虫やクモの減少に何やら暗澹とした気持ちになる。そして、せめて今ある自然環境をこれ以上破壊してはならないとつくづく思う。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(生態系)の記事画像
オニグルミの不作とエゾリス
然別湖周辺の風倒被害
オニグルミを食べる動物たち
知床の七不思議
絶滅はどうやって起きるのか?
同じカテゴリー(生態系)の記事
 オニグルミの不作とエゾリス (2015-11-10 22:32)
 然別湖周辺の風倒被害 (2015-11-02 22:30)
 オニグルミを食べる動物たち (2012-10-12 15:52)
 生態系がサービスをするのか? (2009-02-02 11:35)
 高山帯はどうなるのか? (2009-01-20 14:19)
 猛禽のご馳走 (2007-08-30 14:56)

Posted by 松田まゆみ at 11:20│Comments(2)生態系
この記事へのコメント
拙宅 (東伊豆地方) の玄関から門前までのわずかな細道に、大きな蜘蛛の巣、ジョロウグモだったか、がしばしば、というより毎朝張ってあって、高箒で頭上を払いながら歩かないと、顔にひっかかって困ったものです。
ところが、ことしは全然ひっかからないのです。脳みそも溶ける暑さのせいかや、と思ってましたが、全国的に蜘蛛類が減っているのかも知れませんね。

ところで、暑い夏も去り、その存在そのものが長く、長ーく悩みの種だったお方が、秋風とともに去る、ということで、まさに天命を感じるきょうこのごろであります。
Posted by izukun at 2020年09月03日 06:29
izukunさん、ご無沙汰しております。

本州では夏の終わりから秋にかけては、ジョロウグモが成熟してあちこちに網を張る季節ですね。ジョロウグモは発生が多い年と少ない年があると思いますので、その地域のジョロウグモ全体が減ってしまったのか、それとも今年は特に少ないのかは何年か様子を見ないと分かりません。でも、今年は箒がいらないのなら、クンちゃんにとっては幸いですね。
こちらは8月は雨が降らずカラカラでしたが、ようやく雨も降り涼しくなってきました。一気に秋の気配です。伊豆はまだしばらく残暑が続くと思いますが、どうぞご自愛ください。
Posted by 松田まゆみ松田まゆみ at 2020年09月03日 15:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
減っていくクモや昆虫
    コメント(2)